PowerApps の Back および Navigate 関数Back and Navigate functions in PowerApps

表示する画面を変更します。Changes which screen is displayed.

概要Overview

ほとんどのアプリには、複数の画面が含まれます。Most apps contain multiple screens. Back および Navigate 関数を使用して、表示する画面を変更します。Use the Back and Navigate function to change which screen is displayed. たとえば、ユーザーがボタンを選択したときに別の画面を表示する場合は、Navigate 関数が含まれた数式に、ボタンの OnSelect プロパティを設定します。For example, set the OnSelect property of a button to a formula that includes a Navigate function if you want to show a different screen when a user selects that button. その数式では、Fade などのビジュアルの切り替えを指定することで、画面の切り替わり方を選択できます。In that formula, you can specify a visual transition, such as Fade, to control how one screen changes to another.

Back および Navigate で変更できるのは、表示する画面のみです。Back and Navigate change only which screen is displayed. 現在表示されていない画面は、バックグラウンドで引き続き動作します。Screens that aren't currently displayed continue to operate behind the scenes. 別の画面上のコントロールのプロパティを参照する数式を作成できます。You can build formulas that refer to properties of controls on another screen. たとえば、いずれかの画面上のスライダーの値を変更した後、数式内でその値を使用する別の画面に移動し、この値が新しい画面にどのように影響するかを確認することができます。For example, a user can change the value of a slider on one screen, navigate to a different screen that uses that value in a formula, and see how it affects what happens in the new screen. その後、元の画面に戻り、スライダーの値が保持されていることを確認できます。The user can then navigate back to the original screen and see that the slider has retained its value.

ユーザーが画面間を移動したとき、コンテキスト変数も保持されます。Context variables are also preserved when a user navigates between screens. Navigate を使用して、数式で表示される画面に 1 つ以上のコンテキスト変数を設定できます。これは、画面外からコンテキスト変数を設定する唯一の方法です。You can use Navigate to set one or more context variables for the screen that the formula will display, which is the only way to set a context variable from outside the screen. このアプローチにより、画面にパラメーターを渡すことができます。You can use this approach to pass parameters to a screen. 他のプログラミング ツールを使用したことがあれば、このアプローチはプロシージャにパラメーターを渡す処理に似ています。If you've used another programming tool, this approach is similar to passing parameters to procedures.

説明Description

BackBack

Back 関数では、最後に表示された画面が表示されます。The Back function displays the screen that was most recently displayed. この関数では引数は指定しません。You don't specify any arguments for this function.

最初の引数で、表示する画面の名前を指定します。In the first argument, specify the name of the screen to display.

2 番目の引数で、前の画面がどのように新しい画面に変化するかを指定します。In the second argument, specify how the old screen changes to the new screen:

切り替えの引数Transition Argument 説明Description
ScreenTransition.CoverScreenTransition.Cover 新しい画面が、現在の画面を覆うようにスライドしながら表示されます。The new screen slides into view, covering the current screen.
ScreenTransition.FadeScreenTransition.Fade 前の画面がフェードアウトし、新しい画面が表示されます。The old screen fades away to reveal the new screen.
ScreenTransition.NoneScreenTransition.None 前の画面が新しい画面にすばやく置き換わります。The old screen is quickly replaced with the new screen.
ScreenTransition.UnCoverScreenTransition.UnCover 前の画面がスライドしながら画面外に移動し、その下から新しい画面が現れます。The old screen slides out of view, uncovering the new screen.

Navigate を使用して、新しい画面のコンテキスト変数を作成または更新できます。You can use Navigate to create or update context variables of the new screen. 省略可能な 3 番目の引数として、コンテキスト変数の名前 (名として) とコンテキスト変数の新しい値を含むレコードを渡します。As an optional third argument, pass a record that contains the context-variable name as a column name and the new value for the context variable. このレコードは、UpdateContext 関数で使用するレコードと同じです。This record is the same as the record that you use with the UpdateContext function.

前の画面の OnHidden プロパティまたは新しい画面の OnVisible プロパティ、あるいはその両方を設定して、切り替え時の追加の変更を実施します。Set the OnHidden property of the old screen, the OnVisible property of the new screen, or both to make additional changes during the transition. App.ActiveScreen プロパティが更新され、変更が反映されます。The App.ActiveScreen property will be updated to reflect the change.

Back は通常は true を返しますが、ユーザーが最初の画面を表示していて前の画面が存在しない場合は、false を返します。Back normally returns true but returns false if the user is on the first screen shown and there is no previous screen. Navigate は通常は true を返しますが、いずれかの引数に問題がある場合は、false を返します。Navigate normally returns true but returns false if there is a problem with one of its arguments.

これらの関数は、動作の数式内でのみ使用できます。You can use these functions only within a behavior formula.

構文Syntax

Back()Back()

Navigate( Screen, Transition [, UpdateContextRecord ] )Navigate( Screen, Transition [, UpdateContextRecord ] )

  • Screen - 必須。Screen - Required. 表示する画面。The screen to display.
  • Transition - 必須。Transition - Required. 現在の画面と次の画面の間で使用するビジュアルの切り替え。The visual transition to use between the current screen and the next screen. このトピックで既に掲載した、この引数の有効な値の一覧を参照してください。See the list of valid values for this argument earlier in this topic.
  • UpdateContextRecord - 省略可能。UpdateContextRecord - Optional. 1 つ以上の列の名前と、その列ごとの値を含むレコード。A record that contains the name of at least one column and a value for each column. このレコードは、UpdateContext 関数に渡されたときのように、新しい画面のコンテキスト変数を更新します。This record updates the context variables of the new screen as if passed to the UpdateContext function.

Examples

数式Formula 説明Description 結果Result
Navigate( Details, ScreenTransition.None )Navigate( Details, ScreenTransition.None ) 切り替えもコンテキスト変数の値の変更もせずに、Details 画面を表示します。Displays the Details screen with no transition or change in value for a context variable. Details 画面がすばやく表示されます。The Details screen appears quickly.
Navigate( Details, ScreenTransition.Fade )Navigate( Details, ScreenTransition.Fade ) Details 画面を Fade 切り替えで表示します。Displays the Details screen with a Fade transition. コンテキスト変数の値は変更されません。No value of a context variable is changed. 現在の画面がフェードアウトし、Details 画面が表示されます。The current screen fades away to show the Details screen.
Navigate( Details, ScreenTransition.Fade, { ID: 12 } )Navigate( Details, ScreenTransition.Fade, { ID: 12 } ) Details 画面を Fade 切り替えで表示し、コンテキスト変数 ID の値を 12 に更新します。Displays the Details screen with a Fade transition, and updates the value of the ID context variable to 12. 現在の画面がフェードアウトし、Details 画面が表示され、画面上のコンテキスト変数 ID の値が 12 に設定されます。The current screen fades away to show the Details screen, and the context variable ID on that screen is set to 12.
Navigate( Details, ScreenTransition.Fade, { ID: 12 , Shade: Color.Red } )Navigate( Details, ScreenTransition.Fade, { ID: 12 , Shade: Color.Red } ) Details 画面を Fade 切り替えで表示します。Displays the Details screen with a Fade transition. コンテキスト変数 ID の値を 12 に更新し、コンテキスト変数 Shade の値を Color.Red に更新します。Updates the value of the ID context variable to 12, and updates the value of the Shade context variable to Color.Red. 現在の画面がフェードアウトし、Details 画面が表示されます。The current screen fades away to show the Details screen. Details 画面上のコンテキスト変数 ID12 に設定され、コンテキスト変数 ShadeColor.Red に設定されます。The context variable ID on the Details screen is set to 12, and the context variable Shade is set to Color.Red. Details 画面上のコントロールの Fill プロパティを Shade に設定した場合、そのコントロールは赤色で表示されます。If you set the Fill property of a control on the Details screen to Shade, that control would display as red.

ステップバイステップStep-by-step

  1. 既定の画面に DefaultScreen という名前を付け、ラベルを追加します。そのラベルの Text プロパティを設定して、Default と表示させます。Name the default screen DefaultScreen, add a label to it, and set the Text property of that label so that it shows Default.
  2. 画面を追加し、AddlScreen という名前を付けます。Add a screen, and name it AddlScreen.
  3. AddlScreen にラベルを追加し、ラベルの Text プロパティを設定して、Addl と表示させます。Add a label to AddlScreen, and set the Text property of the label so that it shows Addl.
  4. AddlScreen にボタンを追加し、このボタンの OnSelect プロパティを次の関数に設定します。Add a button to AddlScreen, and set its OnSelect property to this function:
    Navigate(DefaultScreen, ScreenTransition.Fade)Navigate(DefaultScreen, ScreenTransition.Fade)
  5. AddlScreen で F5 キーを押し、ボタンを選択します。From the AddlScreen, press F5, and then select the button.
    DefaultScreen が表示されます。DefaultScreen appears.

その他の例Another example