PowerApps の Enable および Disable 関数Enable and Disable functions in PowerApps

シグナル を有効または無効に切り替えます。Turns a signal on or off.

概要Overview

いくつかのシグナルは頻繁に変化する場合があるため、アプリはその度に再計算を行う必要があります。Some signals can change often, requiring the app to recalculate as they do. 長期間にわたる頻繁な変更によって、デバイスのバッテリが消耗することがあります。Rapid changes over a long period of time can drain a device's battery. これらの関数を使用すると、手動でシグナルを有効または無効にすることができます。You can use these functions to manually turn a signal on or off.

シグナルは使用されていない場合、自動的に無効になります。When a signal isn't being used, it's automatically turned off.

説明Description

Enable 関数と Disable 関数はそれぞれ、シグナルを有効および無効に切り替えます。The Enable and Disable functions turn a signal on and off, respectively.

これらの関数は、現在、Location シグナルのみに有効です。These functions currently only work for the Location signal.

これらの関数には、戻り値がありません。These functions have no return value. これらの関数は、動作の数式内でのみ使用できます。You can use them only in behavior formulas.

構文Syntax

Enable( Signal )Enable( Signal )
Disable( Signal )Disable( Signal )

  • Signal - 必須。Signal - Required. 有効または無効にするシグナル。The signal to turn on or off.