deleteRecord (Client API 参照)

エンティティ レコードを削除します。

構文

Xrm.WebApi.deleteRecord(entityLogicalName, id).then(successCallback, errorCallback);

パラメーター

Name 種類​​ 必須出席者 内容
entityLogicalName String あり 削除するレコードのエンティティの論理名。 たとえば、「account」。
ID String あり 削除するエンティティ レコードの GUID。
successCallback 関数 No

レコードを削除した場合に呼び出す関数。 次のプロパティを持つオブジェクトが渡され、削除されたレコードが識別されます:

  • entityType: 文字列。 レコードのエンティティの種類。
  • id: 文字列。 レコードの GUID。
  • name: 文字列。 レコードの名前。
errorCallback 関数 No 処理が失敗したときに呼び出す関数。

戻り値

成功時に、successCallback パラメーターの説明で指定済みの属性を含む promise オブジェクトを戻します。

これらの例は Web API を使用したエンティティの更新と削除 で実演したのと同じ要求オブジェクトを使用して、エンティティ レコードを更新するためのデータ オブジェクトを定義します。

レコード ID = 5531d753-95af-e711-a94e-000d3a11e605 のアカウントを削除します。

Xrm.WebApi.deleteRecord("account", "5531d753-95af-e711-a94e-000d3a11e605").then(
    function success(result) {
        console.log("Account deleted");
        // perform operations on record deletion
    },
    function (error) {
        console.log(error.message);
        // handle error conditions
    }
);

Xrm.WebApi