Common Data Service からアプリを作成Creating an app from the Common Data Service

Common Data Service から 3 画面アプリを作成して、画面の詳細を確認してアプリから制御します。Generate a three screen app from the Common Data Service, then explore screens and controls from the app. アプリの画面、コントロール、およびフィールドを更新します。追加のデータを取り込み、アプリからフローをトリガーします。Update app screens, controls, and fields; bring in additional data and trigger a flow from the app.

これから学習する内容

アプリを生成するGenerate an app

コースのこのセクションでは、Common Data Service のエンティティをベースにアプリを作成します。In this section of the course, we'll create an app based on entities in the Common Data Service. エンティティは共有データのチャンクで、変更、保存、取得、および対話することができます。Entities are chunks of shared data that can be modified, stored, retrieved, and interacted with. エンティティからアプリを生成して、アプリをカスタマイズする方法、別のデータ ソースを追加する方法、アプリからフローを呼び出す方法を説明します。We'll generate the app from an entity, show you how to customize the app, add another data source, and call a flow from the app. SharePoint リストからのアプリ作成に関するセクションを学習済みの場合は、同じ領域について説明することになりますが、特にアプリのカスタマイズについてより詳しく説明します。If you already completed the section on creating an app from a SharePoint list, we will cover some of the same territory but in more depth, especially around customizing the app.

組織全体のハードウェアおよびソフトウェアに関する問題の追跡、優先順位付け、および処理に IT 部門が使用できるようなケース管理アプリを作成します。We'll create a case-management app that an IT department could use to track, prioritize, and act on hardware and software issues across an organization. トピックを読み進めると、このようなアプリの他の用途も思い浮かぶかもしれません。As you go through the topics, you might also think of other uses for an app like this. アプリ データの保存によく適しているため Common Data Service のデータを使用していますが、別のデータ ソースを使用して同じアプリを構築することもできます。We're using data from the Common Data Service because it's well-suited to storing app data, but you could build the same app with a different data source.

PowerApps には、これから構築するアプリと同じエンティティを使用する、より複雑なケース管理テンプレートが含まれています。PowerApps includes a more complex Case Management template that uses the same entities as the app we'll build. このセクションを完了したら、このテンプレートを詳しく確認して、PowerApps で何が構築できるのかを把握することをお勧めします。After you've completed this section, we encourage you to explore that template to get a sense of what you can build in PowerApps.

Common Data Service データベースの作成Create a Common Data Service database

まだ Common Service データベースを作成していない場合は、このアプリを構築する最初の手順で作成します。The first step in building this app is to create a Common Service database if you don't already have one. Common Data Service データベースは環境内に作成します。You create a Common Data Service database in an environment. 環境は、アプリおよびその他のリソースのコンテナーです (環境についてはコースの後半で詳しく学習します)。An environment is a container for apps and other resources (you'll learn more about environments later in the course). 環境管理者が次の手順でデータベースを作成してください (管理者以外のユーザーは組織の管理者に問い合わせてください)。An environment admin can follow these steps to create a database (if you're not an admin, check with an admin in your organization).

[Home] (ホーム) タブから、[Create Database] (データベースの作成) をクリックします。From the Home tab, click Create Database.

Common Data Service データベースの作成

データベースへのアクセスを制限するかどうかを指定し (データベースは開いたままにします)、[Create my database] (データベースを作成) をクリックします。Specify whether you want to restrict access to the database (we'll keep it open), then click Create my database.

Common Data Service アクセス権の指定

プロセスが完了したら、共通のデータ モデルに含まれている標準的なエンティティがすべて表示されます。When the process is complete, you see all the standard entities that are included in the common data model. 以下にその一部を示します。Some of them are shown below.

Common Data Service の標準エンティティ

Case (ケース) エンティティからアプリを生成するGenerate an app from the Case entity

データベースが作成されたところで、Case (ケース) エンティティに接続し、アプリを生成します。Now that the database is created, we connect to the Case entity and generate an app. [New app] (新しいアプリ) をクリックして、[PowerApps Studio for web] をクリックします。Click New app, then PowerApps Studio for web.

[PowerApps Studio for web] の [New app] (新しいアプリ)

Common Data Service エンティティの電話アプリを構築するので、[Common Data Service] の下の [Phone layout] (電話レイアウト) をクリックまたはタップします。We're building a phone app for a Common Data Service entity, so under Common Data Service click or tap Phone layout.

[Common Data Service] の [Phone app] (電話アプリ)

次の画面で、接続と接続先のエンティティを選択して、[Connect] (接続) をクリックします。In the next screen, you choose a connection and an entity to connect to, then click Connect.

Case (ケース) エンティティへの [接続]

[Connect] (接続) をクリックすると、PowerApps がアプリの生成を開始します。After you click Connect, PowerApps starts to generate the app. PowerApps は、データに関するあらゆる推論を行うため、開始点として便利なアプリが生成されます。PowerApps makes all sorts of inferences about your data so that it generates a useful app as a starting point.

PowerApps Studio でアプリを表示するView the app in PowerApps Studio

新しい 3 画面アプリが PowerApps Studio で開きます。Your new three-screen app opens in PowerApps Studio. データから生成されたすべてのアプリには、同じ画面セットが含まれています。All apps generated from data have the same set of screens:

  • ブラウズ画面: リストから取得したデータを参照、並べ替え、フィルター処理、更新し、(+) アイコンをクリックして項目を追加する画面。The browse screen: where you browse, sort, filter, and refresh the data pulled in from the list, as well as add items by clicking the (+) icon.
  • 詳細画面: 項目の詳細を表示し、項目の削除または編集ができる画面。The details screen: where you view more detail about an item, and can choose to delete or edit the item.
  • 編集/作成画面: 既存の項目を編集したり、新規に作成する画面。The edit/create screen: where you edit an existing item or create a new one.

左側のナビゲーション バーで、右上のアイコンをクリックまたはタップしてサムネイル表示に切り替えます。In the left navigation bar, click or tap an icon in the upper-right corner to switch to the thumbnail view.

表示の切り替え

各サムネイルをクリックまたはタップすると、その画面上のコントロールが表示されます。Click or tap each thumbnail to view the controls on that screen.

生成されたアプリ

次は、アプリをさらに詳しく確認した後で、ニーズに合うようにアプリをカスタマイズします。Next we'll explore the app in more detail and then customize it to better suit our needs.

生成されたアプリの詳細Explore a generated app

このトピックでは、生成されたアプリをさらに詳しく説明します。画面とアプリの動作を定義するコントロールを確認しましょう。In this topic, we look more closely at the generated app - reviewing the screens and controls that define the app's behavior. すべての詳細は確認しませんが、このアプリの仕組みを詳しく確認しておくと、独自のアプリを構築する際に役立ちます。We won't go through all the details, but seeing more about how this app works will help you to build your own apps. この後のトピックで、画面とコントロールを操作する数式について説明します。In a later topic, we'll look at the formulas that work with screens and controls.

アプリをプレビュー モードで実行するRun the app in preview mode

右上にあるClick or tap アプリのプレビューを開始する矢印を クリックまたはタップしてアプリを実行します。in the top right to run the app. アプリ全体を移動すると、アプリにエンティティのデータが含まれていて、アプリが適切な既定のエクスペリエンスを提供していることが分かります。If you navigate through the app, you see that it includes data from the entity and provides a good default experience.

アプリをプレビュー モードで実行する

PowerApps のコントロールの詳細Understanding controls in PowerApps

コントロールは、動作が関連付けられている UI 要素にすぎません。A control is simply a UI element that has behaviors associated with it. PowerApps のコントロールの多くは、ラベル、テキスト入力ボックス、ドロップダウン リスト、ナビゲーション要素など、他のアプリで使用したことのあるコントロールと同じです。Many controls in PowerApps are the same as controls that you've used in other apps: labels, text-input boxes, drop-down lists, navigation elements, and so on. ただし、PowerApps には、ギャラリー (要約データを表示します) やフォーム (詳細データを表示して項目を作成および編集できるようにします) などのより特殊なコントロールがあります。But PowerApps has more specialized controls like Galleries (which display summary data) and Forms (which display detail data and enable you to create and edit items). 他にも、イメージカメラバーコードなど非常に優れたコントロールもいくつかあります。And also some other really cool controls like Image, Camera, and Barcode. 利用可能なコントロールを確認するには、リボンの [挿入] をクリックまたはタップして、[テキスト] から [アイコン] までの各オプションをクリックまたはタップします。To see what's available, click or tap Insert on the ribbon, and then click or tap each of the options in turn, Text through Icons.

PowerApps Studio のリボンの [Controls] (コントロール) タブ

ブラウズ画面の詳細Explore the browse screen

アプリの 3 つの画面それぞれには、メインのコントロールとその他の追加コントロールが含まれています。Each of the three app screens has a main control and some additional controls. アプリの最初の画面は、既定で BrowseScreen1 という名前のブラウズ画面です。The first screen in the app is the browse screen, named BrowseScreen1 by default. この画面のメインのコントロールは、BrowseGallery1 という名前のギャラリーです。The main control on this screen is a gallery named BrowseGallery1. BrowseGallery1 には、NextArrow1 (アイコン コントロール。クリックまたはタップすると詳細画面に移動します) のような他のコントロールが含まれています。BrowseGallery1 contains other controls, like NextArrow1 (an icon control - click or tap it to go to the details screen). この画面には、IconNewItem1 (アイコン コントロール。クリックまたはタップすると編集/作成画面で項目を作成できます) のような別のコントロールも含まれています。There are also separate controls on the screen, like IconNewItem1 (an icon control - click or tap it to create an item in the edit/create screen).

複数のコントロールで構成されるブラウズ画面

PowerApps にはさまざまなタイプのギャラリーがあり、アプリのレイアウト要件に最適なものを使用することができます。PowerApps has a variety of gallery types so you can use the one that best suits your app's layout requirements. レイアウトを制御する他の方法については、このセクションの後半で説明します。You will see more ways to control layout later in this section.

PowerApps のギャラリーのオプション

詳細画面の詳細Explore the details screen

次は、既定で DetailScreen1 という名前の詳細画面です。Next is the details screen, named DetailScreen1 by default. この画面のメインのコントロールは、DetailForm1 という名前の表示フォームです。The main control on this screen is a display form named DetailForm1. DetailForm1 には、DataCard1 (カード コントロール。ここでは質問のカテゴリを表示します) のような他のコントロールが含まれています。DetailForm1 contains other controls, like DataCard1 (a card control, which displays the question category in this case). この画面には、IconEdit1 (アイコン コントロール。クリックまたはタップすると編集/作成画面で現在の項目を編集できます) のような別のコントロールも含まれています。There are also separate controls on the screen like IconEdit1 (an icon control - click or tap it to edit the current item on the edit/create screen).

複数のコントロールで構成される詳細画面

ギャラリーには多くのオプションがありますが、フォームはもっとわかりやすく、編集フォームか表示フォームのどちらかです。There are lots of gallery options, but forms are more straightforward - it's either an edit form or a display form.

PowerApps のフォームのオプション

編集/作成画面の詳細Explore the edit/create screen

アプリの 3 番目の画面は、既定で EditScreen1 という名前の編集/作成画面です。The third screen in the app is the edit/create screen, named EditScreen1 by default. この画面のメインのコントロールは、EditForm1 という名前の編集フォームです。The main control on this screen is an edit form named EditForm1. EditForm1 には、DataCard8 (カード コントロール。ここでは質問のカテゴリを編集できます) のような他のコントロールが含まれています。EditForm1 contains other controls, like DataCard8 (a card control, which allows you to edit the question category in this case). この画面には、IconAccept1 (アイコン コントロール。クリックまたはタップすると編集/作成画面で行った変更を保存できます) のような別のコントロールも含まれています。There are also separate controls on the screen like IconAccept1 (an icon control - click or tap it to save the changes you made on the edit/create screen).

複数のコントロールで構成される編集画面

アプリが画面とコントロールで構成される仕組みを理解したところで、次のトピックでは、アプリをカスタマイズする方法を見てみましょう。Now that you have a sense of how the app is composed of screens and controls, we'll look at how you customize the app in the next topic.

アプリのカスタマイズCustomize the app

このセクションの最初の 2 つのトピックでは、Common Data Service のエンティティからアプリを生成し、生成したアプリを詳しく確認して 3 画面アプリの構造について学びました。In the first two topics in this section, you generated an app from a Common Data Service entity and explored the app to get a better understanding of how three screen apps are composed. PowerApps に生成されるアプリは便利ですが、多くの場合は、生成された後でアプリをカスタマイズします。The app that PowerApps generated is useful, but you will often customize an app after it's generated. このトピックでは、アプリのブラウズ画面の変更方法をいくつか説明します。In this topic, we'll walk through some changes for the browse screen of the app. すべての画面をカスタマイズすることができますが、1 画面に集中して、カスタマイズについて少し詳しく説明します。You can customize any of the screens, but we wanted to focus on one and provide a bit more depth to the customizations. エンティティ、Excel ファイル、またはその他のソースから生成した任意のアプリを取り上げ、カスタマイズ方法を確認することをお勧めします。We encourage you to take any app you generate - from an entity, an Excel file, or another source - and see how you can customize it. これが本当にアプリの構造を学習するベストな方法なのです。It really is the best way to learn how apps are put together.

PowerApps がアプリを生成したときに、使用するレイアウトと各画面に表示する特定のフィールドが決定されました。When PowerApps generated the app, it decided on a layout to use, and particular fields to show on each screen. このアプリでは、ステータス バーを持つギャラリー コントロールを選択してみましょう (すぐ後でステータス バーをカスタマイズします)。For this app, let's choose a gallery control that has a status bar (we'll customize the status bar shortly). 右側のウィンドウの [Layout] (レイアウト) タブで、目的のレイアウトを選択します。In the right-hand pane, on the Layout tab, select the layout you want. 変更と同時に PowerApps がアプリを更新するので、結果はすぐに表示されます。You see the results right away because PowerApps updates the app as you make changes.

ブラウズ画面のレイアウトを変更する

右の基本レイアウトを使用して、表示されるフィールドを変更しましょう。With the right basic layout, now change the fields that are displayed. 最初の項目のフィールドをクリックまたはタップして、右側のウィンドウで項目ごとに表示されるデータを変更します。Click or tap a field in the first item, then in the right-hand pane, change the data that is displayed for each item. これにより、エンティティの各項目の概要が分かりやすくなります。This provides a better summary of each item in the entity.

ブラウズ画面のフィールドを変更する

アプリのテーマを変更するChange the app theme

PowerApps には、アプリで使用できる一連のテーマが用意されています。テーマは PowerPoint のものによく似ています。PowerApps provides a set of themes you can use in your app, much like PowerPoint. 次の画面では、Dune (砂丘) というテーマが適用されていて、アプリに貼り付けたシンプルなロゴが表示されています。In the following screen, you see the Dune theme applied, and a simple logo that we pasted into the app. これらは基本的な変更ですが、アプリの外観を改善するためにできることはたくさんあります。These are basic changes, but can do a lot to improve the appearance of your app.

テーマを変更してロゴを追加する

数式を使用してケースの状態を表示するUse a formula to show the case status

PowerApps の主な利点の 1 つは従来のアプリケーション コードを記述する必要がないことです。開発者でなくてもアプリを作成できるということです。One of the major benefits of PowerApps is not having to write traditional application code - you don’t have to be a developer to create apps! とはいえ、アプリのロジックを表現してアプリのナビゲーション、フィルター処理、並べ替えなどの機能を制御する方法は必要です。But you still need a way to express logic in an app and to control an app’s navigation, filtering, sorting, and other functionality. そのために数式が取り入れられています。This is where formulas come in.

Excel の数式を使用したことがあれば、PowerApps のアプローチは理解しやすいでしょう。If you have used Excel formulas, the approach that PowerApps takes should feel familiar. ケースが解決済みの場合はステータス バーを緑、それ以外の場合は赤にすることにします。Suppose you want to show the status bar in green if a case is resolved, or in red otherwise. そのためには、画面で状態コントロールを選択して、数式バーでこのコントロールの Fill プロパティを次の数式に設定します: If(Status="Resolved", Color.Green, Color.Red)To do this, you select the status control on the screen, and then set the Fill property of that control to this formula in the formula bar: If(Status="Resolved", Color.Green, Color.Red). Excel の数式のようですが、PowerApps の数式はスプレッドシート内のセルではなくコントロールとその他のアプリの各要素を参照します。This is like an Excel formula, but PowerApps formulas refer to controls and other app elements rather than cells in a spreadsheet. 下図に、数式を設定する場所とアプリでの結果を示します。The following image shows where to set the formula, and the result in the app.

ケースの状態を表示する数式

日付に基づいて並べ替えフィルター処理するSort and filter based on date

生成されたアプリのブラウズ画面では、ケースを検索し、ギャラリー内の項目リストを並べ替えることができます。On the browse screen, the generated app lets you search for cases and sort the list of items in the gallery. ケースを日付に基づいて表示したいので、検索機能と並べ替え機能を削除しましょう。We're going to remove the search and sort functionality in favor of showing cases based on a date. これらのメソッドを組み合わせることもできますが。このアプリでは日付に基づくアプローチに焦点を当てましょう。You could combine these methods, but we'll focus on the date-based approach for this app. 下図に追加した項目を示します。In the image below, you see the items we added:

  • ユーザーに手順を知らせるテキスト ラベル ("Show cases after:")。[Insert](挿入) > [Text](テキスト) > [Label](ラベル)Fill 式を White に変更します。A text label ("Show cases after:") so users know what to do: Insert > Text > Label; change the Fill formula to White.
  • 日付の選択。[Insert](挿入) > [Controls]\ (コントロール) > [Date picker](日付の選択)A date picker: Insert > Controls > Date picker.
  • ブラウズ ギャラリーの Items プロパティを日付の選択に接続する数式: Filter(Case, DatePicker1.SelectedDate < LastModifiedDateTime)A formula that connects the browse gallery Items property to the date picker: Filter(Case, DatePicker1.SelectedDate < LastModifiedDateTime).

日付が年 10 月 20日に設定され、結果として、この日付以降に作成されたケースがアプリに表示されます。The date is set to Oct 20 and you see the result that the app is showing the cases created after this date. 既定では、エンティティのすべてのケースで最終更新日が同じになることに注意してください。Note that by default, all cases in the entity have the same last modified date. フィルター処理の動作を確認するために、何回か更新してください。You can update one or more to see how filtering works. エンティティ データの操作については、コースで後ほど説明します。We cover working with entity data later in the course.

日付の選択を使用するように更新されたアプリ

ケースの合計数を表示するShow total number of cases

ここでは、多くのことを説明していますが、カスタマイズについてはほぼ説明し終わりました。We're covering a lot of ground here, but we're almost done with the customizations. 最後にこのトピックでは、2 つの数値を表示するラベルを追加します。ケースの合計数と、先ほどの日付に基づくフィルターに一致するケース数です。The last thing we'll do in this topic is add labels that show two numbers: the total number of cases and the number of cases that match our date-based filter.

合計とフィルター選択されたケース数を表示する

2 つのラベルを追加する方法はビデオで詳しく説明していますが、各ラベルで設定するプロパティの基本事項を次に示します。The video goes into detail about how to add the two labels, but here's the basics on which properties we set for each label:

  • Align = CenterAlign = Center
  • Width = Parent.Width/2Width = Parent.Width/2
  • 左のボックスの Text = "Total cases: " & CountRows(Case)Left box Text = "Total cases: " & CountRows(Case). これには、エンティティ内のすべてのケースが含まれます。This includes all cases that are in the entity.
  • 右のボックスの Text = Filtered cases: " & CountRows(BrowseGallery1.AllItems)Right box Text = Filtered cases: " & CountRows(BrowseGallery1.AllItems). これには、日付に基づくフィルターに一致するケースのみが含まれます。This includes only those cases that match the date-based filter.

アプリのカスタマイズは以上です。次のトピックでは、データ ソースとフローを追加して、完成したアプリをお見せします。OK, that wraps up the app customizations - in the next topic we'll add a data source, and a flow, and show you the finished app.

データ ソースとフローを追加するAdd a data source and flow

ここまでこのセクションでは、Common Data Service の Case (ケース) エンティティをベースにしてアプリを生成し、生成されたアプリを詳しく確認してその構成をチェックし、いくつかの方法でアプリをカスタマイズしてきました。So far in this section, we have generated an app based on the Case entity from the Common Data Service, explored the app to see how it's put together, and customized the app in several ways. このセクションの最後のトピックでは、もう 1 つの標準エンティティを取り込み、Microsoft Flow を使用してメールを送信します。In the final topic for this section, we will bring in another standard entity, and use Microsoft Flow to send an email. アプリはフローをトリガーするため、ケースを開いたユーザーは、ケースが更新されると通知を受けるようになります。The app will trigger a flow so that the person who opened a case is notified when the case is updated. このトピックでは特定のシナリオに沿って進めますが、ここで学習したスキルはさまざまな種類のアプリに適用できます。We're completing a particular scenario in this topic, but the skills you learn are applicable across many kinds of apps. では、エンティティからはじめましょう。Let's get started with the entities.

エンティティ間のリレーションシップを確認するReview entity relationships

この後 Contact (連絡先) エンティティを追加しますが、はじめに Case (ケース) エンティティと Contact (連絡先) エンティティの間の関係を見てみましょう。We'll add the Contact entity shortly, but first we'll look at how the Case and Contact entities relate to each other. Case (ケース) エンティティのフィールドの 1 つに CurrentContact があります。データ型は Lookup です。In the Case entity, you see that one of the fields is CurrentContact, with a data type of Lookup. つまり、このフィールドは別のテーブルと関連した状態で使用されているということです。This means that this field is used in a relationship with another table.

Case (ケース) エンティティのフィールド

[Relationships] (リレーションシップ) タブを見ると、関連するエンティティはContact (連絡先) であることが分かります。On the Relationships tab, you see that the related entity is Contact. トピックの後半でこのリレーションシップを使用するので、この関係を覚えておいてください。Keep that in mind because we will use this relationship later in this topic.

Case (ケース) エンティティのリレーションシップ

エンティティをアプリに追加するAdd an entity to the app

PowerApps では簡単にデータ ソースを追加できます。Adding a data source in PowerApps is straightforward. 右側のウィンドウで、[Data sources] (データ ソース) > [Add data source] (データ ソースの追加) の順にクリックまたはタップします。In the right-hand pane, click or tap Data sources, then Add data source. ここでは、[Common Data Service] 接続を選択して、[Contact] (連絡先) エンティティを選択します。In this case, then choose the Common Data Service connection and select the Contact entity. [Connect] (接続) をクリックまたはタップすると、エンティティがアプリに追加されます。After you click or tap Connect, the entity is added to the app.

Contact (連絡先) エンティティを追加する

この例では別のエンティティからデータを追加していますが、アプリのさまざまなソースからデータを組み合わせることができます。Note that in this example, we're adding data from another entity, but you can combine data from many sources in your apps.

連絡先情報を検索するLook up contact information

アプリで Contact (連絡先) エンティティ データにアクセスできるようになったところで、実際に使ってみましょう。Now that we have access to the Contact entity data in our app, it's time to put it to use. 冒頭で説明したとおり、ケース更新のタイミングでメールを送信します。As mentioned in the introduction, we want to send an email when a case is updated. これを実現するには、数式を 2 つとフローを 1 つ使用します。We will use two formulas and a flow to accomplish this. 最初の数式は編集画面、具体的には保存ボタンの OnSelect プロパティに対して使用します。The first formula is for the edit screen, specifically the OnSelect property of the save button.

アプリの編集画面

既定では、このボタンは数式 SubmitForm(EditForm1) を使用して、ユーザーがフォーム内のデータを編集したときに更新情報を送信します。By default, this button uses the formula SubmitForm(EditForm1) to submit the update when a user edits data in the form. まずは、現在のケースを開いたユーザーの連絡先情報を検索し、その情報をアプリにローカルに格納できるように、数式に情報を追加する必要があります。We need to add to the formula so that it first looks up the contact information for the person who opened the current case, and then stores that information locally in the app:

UpdateContext({contact:LookUp(Contact, ContactId=BrowseGallery1.Selected.CurrentContact.ContactId)}); SubmitForm(EditForm1)

少し複雑ですが、ビデオの 2:04 から、James がこの数式の詳細をうまく説明してくれています。Yes, it's a little complex, but James does a great job of explaining this formula in more detail, starting at 2:04 in the video.

アプリからフローをトリガーするTrigger a flow from the app

これで各ケースの連絡先が分かったので、メールを送信できます。Now that we know who the contact is for each case, we can send an email to them. アプリから直接メールを送信することもできますが、この例では、アプリからフローをトリガーする方法を説明します。We could send an email directly from the app, but for this example we'll show you how to trigger a flow from the app. フローはとてもシンプルです。アプリのアクションに基づいてメールを送信するだけです。Here's the flow, which is as simple as it gets: send an email based on an action in an app. ここでフローの詳細には触れませんが、Microsoft Flow にはガイド学習シリーズがあるので、そちらを参照してください。We won't get into more detail on flows here, but there is a whole Guided Learning series for Microsoft Flow.

メールを送信するフロー

アプリに戻ります。はじめにイベントに基づいてフローを呼び出す必要があります。Back in the app, we need to call the flow based on an event. 編集フォームの OnSuccess プロパティを使用して、編集が成功するとフローがトリガーされるようにします。We'll use the OnSuccess property of the edit form, so the flow is triggered when the edit succeeds. 編集フォームをクリックまたはタップして、リボンで [Action] (アクション) > [Flows] (フロー) をクリックまたはタップします。Click or tap the edit form, then on the ribbon click or tap Action > Flows. 使用するフローを選択します。Select the flow you want to use.

メールを送信するフロー

フローが編集フォームの OnSuccess イベントに関連付けられ、メールの連絡先を参照できるようになりました。The flow is now associated with the OnSuccess event of the edit form, and we can refer to the contact for the email. 次の数式は、ケースを開いたユーザーのメール アドレス、件名の行、メールの本文を指定してフローを呼び出します。The following formula calls the flow with the email address of the person who opened the case, as well as a subject line and the body of the email.

CaseResolvedEmailConfirmation.Run(contact.EmailPrimary, "Your case has been updated", "Check it out")

これだけで、アプリにデータ ソースを追加し、メールを送信するフローをトリガーできます。That's it for adding a data source to the app, and triggering a flow that sends an email. このセクションのビデオをまだ見ていない場合は、ぜひご覧になってください。If you haven't watched the videos in this section already, we encourage you to do it. ビデオでは、このトピックで十分に触れなかったことを詳しく説明しています。They fill in lots of the details that we've moved through quickly in the topics.

まとめWrapping it all up

このセクションは以上です。This brings us to the end of this section. 楽しく学習し、多くの知識を得たのではないでしょうか。We hope you've enjoyed it and learned a ton. エンティティから基本的なアプリを生成することからはじめて、生成されたアプリの詳細を少し確認してその構造について学びました。We started out generating a basic app from an entity, and explored the app a little to understand how it's put together. アプリのカスタマイズにはかなり時間を割いて、次にデータ ソースを追加して、フローをトリガーする方法を確認しました。We spent a good deal of time on customizing the app, then added a data source and saw how to trigger a flow. このセクションでは特定のケース管理アプリを構築しましたが、ここで学習したスキルはさまざまな種類のアプリに適用できます。We built out a specific case management app in this section, but the skills you learned could be applied to many types of apps. セクションの冒頭で説明したように、もっと複雑なケース管理アプリについて学習したい場合は、PowerApps Studio for Windows で入手できるテンプレートをチェックしてください。As we mentioned at the beginning of this section - if you want to dig into a more complex case management app, be sure to check out the template that's available in PowerApps Studio for Windows.

次は、アプリの管理に進みます。Next up we'll move into managing apps. 管理のセクションでは、アプリを共有しバージョン管理する方法を示し、アプリ、データ、およびその他のリソースのコンテナーとなる環境について説明します。The management section shows you how to share and version apps, and introduces environments, which are containers for apps, data, and other resources.

おめでとうございます

Microsoft PowerApps のガイド付き学習の「Common Data Service からアプリを作成」セクションは以上です。You've completed the Creating an app from the Common Data Service section of Microsoft PowerApps Guided Learning.

これまでに学習した内容

次のチュートリアル

アプリの管理Managing apps

共同作成者

  • Michael Blythe
  • olprod
  • Alisha-Acharya