invokeProcessAction (クライアント API 参照)

指定されたパラメーターに基づいてアクションを呼び出します。

操作の詳細については、アクションの使用を参照してください。

構文

Xrm.Utility.invokeProcessAction(name,parameters).then(successCallback, errorCallback)

パラメーター

Name 必須出席者 説明
名前 String あり 呼び出すプロセス アクションの名前。
パラメーター object No アクションの入力パラメータを含むオブジェクト。 項目の key:value ペアを使用してオブジェクトを定義します。ここで、key文字列型です。
successCallback 関数 あり アクションが呼び出された場合に呼び出す関数。
errorCallback 関数 あり 処理が失敗したときに呼び出す関数。

戻り値

成功時に、アクション出力と共に Web API 結果を返します。

アクションの使用

Xrm.Utility