アプリの管理Managing apps

同僚や他のユーザーとアプリを共有し、使用および共有するアプリのバージョンを制御します。Share apps with colleagues and others, and control which version of an app is used and shared. アプリ、接続、およびその他のリソースのコンテナーを操作します。Work with containers for apps, connections, and other resources.

これから学習する内容

アプリの共有Share your apps

独自のビジネス ニーズに対応するアプリを構築することは素晴らしいのですが、PowerApps の真価は構築したアプリを他のユーザーと共有できることで発揮されます。It's great to build apps that address your own business needs, but the real magic of PowerApps comes from sharing those apps with others. アプリを構築する方法を理解したところで、このトピックでは、共有する方法を学習しましょう。Now that you know how to build an app, in this topic you will learn how to share it. アプリは、特定のユーザーまたはグループと共有することも、組織全体で共有することもできます。You can share an app with specific users or groups, or you can share it with your entire organization. 他のユーザーとアプリを共有すると、他のユーザーがアプリをブラウザーで Dynamics 365 から実行したり、PowerApps Mobile for Windows、iOS、Android で実行したりできるようになります。When you share an app with someone, they can run it from Dynamics 365 in a browser or in PowerApps Mobile for Windows, iOS, or Android. 他のユーザーに共同作成者権限を付与すると、付与されたユーザーはアプリを更新することもできます。If you give someone contributor permissions, they can also update the app.

アプリを共有するための準備をするPrepare to share an app

他のユーザーとアプリを共有する前に、アプリをクラウドに保存する必要があります。You must save an app to the cloud before you can share it with anyone. アプリにわかりやすい名前と説明を付けて、他のユーザーにアプリの目的をわかりやすくし、リストから容易に選択してもらえるようにします。Give the app a meaningful name and description, so people know what your app is about and can easily pick it out from a list. PowerApps Studio で [File] (ファイル) をクリックまたはタップして、説明を入力します。In PowerApps Studio, click or tap File, then enter a description.

アプリの説明

共有アプリに加えたあらゆる変更は、変更を保存するとすぐに、それを共有している他のユーザーに伝えられることに注意してください。Be aware that any changes you make to a shared app will flow through to the people you shared it with as soon as you save the changes. これはアプリを改善した場合は素晴らしいのですが、機能を削除したり大幅に変更したりした場合は他のユーザーに影響を与える可能性もあります。This can be great if you improve the app, but can also impact others if you remove or significantly change features.

アプリを共有するShare an app

web.powerapps.com のアプリのタイル上の省略記号 (.In web.powerapps.com, on an app tile, click the ellipsis (. .. .) をクリックして、[Share] (共有) をクリックします。.), and then click Share.

web powerapps.com からアプリを共有する

ここで、アプリを共有し、アプリのバージョンを管理できます。バージョン管理については、次のトピックで説明します。From here, you can share an app and also control app versioning, which we'll cover in the next topic. アプリを共有するユーザーとグループ、それぞれに与える役割 (ユーザーまたは共同作成者) を指定します。Specify the users and groups to share the app with and what role they should each have - User or Contributor. [Save] (保存) をクリックまたはタップします。Click or tap Save.

ユーザーとグループを選択する

メールでユーザーに通知すると、アプリを共有するすべてのユーザーに Dynamics 365 へのリンクを含むメールが送信されます。If you choose to notify users via email, everyone you shared the app with receives an email with a link to Dynamics 365. アプリの共同作成者には、web.powerapps.com へのリンクも送信されます。Dynamics 365 へのリンクにアクセスしないユーザーには、アプリは表示されません。App contributors also receive a link to web.powerapps.com. If someone doesn't follow the link to Dynamics 365, the app will not show up for them there. アプリは AppSource にありますが、ユーザーが自分で Dynamics 365 に追加する必要があります。It will be in AppSource, but they'll have to add it to Dynamics 365 themselves.

Dynamics 365 のアプリ

アクセス許可とライセンスPermissions and licensing

ここではアクセス許可とライセンスを詳しく説明することはしませんが、共有に関連する基本事項をいくつか説明します。We're not going to get into detail about permissions and licensing, but we want to cover a couple of basics related to sharing:

  • ユーザーと共同作成者には、共有アプリが使用するすべてのデータ接続とゲートウェイへのアクセス許可が必要です。Users and contributors need permissions to any data connections and gateways that a shared app uses. 一部のアクセス許可は暗黙的にアプリに付いていますが、それ以外のアクセス許可は明示的に付与する必要があります。Some permissions come along implicitly with the app, but others must be explicitly granted.
  • アプリが Common Data Service のエンティティを使用している場合は、ユーザーと共同作成者は Common Data Service データベースへのアクセス権が必要です。If the app uses Common Data Service entities, users and contributors need access to the Common Data Service database. 共同作成者は、エンティティを直接操作する場合、PowerApps の "P2" ライセンスも必要です。Contributors also need a PowerApps "P2" license if they work directly with entities.

アプリの共有は簡単で、役に立つと思うアプリを組織内のユーザーに利用可能にするための優れた方法です。Sharing apps is easy, and it's a great way to take an app that you find useful and make it available to people across your organization. 次のトピックでは、アプリを使用し共有しているときに、どのアプリのバージョンがアクティブになるかを制御する方法を説明します。In the next topic we'll explain how to control which version of an app is active when you use and share the app.

アプリのバージョン管理Version your apps

問題が発生した場合や、アプリにするべきではない変更を保存した場合に、PowerApps が役立つことを知っていると便利です。クラウドに保存されているアプリの場合、PowerApps が、加えられた変更の履歴を保持しています。If something goes wrong or you save a change to an app you shouldn't have, it's good to know that PowerApps can help you out. For apps that are saved in the cloud, PowerApps keeps a history of the changes that you make. 保存されているバージョンを表示して、必要な場合は以前のバージョンにアプリを復元することができます。You can view the versions that are saved and restore your app to a previous version if necessary. アプリを共有している場合は、共有相手にも復元されたバージョンが送信されることに注意してください。Be aware that if the app is shared, the people you shared with also receive the restored version.

アプリのバージョンを管理する方法How to version an app

web.powerapps.com のアプリのタイル上の省略記号 (.In web.powerapps.com, on an app tile, click the ellipsis (. .. .) をクリックして、[Details] (詳細) をクリックします。.), and then click Details.

詳細をクリックしてアプリのバージョンにアクセス

ここでは、アプリのバージョン管理を制御できます。前のトピックで説明したアプリの共有もできます。From here, you can control app versioning and also share an app, which we covered in the previous topic. 以前のバージョンのアプリに戻すには、適切なバージョン (この例ではバージョン 3) の [Restore] (復元) をクリックし、確認のためもう一度 [Restore] (復元) をクリックします。To move back to a previous version of an app, click Restore for the appropriate version (version 3 in the example), and click Restore again to confirm. 例で確認できるとおり、PowerApps では、バージョン 3 に復元した後、これをバージョン 4 のただの上書きとしてではなく、新しいバージョン (この例ではバージョン 5) として扱います。As you see in the example, after you restore to version 3, PowerApps treats this as a new version (version 5 in the example), rather than just overwriting version 4.

以前のアプリのバージョンに戻す

バージョン管理は、以前のバージョンのアプリを復元する必要がある場合に非常に役立ちます。アプリでなにか問題が発生した場合、このことを心に留めておいてください。Versioning can be very helpful if you need to restore a previous version of an app, so keep it in mind if you run into any issues with your apps. アプリを共有し、必要な場合には復元する方法を確認したところで、このコースでのアプリケーション管理の最後のトピック、環境の管理に進みましょう。Now that know how to share your apps and restore them if necessary, we'll move on to the last aspect of app management in this course - managing environments.

環境Environments

ここまでのコースで、web.powerapps.com での作業にいくらかの時間を費やしてきました。つまり、お気づきかどうかわかりませんが、ずっと特定の環境で作業をしてきたということです。If you have followed along with the course so far, you've spent some time working in web.powerapps.com. Whether you knew it or not, you have been working in a specific environment the whole time. 環境とは、単にアプリとその他のリソースがグループ化されたものを指します (詳細は後ほど説明します)。An environment is simply a grouping of apps and other resources (more on this in a minute). web.powerapps.com の画面の右上を見ると、現在の環境を表示するドロップダウン メニューがあります。Look at the upper right of the screen in web.powerapps.com, and you see a drop-down menu that shows your current environment.

環境のピッカー

PowerApps を初めてご利用の場合、現時点では既定の環境しかないかもしれません。If you are new to PowerApps, you might have only the default environment at this point. メニューをクリックまたはタップして、その他の環境が利用可能かどうかを確認します。Click or tap the menu to see if there are other environments available.

環境を使用する理由Why use environments?

環境とは、データ接続や Microsoft Flow からのフローなど、アプリおよびその他のリソース用のコンテナーを指します。An environment is a container for apps and other resources, like data connections and flows from Microsoft Flow. ビジネス要件に基づいてグループ化する方法です。It's a way to group things based on business requirements. 既定のものに加えて追加の環境を作成することには、いくつかの理由があります。There are several reasons to create additional environments beyond the default one:

  • 部署ごとに独立してアプリを開発: 大規模な組織では、各部署が別々の環境で作業できます。Separate app development by department: in a large organization, each department could work in a different environment.
  • アプリケーション ライフサイクル管理 (ALM) のサポート: 開発中のアプリと、既に開発が完了して共有しているアプリに、別々の環境を用意できます。Support application lifecycle management (ALM): you could have separate environments for apps in development and apps that you have already finished and shared.
  • データ アクセスの管理: 各環境が別々の Common Data Service データベースを持つことができ、その他のデータ接続は環境特有のものとなります (つまり、環境間で共有されません)。Manage data access: each environment can have its own Common Data Service database, and other data connections are specific to the environment (i.e. they're not shared across environments).

1 つ留意する点として、環境はアプリ作成者と PowerApps 管理者にしか関連しません。One thing to keep in mind is that environments are relevant only to app creators and PowerApps admins. ユーザーにアプリを共有すると、そのユーザーは適切なアクセス許可さえあれば、あとはアプリを実行するだけです。When you share an app to a user, that user just runs the app as long as they have the right permissions. ユーザーは、アプリがどの環境のものであるかについて心配する必要がありません。They don't have to worry about what environment it came from.

環境の作成Create an environment

ここまでこのコースでは、アプリ作成者に焦点を置いてきましたが、環境は管理者によって作成され、管理されるものです。So far in this course, we have focused on app creators, but environments are created and maintained by admins. 管理者でない場合でも、環境の設定について管理者に話すときに、この情報は役に立ちます。If you're not an admin, this information can still be helpful when you talk to your admin about setting up environments. PowerApps 管理センターで、[環境][新しい環境] の順にクリックまたはタップします。In the PowerApps admin center, click or tap Environments then New environment. [新しい環境] の画面で、環境名を入力して、リージョンを選択します。その環境に Common Data Service データベースを作成するかどうかを選択して、[Create an environment (環境を作成)] をクリックまたはタップします。On the New environment screen, enter a name for the environment, select a region, select whether to create a Common Data Services database for the environment, and click or tap Create an environment.

環境の作成

これで、新しい環境で作業ができるようになりました。That's it, you now have a new environment to work in. web.powerapps.com に戻ると、[環境] のドロップダウン メニューに新しい環境が表示されます。If you go back to web.powerapps.com, you will see it in the environments drop-down menu.

環境へのアクセス権の管理Manage access to an environment

次の場合、環境にアクセスすることができます。You have access to an environment if you are:

  • Environment Admin: 環境内で完全なアクセス許可があります。An Environment Admin: you have full permissions in the environment.
  • Environment Maker: すべてのアプリを参照、作成し、Common Data Service で作業できます (他のアクセス許可が適用されます)。An Environment Maker: you can see all apps, create apps, and work with the Common Data Service (other permissions apply).

管理者として、[環境] タブから環境へのアクセス許可を付与できます。最初に、環境をクリックまたはタップします。As an admin, you grant access to an environment from the Environments tab. First, click or tap an environment. ユーザー (この例ではEnvironment Maker) を追加するには、[Environment roles (環境ロール)][Environment Maker] の順にクリックまたはタップします。To add someone (an Environment Maker in this example), click or tap Environment roles then Environment Maker. そこから、ロールにユーザーまたはグループを追加して、[保存] をクリックします。From there, add users or groups to the role and click Save.

環境へのアクセスの管理

環境のメリット、作成方法、アクセス許可の方法について説明してきました。You now understand the benefits of environments, and how to create them and grant access to them. 管理者ロールではない場合でも、この仕組みを知っておくと役に立ちます。Even if you're not in an admin role, it's helpful to know how this works. アプリの管理に関するセクションはこれで終了です。データの管理に関する次のセクションに進む準備ができました。こちらでは、Common Data Service に焦点を当てます。This brings us to the end of the Managing apps section, and you're well prepared to move on to the next section, "Managing data", which focuses on the Common Data Service.

おめでとうございます

Microsoft PowerApps のガイド付き学習の「アプリの管理」セクションは以上です。You've completed the Managing apps section of Microsoft PowerApps Guided Learning.

これまでに学習した内容

次のチュートリアル

データの管理Managing data

共同作成者

  • Michael Blythe
  • olprod
  • Alisha-Acharya