グローバル サポートGlobal support

PowerApps はグローバル製品です。PowerApps is a global product. さまざまな言語や地域でアプリをビルドおよび使用できます。You can build and use apps in many different languages and regions.

アプリのビルド中および実行中、PowerApps によって表示されるテキストはさまざまな言語に翻訳されています。Both while building and running apps, the text displayed by PowerApps has been translated into a variety of languages. メニュー項目、ダイアログ ボックス、リボンのタブなどのテキストがお使いの言語で表示されます。You will see menu items, dialog boxes, ribbon tabs, and other text in your native language. 日付や数字の入力と表示にも、お使いの言語とリージョンが適用されています。Typing in and displaying dates and numbers is also adapted for your particular language and region. たとえば、世界の一部の地域では "." が、その他の地域では "," が小数点として使用されます。For example, some regions of the world use "." as a decimal separator while others use ",".

作成したアプリをグローバル対応にすることもできます。The apps you create can be globally aware as well. LanguageTextValueDateValue やその他の関数を使用して、さまざまな言語で何が表示され、入力として使用されるかを適用します。Use the Language, Text, Value, DateValue and other functions to adapt what is displayed and used as input in different languages.

言語の設定Language settings

ネイティブのスタジオまたはネイティブのプレーヤーを使用している場合は、使用する言語がホスト オペレーティング システムによって提供されます。When using the native studio or a native player, the language used is provided by the host operating system. Windows の場合、これは "すべての設定"、次に "時間と言語" の設定で制御できます。For Windows, this can be controlled under "All Settings" and then "Time & language" settings. さらに Windows では、言語設定を上書きして、小数点区切り文字として使用する文字を指定できます。Windows also allows you to specify the characters to use for the decimal separator, overriding the language setting.

Web の使用が発生しているときに使用される言語は、ブラウザーによって提供されます。When using the web experiences, the language used is provided by the browser. 多くのブラウザーでは、既定でホスト オペレーティング システムの設定が使用されますが、一部のブラウザーでは手動で言語を設定することもできます。Most browser default to the host operating system's setting with some also providing a way to set the language manually.

オーサリング環境Authoring environment

オーサリング環境は、作成者の言語設定に適応します。The authoring environment adapts to the language setting of the author. さまざまな言語を使用する作成者たちが同じアプリを編集できるように、アプリ自体は言語に依存しない方法で格納されます。The app itself is stored in a language agnostic manner, so that authors using different languages can edit the same app.

数式での名前Names in formulas

数式のほとんどの要素は常に英語です。Most elements in formula are always in English:

  • 関数名: IfNavigateCollect、…Function names: If, Navigate, Collect, ...
  • コントロールのプロパティ名: Screen.FillButton.OnSelectTextbox.Font、…Control property names: Screen.Fill, Button.OnSelect, Textbox.Font, ...
  • 列挙名: Color.AquaDataSourceInfo.MaxValueFontWeight.Bold、…Enumeration names: Color.Aqua, DataSourceInfo.MaxValue, FontWeight.Bold...
  • 信号レコード: Compass.HeadingLocation.LatitudeApp.ActiveScreen、…Signal records: Compass.Heading, Location. Latitude, App.ActiveScreen, ...
  • 演算子: ParentinexactIn、…Operators: Parent, in, exactIn, ...

オーサリング環境がローカライズされることにともない、コントロールやその他のオブジェクト名が作成者のネイティブ言語で表示されます。As the authoring experience is localized, control and other object names will appear in the native language of the author. スペイン語の場合、一部のコントロールは次のように表示されます。In Spanish, some of the control names appear as:

アプリに次のいずれかを挿入すると、その名前は既定で英語になります。When you insert one of these into your app, their name will default to English. これは、コントロールのプロパティ名と、数式の残りの部分との一貫性を保つために行われます。This is done for consistency with the control property names and the rest of the formula. たとえば、上記で一覧表示されている CasillaCheckbox1 として挿入します。For example, Casilla listed above is inserted as Checkbox1.

コントロールの挿入後に、好きな名前に変更できます。After a control is inserted, you can change the name to whatever you like. 選択した状態では、"コンテンツ" リボンの左側にコントロールの名前が表示されます。While selected, the far left hand side of the "Content" ribbon displays the name of the control. この名前を選択すると、名前を編集できるテキスト ボックスが現れます。Selecting this name drops down a text box where you can edit the name:

必要に応じて、コントロールの名前を Casilla1 に変更できます。If you like, here you can rename the control to Casilla1. (ここではブラウザーによって) 赤い波線が表示されるのは、この名前がスペイン語ではないためであり、問題はありません。The red squiggly, in this case displayed by a browser, is because the name is not a Spanish word and is of no concern.

以下のものについて、好きな名前を付けることができます。You can use whatever names you like for:

  • コントロール名Control names
  • コレクション名Collection names
  • コンテキストの変数名Context variable names

数式の区切り記号とチェーン演算子Formula separators and chaining operator

いくつかの区切り記号と演算子は、作成者の言語の小数点に基づいて変更されます。Some separators and operators will shift based on the decimal separator of the author's language:

作成者の言語の小数点Author's language decimal separator PowerApps 小数点PowerApps decimal separator PowerApps リストの区切り記号PowerApps list separator PowerApps チェーン演算子PowerApps chaining operator
.. (ピリオド)(period) .. (ピリオド)(period) , (コンマ), (comma) ; (セミコロン); (semi-colon)
, (コンマ), (comma) , (コンマ), (comma) ; (セミコロン); (semi-colon) ;; (二重セミコロン);; (double semi-colon)

PowerApps リスト区切り記号の変更は、Excel リスト区切り記号の変更と一致します。The change in the PowerApps list separator is consistent with that happens to the Excel list separator. これにより、次のものが影響を受けます。It impacts:

たとえば、"en-US"に次の数式があるとします。For example, consider the following formula in "en-US":

  • If( Slider1.Value > 12.59, UpdateContext( { Validation: true, MovingOn: 1 } ); Navigate( "NextScreen", "" ), UpdateContext( { Validation: false } ) )If( Slider1.Value > 12.59, UpdateContext( { Validation: true, MovingOn: 1 } ); Navigate( "NextScreen", "" ), UpdateContext( { Validation: false } ) )

小数点に "," が使用される言語では、これはオーサリング環境で次のように表示されます。In a language where "," is used for the decimal separator, this will appear in the authoring experience as:

  • If( Slider1.Value > 12,59; UpdateContext( { Validation: true; MovingOn: 1 } );; Navigate( "NextScreen", "" ); UpdateContext( { Validation: false } ) )If( Slider1.Value > 12,59; UpdateContext( { Validation: true; MovingOn: 1 } );; Navigate( "NextScreen", "" ); UpdateContext( { Validation: false } ) )

プロパティ選択演算子に注意してくださいNote that the property selection operator . Slider1.Value は、小数点が何であろうと常に同じです。in Slider1.Value is always the same, no matter what the decimal separator is.

内部的には数式は変更されず、変更されるのは表示方法と作成者による編集方法のみです。Internally the formula does not change, all that changes is how it is displayed and edited by the author. 2 つの異なる言語を使用する 2 人の作成者が、それぞれの言語に応じた区切り文字と演算子を見ながら同じ数式を編集することができます。Two different authors using two different languages can view and edit the same formula, with each seeing the appropriate separators and operators for their language.

グローバルなアプリの作成Creating a global app

作成したアプリは、さまざまな言語に適応し、世界中のユーザーに優れたユーザー エクスペリエンスを提供することができます。The app you create can adapt to different languages, providing a great user experience for your users around the world.

Language 関数Language function

Language 関数は、現在のユーザーの言語タグを返します。The Language function returns the language tag of the current user. たとえば、この関数は英国のユーザーには "en-GB" を、ドイツのユーザーには "de-DE" を返します。For example, this function returns "en-GB" for users in Great Britain and "de-DE" for users in Germany.

特に、Language を使用すると、ユーザー向けに翻訳されたテキストを表示できます。Among other things, you can use Language to display translated text for your users. アプリには、アプリの翻訳済みの値のテーブルを含めることができます。Your app can include a table of translated values in your app:

その後、次のような数式を使用して、テーブルから翻訳された文字列をプルします。And then use a formula such as the following to pull translated strings from the table:

  • LookUp( Table1, TextID = "Hello" && (LanguageTag = Left( Language(), 2 ) || IsBlank( LanguageTag ))).LocalizedTextLookUp( Table1, TextID = "Hello" && (LanguageTag = Left( Language(), 2 ) || IsBlank( LanguageTag ))).LocalizedText

その他の言語に翻訳された文字列は、お使いの言語での文字列よりもはるかに長くなる可能性があることに注意してください。Be aware that translated strings in other languages could be significantly longer than they are in your language. 多くの場合、ユーザー インターフェイスでこれらの文字列を表示するラベルやその他の要素を、大きくして適応させる必要があります。In many cases, the labels and other elements that display the strings in your user interface will need to be wider to accommodate.

詳細については、Language 関数のドキュメントを参照してください。For more information, see the documentation for the Language function.

数値、日付、および時刻の書式設定Formatting numbers, dates, and times

世界各地で、数値、日付、および時刻はさまざまな形式で表記されています。Numbers, dates, and times are written in different formats in different parts of the world. コンマの意味、小数点以下桁数、および月、日、年の順序は場所によって異なります。The meaning of commas, decimals, and the order of month, date, and year vary from location to location.

Text 関数は、ユーザーの言語設定を使用して数値および日付を書式設定します。The Text function formats numbers and dates using the language setting of the user.

Text には、数値や日付をどのように書式設定するかを把握するために、書式設定文字列が必要です。Text requires a format string to know how you want to format the number or date. この書式設定文字列は、以下の 2 つの書式のいずれかである可能性があります。This format string can take one of two forms:

  • グローバル対応列挙体。A global aware enumeration. たとえば、Text( Now(), DateTimeFormat.LongDate ) のようになります。For example, Text( Now(), DateTimeFormat.LongDate ). この数式は、言語に適切な形式で現在の日付の書式を設定します。This formula will format the current date in a language appropriate format. これは、書式設定文字列を指定する場合にお勧めします。This is the preferred way to specify the format string.
  • カスタム書式設定文字列。A custom format string. たとえば、Text( Now(), "[$-en-US]dddd, mmmm dd, yyyy" ) とすると、言語 "en-US" で使用される場合の列挙と同様のテキストが表示されます。For example, Text( Now(), "[$-en-US]dddd, mmmm dd, yyyy" ) displays the same text as the enumeration when used in the language "en-US". カスタム書式設定文字列の利点は、特定の項目を指定できることです。The advantage of the custom format string is that you can specify exactly what you want.

カスタム書式設定文字列の前にある "[$-en-US]" は、その言語でカスタム書式設定文字列を解釈するのかを Text に指示しています。The "[$-en-US]" on the front of the custom format string tells Text in which language to interpret the custom format string. これが挿入され、既定でユーザーのオーサリング言語になります。This is inserted for you and defaults to your authoring language. 通常、これを変更する必要はありません。Normally you will not need to change this. これは、さまざまな言語を使用する作成者が同じアプリを編集するときに便利です。It is useful when authors from different languages are editing the same app.

Text に対する 3 つ目の引数は、関数の結果にどの言語を使用するかを指定します。The third argument to Text specifies which language to use for the result of the function. 既定では、現在のユーザーの言語設定です。The default is the language setting of the current user.

詳細については、Text 関数のドキュメントを参照してください。For more information, see the documentation for the Text function.

数値、日付、および時刻の読み取りReading numbers, dates, and times

数値、日付、および、ユーザーが指定した時刻を読み取るための 4 つの関数があります。There are four functions for reading numbers, dates, and times provided by the user:

  • Value: テキスト文字列の数字を数値に変換します。Value: Converts a number in a text string to a number value.
  • DateValue: 文字列の日付値を日付/時刻値に変換します。DateValue: Converts a date value in a text string to a date/time value. テキスト文字列で指定された時刻は無視されます。Any time specified in the text string is ignored.
  • TimeValue: テキスト文字列の時刻値を日付/時刻値に変換します。TimeValue: Converts a time value in a text string to a date/time value. テキスト文字列で指定された日付は無視されます。Any date specified in the text string is ignored.
  • DateTimeValue: テキスト文字列の日付と時刻の値を日付/時刻値に変換します。DateTimeValue: Converts a date and time value in a text string to a date/time value.

Excel を使用したことがある場合、これらの関数はすべて単一の Value 関数にまとめられています。If you have used Excel, all of these functions are combined in the single Value function. PowerApps には日付/時刻および数字に個別の型がありるため、ここでは分割されます。They are broken out here since PowerApps has separate types for date/time values and numbers.

これらすべての関数には、同じ引数があります。All of these functions have the same arguments:

  • String, required: ユーザーからの文字列です。String, required: A string from the user. これには、テキスト入力コントロールに入力され、Text プロパティによってこのコントロールから読み取られる文字列などがあります。For example a string types into a Text input control and read from the control with the Text property.
  • Language, optional: String を解釈する言語。Language, optional: The language in which to interpret the String. 既定では、ユーザーの言語設定です。By default, the language setting of the user.

例:For example:

  • Value( "12,345.678", "en-US" ) または Value( "12,345.678" ) の場合、"en-US" がユーザーの言語であり、計算に使用できる数字 12345.678 を返します。Value( "12,345.678", "en-US" ) or Value( "12,345.678" ) when located where "en-US" is the user's language returns the number 12345.678, ready for calculations.
  • DateValue( "1/2/01", "es-ES" ) または DateValue( "1/2/01" ) の場合、"es-ES" がユーザーの言語であり、日付/時刻の値 2001 年 2 月 1 日深夜を返します。DateValue( "1/2/01", "es-ES" ) or DateValue( "1/2/01" ) when located where "es-ES" is the user's language returns the date/time value February 1, 2001 at midnight.
  • TimeValue( "11:43:02", "fr-FR" ) または DateValue( "11:43:02" ) の場合、"fr-FR" がユーザーの言語であり、日付/時刻の値 1970 年 1 月 1 日 11:43:02 を返します。TimeValue( "11:43:02", "fr-FR" ) or DateValue( "11:43:02" ) when located where "fr-FR" is the user's language returns the date/time value January 1, 1970 at 11:43:02.
  • TimeDateValue( "11:43:02 1/2/01", "de-DE" ) または DateValue( "11:43:02" ) の場合、"de-DE" がユーザーの言語であり、日付/時刻の値 2001 年 2 月 1 日 11:43:02 を返します。TimeDateValue( "11:43:02 1/2/01", "de-DE" ) or DateValue( "11:43:02" ) when located where "de-DE" is the user's language returns the date/time value February 1, 2001 at 11:43:02.

詳細については、Value 関数および DateValue 関数、TimeValue 関数、DateTimeValue 関数に関するドキュメント、および日付と時刻の処理を参照してください。For more information, see the documentation for the Value and DateValue, TimeValue, and DateTimeValue functions and working with dates and times.

カレンダーと時計の情報Calendar and Clock information

Calendar 関数および Clock 関数は、ユーザーの現在の言語でのカレンダーと時計の情報を提供します。The Calendar and Clock functions provide calendar and clock information for the user's current language.

特に、これらの関数を使用すると、選択肢が一覧表示されたドロップダウンコントロールが提供されます。Among other things, use these functions to provide a Dropdown control with a list of choices.

詳細については、Calendar 関数および Clock 関数のドキュメントを参照してください。For more information, see the documentation for the Calendar and Clock functions.