PowerApps の Refresh 関数Refresh function in PowerApps

データ ソースレコードを更新します。Refreshes the records of a data source.

説明Description

Refresh 関数は、データ ソースの新しいコピーを取得します。The Refresh function retrieves a fresh copy of a data source. 他のユーザーが加えた変更が表示されます。You'll see changes that other users made.

Refresh には戻り値が存在せず、動作の数式内でのみ使用できます。Refresh has no return value, and you can use it only in behavior formulas.

構文Syntax

Refresh( DataSource )Refresh( DataSource )

  • DataSource – 必須。DataSource – Required. 更新するデータ ソース。The data source that you want to refresh.

Example

この例では、IceCream という名前のデータ ソースを更新します。このデータ ソースは次のデータから始まります。In this example, you'll refresh the data source named IceCream, which starts with this data:

別のデバイスのユーザーが、Strawberry レコードの Quantity400 に変更します。A user on another device changes the Quantity in the Strawberry record to 400. この数式が実行されるまで、この変更は表示されません。You won't see this change until this formula executes:

Refresh( IceCream )Refresh( IceCream )

その数式が実行された後、IceCream データ ソースにバインドされたギャラリーに、Strawberry の更新後の値が表示されます。After that formula executes, galleries that are bound to the IceCream data source will show the updated value for Strawberry: