onPreProcessStatusChange イベント (クライアント API 参照)

適用対象: Dynamics 365 (online) バージョン 9.x

このイベントはプロセスのインスタンスの状態が変化する に発生します。

formContext.data.process.addOnPreProcessStatusChange メソッドを使用して、このイベントのイベント ハンドラを追加し、 formContext.data.process.removeOnPreProcessStatusChange メソッドを使用してイベント ハンドラを削除します。

開発者は、onPreProcessStatusChange イベントに登録されたWebリソース スクリプト内から、Webリソース スクリプトに渡された executionContext オブジェクトで以下を起動することができます:

executionContext.getEventArgs().preventDefault();

preventDefaultを呼び出したとき:

  • 状態の変更はされません。 プロセス インスタンスは当初の状態で当初のステージに残ります。
  • メインフォームの保存はされません。 メインフォームが処理途中の状態である場合、状態の変更はされません。
  • onProcessStatusChange の登録を行ったWebリソースは呼び出されません。

このクライアントAPIは、統合クライアントでのみサポートされます。 従来WebクライアントではこのクライアントAPIはサポートされていません。

このイベントをサポートする方法

  • formContext.data.processaddOnPreProcessStatusChange メソッドはこのイヴェントにイベント ハンドラを追加します。
  • formContext.data.processremoveOnPreProcessStatusChange メソッドはこのイヴェントからイベント ハンドラを削除します。