PowerApps の EncodeUrl および PlainText 関数EncodeUrl and PlainText functions in PowerApps

文字列をエンコードおよびデコードします。Encodes and decodes strings.


EncodeUrl 関数は、英数字以外の文字を % と 16 進数に置き換えることで URL 文字列をエンコードします。The EncodeUrl function encodes a URL string, replacing non-alphanumeric characters with % and a hexadecimal number.

PlainText 関数は、次のようなタグを適切な記号に変換して、HTML および XML タグを削除します。The PlainText function removes HTML and XML tags, converting tags such as these to an appropriate symbol:

  • ""

これらの関数からの戻り値は、エンコードまたはデコードされた文字列です。The return value from these functions is the encoded or decoded string.


EncodeUrl( String )EncodeUrl( String )

  • String - 必須。String - Required. エンコードする URL。URL to be encoded.

PlainText( String )PlainText( String )

  • String - 必須。String - Required. HTML および XML タグが削除される文字列。String from which HTML and XML tags will be stripped.


テキスト ギャラリーに RSS フィードを表示し、そのギャラリーのラベルの Text プロパティを ThisItem.description に設定した場合、ラベルには次の例のように未加工の HTML または XML コードが表示される可能性があります。If you show an RSS feed in a text gallery and then set the Text property of a label in that gallery to ThisItem.description, the label might show raw HTML or XML code as in this example:

<p>We have done an unusually&nbsp;&quot;deep&quot; globalization and localization.<p>

ラベルの Text プロパティを PlainText(ThisItem.description) に設定すると、次の例のようなテキストが表示されます。If you set the Text property of the label to PlainText(ThisItem.description), the text appears as in this example:

We have done an unusually "deep" globalization and localization.