PowerApps の Distinct 関数Distinct function in PowerApps

重複を削除して、テーブルレコードを要約します。Summarizes records of a table, removing duplicates.

説明Description

Distinct 関数は、テーブルの各レコードで数式を評価します。The Distinct function evaluates a formula across each record of a table. Distinct は、重複する値が削除された結果を含む 1 列のテーブルを返します。Distinct returns a one-column table that contains the results, with duplicate values removed.

現在処理中のレコードのフィールドを数式で利用できます。Fields of the record currently being processed are available within the formula. その他の値と同じように、名前で参照するだけです。You simply reference them by name as you would any other value. アプリ全体から、コントロール プロパティとその他の値も参照できます。You can also reference control properties and other values from throughout your app. 詳細については、後述する例とレコード スコープの操作を参照してください。For more details, see the examples below and working with record scope.

構文Syntax

Distinct( Table, Formula )Distinct( Table, Formula )

  • Table - 必須。Table - Required. 全体を評価するテーブル。Table to evaluate across.
  • Formula - 必須。Formula - Required. 各レコードについて評価する数式。Formula to evaluate for each record.

Example

Department 列が含まれている Employees テーブルがある場合、この関数はこの列内の各部署名を一覧表示します。この列で各名前が何回か出現していても、一覧では重複しないように表示されます。If you had an Employees table that contained a Department column, this function would list each unique department name in that column, no matter how many times each name appeared in that column:

Distinct(Employees, Department)Distinct(Employees, Department)