パッケージによる環境とテナントのアプリ移行Environment and tenant app migration through Packaging

ある環境から別の環境に、パッケージでリソースを移行する方法について説明します。Learn how to migrate resources from one environment to another with packaging. 移行は、同じテナント内の環境間、またはテナントの異なる環境間で行うことができます。These environments can be within the same tenant or across different tenants.

シナリオThe scenario

リソースを移行する必要のある 1 つの一般的な状況として、テストまたは開発用の環境と運用環境とを利用している場合があります。One common scenario where you may want to migrate resources is where you have Test or Dev environments and a Production environment. 開発者やテスト担当者には、環境内にあるアプリへの幅広いアクセス権があります。Developers and testers have wide access to the apps in their environments. 実稼働環境に新しいアプリを移行する際には、環境は更新と変更のアクセス権を厳密に制御します。But when it comes time to migrate a new app to production, that environment has rigorous control over permissions to update and change it.

別の状況として、各顧客が独自の環境とデータを持っているという場合があります。Another scenario is one where each customer has their own environment and data. 新しい顧客が追加されたときに、新しい環境が顧客に対して作成され、それらの環境にアプリを移行します。When a new customer is added, a new environment is created for them, and you would migrate apps into their environment.

どのリソースがパッケージで移行できるかWhich resources can I migrate through packaging?

アプリをエクスポートするときに、アプリに依存するリソースもパッケージにエクスポートされます。When you export an app, the dependent resources for your app will also get exported into the package. 最初は、次の表に記載したように、可能性のある全てのリソース タイプのサブセットのみがサポートされます。Initially only a subset of all possible resource types will be supported as outlined in the table below.

リソースの種類Resource type サポート対象Supported インポート オプションImport options
アプリApp はいYes アプリを環境にインポートするのに 2 つのオプションがあります。There are two options to import an app into an environment:
  1. 新規作成 – アプリは、パッケージがインポートされる環境で新しいアプリとして作成されます。Create new – The app will be created as a new app in the environment where the package is imported.
  2. 更新 - このパッケージがインポートされるときに、アプリは既に環境に存在するため、更新を行います。Update - the app already exists in the environment and will be updated when this package is imported.
フローFlow はいYes フローを環境にインポートするのに 2 つのオプションがあります。There are two options to import a flow into an environment:
  1. 新規作成 – フローは、パッケージがインポートされる環境で新しいフローとして作成されます。Create new – The flow will be created as a new flow in the environment where the package is imported.
  2. 更新 - このパッケージがインポートされるときに、フローは既に環境に存在するため、更新を行います。Update - The flow already exists in the environment and will be updated when this package is imported.
注: フローが依存するすべてのリソースは、エクスポートされるアプリ パッケージの中にも含まれますが、インポートされるパッケージと共に構成する必要があります。 NOTE: All resources that the flow depends on will also be included within the app package that is exported and will need to be configured with the package is imported
CDS エンティティのカスタマイズおよび候補リストCDS Entity Customizations and Picklists はいYes CDS のエンティティまたは候補リストを環境にインポートするのに 2 つのオプションがあります。There are two options to import CDS Entities or Picklists in an environment:
  1. 上書き - 同じ名前のリソースがある場合、このインポートで置き換えられます。Overwrite - If there's a resource with the same name, this import will replace it. 一致するリソースがない場合は、新しいリソースが作成されます。If there isn’t a matching resource, a new resource will be created.
  2. マージ – 同じ名前のエンティティまたは候補リストがある場合、新しいフィールドまたはエントリが追加されますが、欠けているフィールドまたはエントリは削除されません。Merge – If there's an entity or picklist with the same name, new fields or entries will be added, but missing fields or entries won’t be removed.
カスタム コネクタCustom Connectors いいえNo アプリがカスタム コネクタに依存している場合、パッケージの一部としてコネクタをエクスポートすることは、現時点ではサポートしていませんIf an app depends on a custom connector we do not currently support exporting the connector as a part of the package.

独自のコネクタに依存しているアプリがあれば、現時点での唯一のオプションは、対象となる環境でコネクタを手動で再作成または更新し、パッケージをインポートするときに、そのコネクタを選択することです。If you have an app that relies on a custom connector, your only current option is to manually re-create or update the connector in your target environment and select that connector when you import the package.

接続Connections いいえNo アプリが接続 (資格情報を使用した SQL 接続など) に依存している場合は、パッケージの一部として接続や資格情報をエクスポートすることは、現在はサポートしていません。If an app depends on a connection (such as a SQL connection w/ credentials), we do not currently support exporting the connection or credentials as a part of the package.

共有の接続 (SQL など) に依存しているアプリがあれば、現時点での唯一のオプションは、対象となる環境で適切な資格情報を持った接続を手動で作成しなおして、パッケージをインポートするときにその接続を選択することです。If you have an app that relies on a shared connection (like SQL), your only current option is to manually re-create that connection with the appropriate credentials in your target environment and select that connection when you import the package.

CDS カスタム ロールとアクセス許可セットCDS Custom Roles and Permission Sets いいえNo CDS カスタム ロールとアクセス許可セットのエクスポートもしくはその一方は、現時点ではサポートされていないため、現在の唯一のオプションは、対象となる環境でこれらのエンティティを手動で作成しなおすことです。Exporting custom CDS roles and/or permission sets is not currently supported, so the only option today is to manually re-create these entities in your target environment.
ゲートウェイGateways いいえNo ゲートウェイは、既定 (および {テナント名} (プレビューから) ) の環境でのみサポートされるため、エクスポート/移行はサポートされません。Gateways are only supported in the default (and {tenant name} (from preview) ) environments, so export/migration is not supported.
CDS データ行CDS data rows いいえNo CDS エンティティの行のエクスポートは、現時点ではサポートされていないため、現在の唯一のオプションは、CDS スキーマの変更が新しい環境に適用された後で、手動でデータをエクスポートおよびインポートすることです。Export rows from CDS entities is not current supported, so the only option today to manually export and import data after your CDS schema changes have been applied in a new environment.

自分のアプリのパッケージングにはどのようにアクセスできますか?How do I get access to packaging for my app?

アプリのエクスポート機能は、アプリの ”編集が可能” なアクセス許可を持つユーザーであれば使用できます。The ability to export an app is available to any user with "Can edit" permission to the app.

アプリのインポート機能は、インポート先の環境で ”Environment Maker” のアクセス許可を持つユーザーであれば使用できます。The ability to import an app is available to any user with "Environment Maker" permission in the destination environment.

アプリをエクスポートまたはインポートするには、PowerApps Plan 2 または PowerApps Plan 2 の試用版ライセンスが必要です。A user must have a PowerApps Plan 2 or PowerApps Plan 2 trial license in order to export or import any app.

注: パッケージングがプレビューで提供されている間は、有効な PowerApps ライセンスを持つユーザーであれば誰でも、アプリと環境のパッケージングを試用できます。NOTE: While packaging is in preview, any user with a valid PowerApps license will be able to try out packaging for their apps and environments.

アプリのエクスポートExporting an app

  1. http://web.powerapps.com で、[アプリ] をクリックまたはタップし、移行するアプリの省略記号を選択してから、[エクスポート (プレビュー)] を選択します。In http://web.powerapps.com, click or tap Apps, select the ellipses for the app you want to migrate, and then select Export (preview).

    エクスポートを選択

  2. エクスポート パッケージ ページを開いて、パッケージの名前と説明を入力します。When the export package page opens, enter a Name and Description for the package.

    パッケージの詳細の確認

  3. [パッケージ コンテンツの確認] セクション内で、必要に応じてコメントやメモを追加したり、パッケージのインポート時に各リソースをターゲット環境にインポートする方法に関して、設定を変更したりできます。Within the ‘Review Package Content’ section you can optionally add comments or notes or change the setting for how each individual resource will be imported into the target environment during package import.

    パッケージの内容の構成

  4. [エクスポート] を選択すると、数秒以内にパッケージ ファイルのダウンロードが開始されます。When you are done select Export and the package file will begin downloading within a few seconds.

アプリのインポートImporting an app

  1. http://web.powerapps.com で、[アプリ] をクリックまたはタップし、[パッケージのインポート (プレビュー)] を選択します。In http://web.powerapps.com, click or tap Apps, and then select Import package (preview).

    インポートの選択

  2. [アップロード] を選択し、インポートするアプリ パッケージ ファイルを選択します。Select Upload and select the app package file that you want to import.

    パッケージ ファイルの選択

  3. パッケージがアップロードされたなら、パッケージの内容を確認し、赤いアイコンでマークされたすべての項目を追加で入力する必要があります。これを行うには、各項目のレンチ アイコンを選択して、必要な情報を入力してください。Once the package has been uploaded you will need to review the package contents and will need to provide additional input for any item marked with a red icon by selecting the wrench icon for each item and entering the required information.

    パッケージの内容の確認

  4. 必要な情報をすべて入力し終わったら、[インポート] を選択します。Once you have provided all of the required information select Import.

    パッケージ化された内容の更新

  5. インポートが完了すると、(下記のような) ページに自動的にリダイレクトされ、インポート操作の結果について概要が表示されます。When import completes you will be automatically redirected to a page (similar to the one below) that outlines whether or not the import operation was successful.

    インポート結果の確認

アプリをインポートするときに、既存のアプリの [更新] を選択する場合、新しい変更はアプリケーションのドラフトとして保存されます。NOTE If you are importing an app and chose to Update an existing app, the new changes will be saved as a draft of the applications. アプリケーションの全ユーザーが利用できるように、それらの変更を公開する必要があります。You will need to publish those changes in order for them to be available all other users of the applications.

既知の制限Known limitations

制限事項Limitation StatusStatus
4 つ以上のリソースを含むアプリ パッケージのインポートは、完了するまでに数分かかることが報告されています。Importing app packages that contains more than ~3 resources has been reported to take several minutes to complete. これは既知の問題で、修正プログラムがまもなく提供されます。This is a known issue and a fix will be rolled out soon.