機能要求の優先順位付け

異なる要求に優先順位を付けることは、困難で威圧的な場合があります。 比較的定量化可能なアプローチに従うことは、適切な機能の優先順位付けに役立つだけでなく、機能を要求した人々に決定を説明するのにも役立ちます。

機能に優先順位を付けるための最初のステップは、重要でないと思われるリクエストであっても、すべての要求を確実に記録することです。 これは、最初のバージョンが完了した後にアプリの新しいバージョンで作業を開始するときに、改善のためのバックログを作成するのに役立ちます。

ヒント

プロジェクトの目標を、優先する機能のガイドとして使用します。

次の表は、各機能を記録する方法の例を示しています。

要求された機能 絶対必要? 実装の難しさ ビジネスへの影響
承認要求の一覧の表示 有効
承認要求を受けとると、携帯電話でユーザーにリアルタイムでプッシュ通知 No 簡単
提出されていない経費精算書のドラフト保存機能 No Medium
ERP システムと統合する No 非常に高い

ヒント

必需品あると助かるもの を混在させないようにします。 自分自身 (またはユーザー) に質問します: 「この機能を追加するのに 4 週間かかる場合、発売を 4 週間遅らせる価値はありますか?」

優先象限グラフ

すべての機能要求をリストしたら、次のグラフに示されている象限に、要求を選別する必要があります。

低から高の影響の軸と低から高の負荷の軸を持つ優先象限

クイック ウィン

この象限内の要求は最初に優先される必要があります。 クイック ウィンは、ビジネスへの影響力が高く、実装が容易な要求です。

大きな投資

これらの要求は、ビジネスへの影響力は高いが、次のような理由で実装は困難です:

  • 追加の投資が必要 (新しいサービスなど)

  • プロの開発者または外部のビジネス パートナーによる開発が必要

  • フィーチャーの作成に長い時間 (1 週間超) がかかる

  • 異なる部門にわたる複数の関係者が関与する

小さな満足度

このタイプの要求は簡単に実装できますが、ビジネスへの影響は限定的です。 小さな満足度に取り掛かる前に、最初にクイック ウィンと大きな投資を優先させるべきです。 この小さな満足度に過度に執着しないように注意してください; 一度に多くの作業を行うと、大きな投資になってしまいます。

タイム コンシューマー

タイム コンシューマーは多くの時間を消費しますが、ほとんど影響を与えません。 アプリを直接使用しない上層部の人々から来ている可能性があります。 これらの状況に直面した場合、優先象限グラフを共有して、決定がどのように行われたかを説明できます。 あなたは彼らが理解するのを助けるかもしれないし、何かがあなたが思ったよりも影響力があることを学ぶかもしれません。

ヒント

機能を要求しているユーザーに、優先象限を確認してもらう (または作成さえしてもらう!) ことで、相互理解を助けます。