データの管理Managing data

Common Data Service でデータを格納およびモデル化する方法を理解します。Understand how to store and model data in the Common Data Service. ビジネス データとプロセスにマップされるエンティティを定義して使用し、カスタム エンティティで共通のデータ モデルを拡張します。Define and use entities that map to your business data and processes, and extend the common data model with custom entities. ロール ベースのセキュリティを使用してエンティティへのアクセスを制御します。Use role-based security to control access to entities. サービスと Excel でデータを直接操作します。Work with data directly in the service, and in Excel.

これから学習する内容

Common Data ServiceThe Common Data Service

データは、ビジネス アプリケーションとビジネス プロセスの中核です。これには Excel、SQL Server のようなオンプレミス ソース、および Salesforce や SharePoint Online などのクラウド ソースからのデータがあります。Data is at the heart of business applications and processes - data from Excel, from on-premises sources like SQL Server, and cloud sources like Salesforce and SharePoint Online. データは、顧客、販売、従業員などの多くのことに関連しているものですが、共通しているのは、データがビジネスにとって不可欠であり、PowerApps でビルドするアプリで重要な役割を果たすということです。Data can be related to customers, sales, employees, and many other things, but the common theme is that data is crucial to your business, and it plays a key role in the apps you build in PowerApps. このコースではこれまで、複数の種類のデータ ソースについて学び、使用してきました。また、Microsoft Common Data Service についても以前に紹介しました。You have seen and worked with different types of data sources so far in the course, and we introduced the Microsoft Common Data Service earlier. このセクションでは、その詳細とメリットを説明し、サービスの使用方法を紹介します。In this section, we'll spend some time getting into the details, explaining the benefits, and showing you how to use the service.

サービスについてUnderstanding the service

下に図が 2 つあります。Let's get oriented with a couple of diagrams. 1 つ目の図は以前ご覧になったことがあるかもしれません。Microsoft ビジネス アプリケーション プラットフォームのコンポーネントを表したものです。You might have seen the first diagram before - it shows the components of the Microsoft business application platform. 現時点で既に PowerApps についてはよくご存じでしょうし、Microsoft Flow、Power BI やその他のコンポーネントも使用したことがあるかもしれません。You're obviously acquainted with PowerApps by this point, but you might have also used Microsoft Flow, Power BI, or other components. ここでわかることは、Common Data Service およびコネクタとゲートウェイがこれらすべてのコンポーネントに関連しているということです。What you see is that the Common Data Service and connectors and gateways are relevant for all of these components. 現時点では、Common Data Service は主に PowerApps と Microsoft Flow で使用されていますが、いずれはその他のコンポーネントでも利用可能になります。Right now, the Common Data Service is used primarily with PowerApps and Microsoft Flow, but it will be available for other components in time.

ビジネス プラットフォームの図

Common Data Service の位置付けがわかったところで、次はその中の部分を見てみましょう。Now that you understand where the Common Data Service fits in, let's look at its parts. Common Data Service は階層として捉えてください。Think of the Common Data Service as a hierarchy. 最下位レベルでは、スケーラブルで信頼性の高い方法でデータが格納され、複数のアプリケーションでデータを利用できます。At the bottom level, the service stores data in a scalable and reliable way, and makes the data available so that multiple applications can use it. 次のレベルは、アプリケーションとビジネス プロセスで使用される、多くのエンティティを含む共通のデータ モデルです。エンティティには、アカウント、連絡先、製品、および販売注文などがあります。The next level is the common data model that includes many entities used in applications and business processes: entities like Account, Contact, Product, and Sales Order. 標準のエンティティを拡張して、ビジネス ニーズを満たす独自のエンティティを作成できます。You can extend the standard entities and create custom ones to meet your business needs.

Common Data Service のアーキテクチャ図

エンティティとは単に、エンティティを記述するメタデータ (フィールド名やデータの型など) と、そこに保存するデータの組み合わせを指します。An entity is just a combination of the metadata that describes it (field names, data types, and so on) and the data that you store in it. Access などのデータベースをご存じでしょうか。エンティティはテーブルに非常によく似ています。If you know Access or another database, an entity is very much like a table. エンティティの詳細については次のトピックで触れますが、ここでは Common Data Service でエンティティ データを利用することのメリットについて考えます。We will get into entities more in the next topic, but for now consider the benefits of working with entity data in the Common Data Service:

  • 管理が容易: メタデータとデータはどちらもクラウド上に保存されます。Easy to manage: Both the metadata and data are stored in the cloud. 保存方法の詳細を気にする必要がありません。You don't need to worry about the details of how they're stored.
  • 共有が容易: アクセス許可は PowerApps が管理するため、同僚とのデータの共有が容易になります。Easy to share: You can easily share data with your colleagues because PowerApps manages the permissions.
  • セキュリティ保護が容易: データが安全に保存されるため、アクセスが許可されたユーザー以外はデータを表示できません。Easy to secure: Data is securely stored so that users can see it only if you grant them access. ロール ベースのセキュリティにより、組織内のユーザー別にエンティティへのアクセスを制御できます。Role-based security allows you to control access to entities for different users within your organization.
  • 豊富なメタデータ: データの型とリレーションシップは PowerApps 内で直接活用されます。Rich metadata: Data types and relationships are leveraged directly within PowerApps. たとえば、フィールド タイプ URL を定義すると、アプリ内でデータがハイパーリンクとして表示されます。For example, defining a field type URL will present your data as a hyperlink within your app.
  • 生産性向上ツール: エンティティは、Microsoft Excel および Outlook 内のアドイン内で利用可能で、生産性を向上させ、データを常にアクセス可能にします。Productivity tools: Entities are available within the add-ins for Microsoft Excel and Outlook to increase productivity, and ensure your data is accessible.
  • 候補リスト: 豊富な標準ピックリストのセットを含み、エンティティとアプリ内ですばやくドロップ ダウンを提供します。Picklists: Include picklists from a rich set of standard picklists to provide quick drop downs within your entities and apps.

Common Data Service データベースの作成Create a Common Data Service database

Common Data Service データベースは環境内に作成します。You create a Common Data Service database in an environment. 環境については以前このコースで説明したため、簡単に復習すると、環境とは、Common Data Service のようなアプリやその他のリソースのコンテナーを指します。You learned about environments earlier in the course, so just a quick recap: an environment is a container for apps and other resources, like the Common Data Service. 各環境にはサービスのインスタンスを 1 つだけ関連付けることができます。Each environment can have one instance of the service associated with it. 環境の管理者で、サービスを環境に追加する場合は、以下の手順を実行します。If you are an Environment Admin, and you want to add the service to an environment, follow these steps.

[Home] (ホーム) タブから、[Create Database] (データベースの作成) をクリックします。From the Home tab, click Create Database.

Common Data Service データベースの作成

データベースへのアクセスを制限するかどうかを指定し、[Create my database (データベースを作成)] をクリックします。Specify whether you want to restrict access to the database, then click Create my database.

Common Data Service アクセス権の指定

プロセスが完了したら、共通のデータ モデルに含まれている標準的なエンティティがすべて表示されます。When the process is complete, you see all the standard entities that are included in the common data model. 以下にその一部を示します。Some of them are shown below.

Common Data Service の標準エンティティ

これまでにデータベースを使用したことがない場合は、今回のトピックにはなじみのない箇所があったかもしれません。Some of this topic might have been unfamiliar territory if you haven't worked with databases before. しかし全般的な概念はきわめて簡単で、Common Data Service により、安全かつ信頼性の高い方法でデータを保存し、アカウント、連絡先、製品、および販売注文のような一般的なエンティティの観点からデータを扱うことができます。But the general concept is pretty straightforward: the Common Data Service provides a secure and reliable way to store data and to treat that data in terms of common entities like Account, Contact, Product, and Sales Order. 次のトピックでは、エンティティの詳細を説明します。In the next topic, we'll dive a deeper into entities.

Common Data Service エンティティの詳細Understand Common Data Service entities

このセクションの最初のトピックでは、Common Data Service について説明しました。Common Data Service には共通のデータ モデルが含まれています。In the first topic in this section, we introduced you to the Common Data Service, which includes a common data model. モデルにはエンティティが含まれています。The model in turn contains entities. エンティティは共有データのチャンクで、変更、保存、取得、および対話することができます。Entities are chunks of shared data that can be modified, stored, retrieved, and interacted with. このトピックでは、エンティティ、フィールド、およびデータ型について詳しく説明します。In this topic, you'll learn more about entities, fields, and data types.

標準エンティティStandard entities

共通のデータ モデルには、さまざまな一般的なビジネス ニーズに対応する標準エンティティのセットが付属しています。The common data model comes with a set of standard entities that cover a range of common business needs. 標準エンティティの一部を以下に示します。Some of the standard entities are shown below.

Common Data Service の標準エンティティ

エンティティはカテゴリ別に分類されているので、ソリューション内で通常連動するエンティティを簡単に確認できます。The entities are grouped into categories so it's easy to see which ones typically work together in a solution.

機能グループFunctional group 説明Description
Customer ServiceCustomer Service Customer Service のエンティティを使用して、顧客から寄せられた問題について、追跡、エスカレーション、文書化などの管理を行うことができます。The Customer Service entities manage issues from your customers, including tracking, escalation, and documentation.
FoundationFoundation Foundation のエンティティには、他のエンティティ グループのほぼすべてに関連する情報が含まれます。The Foundation entities contain information that is relevant to nearly every other entity group. このグループには、住所や通貨などのエンティティが含まれています。This group contains entities such as Address and Currency.
People、Organizations、GroupsPeople, Organizations, and Groups これらのエンティティには、従業員、契約社員、寄贈者、ボランティア、ファン、同窓生、家族など、やり取りする可能性のある人や組織の豊富なセットが含まれています。These entities encompass a rich set of people and organizations that you might interact with, including employees, contractors, donors, volunteers, fans, alumni, and families.
PurchasingPurchasing Purchasing のエンティティを使用して、購入ソリューションを作成できます。The Purchasing entities let you create purchasing solutions.
セールスSales Sales のエンティティを使用して、潜在顧客と案件の追跡から、連絡先の管理、注文の受け付けと配送、請求書の送信まで、エンド ツー エンドのセールス ソリューションを作成できます。The Sales entities let you create end-to-end sales solutions, from tracking leads and opportunities, to following through with contacts, accepting and delivering orders, and sending invoices.

フィールドとデータ型Fields and data types

各エンティティには、変更や削除ができない既定のフィールドのセットが含まれています。Each entity contains a set of default fields that you can't change or delete. そうしたフィールドの一部 (Contact ID (連絡先 ID) など) はエンティティに固有のフィールドです。Some of those fields, like Contact ID, are specific to an entity. それ以外 (Created on date time (作成日時) など) はすべてのエンティティに共通のフィールドです。Others, like Created on date time, are common to all entities. 標準エンティティは、フィールドを追加することで拡張できます。You can extend standard entities by adding fields. [Add field] (フィールドの追加) をクリックまたはタップして、新しいフィールドのプロパティを指定するだけです。Just click or tap Add field and specify the new field's properties.

Contact (連絡先) エンティティのフィールドとデータ型

まったく異なるエンティティが必要 (標準エンティティの拡張では不十分) な場合は、カスタム エンティティを作成します。If you need an entity that is completely different (i.e. extending a standard entity isn't enough), you create a custom entity. カスタム エンティティの作成については、次のトピックで説明します。We will cover that in the next topic.

エンティティの各フィールドは、Number などのデータ型を持っています。The fields in an entity each have a data type, like Number. 単一の汎用データ型ではなくさまざまなデータ型があれば、アプリですばらしい処理を行うことができるので、便利です。Having different data types, rather than a single generic data type is helpful because it lets your apps to do all sorts of cool things. たとえば、Number 型のフィールドを使用する場合は、ユーザーがそのフィールドを編集するときに、アプリでスライダー コントロールを使用できます。For example, when you have a field of type Number, your apps can use a slider control when a user edits that field. 12 種類以上のデータ型から選択することができます。次の一覧に代表的な型をいくつか示します。You can choose from more than a dozen data types - the following list shows some representative types:

  • 基本的な型。Text、Number などBasic types, like Text and Number
  • より複雑な型。Email、Phone などMore complex types, like Email and Phone
  • 特殊な型。Lookup (リレーションシップを作成する)、Picklist (フィールドの固定値セットを保持する) などSpecial types, like Lookup (for creating relationships) and Picklist (to hold a fixed set of values for a field)

エンティティの操作Working with entities

エンティティを開くと、多くの情報といくつか実行できる操作が表示されます。When you open an entity, you see a lot of information and several actions that you can take. 使用可能なタブと、エンティティ データを管理するために実行できるアクションを簡単に確認しましょう。We'll briefly look at the tabs that are available, and the actions you can take to manage entity data.

エンティティのタブ

  • Fields (フィールド): 「フィールドとデータ型」と「フィールドの追加」を参照してください。これらはすべて上記の説明の通りです。Fields: see fields and data types, and add fields, all of which we discussed above.
  • Key (キー): エンティティ内の各行を識別するフィールド。Contact (連絡先) エンティティの Contact ID (連絡先 ID) など。Key: the field that identifies each row in an entity, like Contact ID for the Contact entity.
  • Relationships (リレーションシップ): 関連するエンティティ間のつながり。Product (製品) と Product category (製品カテゴリ) など。Relationships: connections between related entities like Product and Product category. この例は次のトピックで確認します。We'll see an example in the next topic.
  • Field groups (フィールド グループ): さまざまな動作を制御するために使用します。PowerApps でアプリの画面を作成するときに自動的に表示するフィールドなど。Field groups: used to control various behaviors, like which fields to automatically show when you create an app screen in PowerApps.
  • Data (データ): サンプル データと、インポート後の独自のデータを参照します。Data: browse sample data and your own data after it's imported.

エンティティのアクション

  • Open in Excel (Excel で開く): PowerApps アドインをインストールしてある場合は、このオプションを使って Excel でデータを表示して編集します。Open in Excel: if you have the PowerApps add-in installed, use this option to explore and edit your data in Excel.
  • Import data (データのインポート): Excel および CSV ファイルからデータを取り込みます。Import data: bring in data from Excel and CSV files.
  • Export data (データのエクスポート): データを Excel ファイルにエクスポートします。Export data: export data to an Excel file.
  • Export template (テンプレートのエクスポート): ファイルを作成し、エンティティにインポートして戻せるように、エンティティの構造を Excel ファイルにエクスポートします。Export template: export the structure of an entity to an Excel file so you can populate the file and import it back into the entity.
  • Settings (設定)Delete (削除): 標準エンティティでは利用できません。Settings and Delete: not available for standard entities.

PowerApps Studio での標準エンティティの接続Connecting to a standard entity in PowerApps Studio

エンティティとはどういうものか理解したところで、PowerApps Studio で Contact (連絡先) エンティティに接続する方法を見てみましょう。Now that you understand what entities are, we'll look at how to connect to the Contact entity in PowerApps Studio. [New] (新規) をクリックして、[Common Data Service] の下の [Phone layout] (電話レイアウト) をクリックします。Click New, then under Common Data Service, click Phone layout. 左側に使用できるデータ接続、右側にエンティティのリストが表示されます。You see available data connections on the left and the list of entities on the right. 自力で接続して、エンティティからアプリを生成してみてください。Try connecting on your own, and generate an app from the entity.

PowerApps Studio でエンティティに接続する

次のトピックでは、カスタム エンティティとエンティティ間のリレーションシップを作成する方法について説明します。In the next topic, we'll show you how to create custom entities, as well as relationships between entities.

カスタム エンティティの作成Create custom entities

Common Data Service は、小規模の店舗から大企業まで、すべてのビジネス カスタマー向けに設計されています。The Common Data Service is designed for all our business customers, from the smallest shops to the largest enterprises. 共通のデータ モデルには、多くの一般的なビジネス シナリオに対応する一連の標準エンティティが含まれています。前のトピックでは、必要な場合に、これらの標準エンティティを拡張できることを学習しました。The common data model includes a set of standard entities that address many common business scenarios, and you saw in the previous topic that you can extend those standard entities if necessary. しかし、ビジネスに固有の問題を解決するために、まったく異なるエンティティが必要になる場合があります。But sometimes you need something completely different to solve problems specific to your business. そのような場合はカスタム エンティティが必要です。このトピックではカスタム エンティティを構築する方法を説明します。In that case you need a custom entity, and we'll show you how to build one in this topic.

エンティティを作成する方法は、2 つあります。There are two ways to create an entity:

  • 最初からエンティティを作成する。Create the entity from scratch. このトピックではこの方法をとります。This is what we'll do in this topic.
  • 別のエンティティのフィールドと設定をコピーして (そのデータはコピーしない)、そのエンティティをもとに新しいエンティティを作成する。Create an entity that is based on another entity, by copying the fields and settings of that entity, but not its data.

最初からエンティティを作成するCreating an entity from scratch

この例では、Product review (製品のレビュー) という名前のカスタム エンティティを最初から作成します。For this example, we'll create a custom entity called Product review, from scratch. まず、[Entities] (エンティティ) タブで [New Entity] (新しいエンティティ) をクリックします。To start, on the Entities tab click New Entity. エンティティ名 (スペースや特殊文字は含めない)、わかりやすい表示名、意味のある説明を入力します。Enter an Entity name (no spaces or special characters), a friendly Display name, and a meaningful Description. そして、[Next] (次へ) をクリックします。Then click Next.

新しいエンティティ

次の画面には、既定のフィールドが 5 つ表示されています。これらはすべて標準エンティティとカスタム エンティティに含まれているものです。On the next screen, you see the five default fields that all standard and custom entities contain. [Add field] (フィールドの追加) をクリックして、独自のフィールドの追加を開始します。Click Add field to start adding your own.

既定のエンティティ フィールド

この例では、次の 4 つのフィールドを追加しましょう。For this example, let's add four fields:

  • Review Date (レビュー日)。日付フィールド、必須。Review Date, which is a date field, and is required.
  • Product Rating (製品評価)。整数フィールド、必須。Product Rating, which is an integer field, and is required. ここでは、特定の値 (1 ~ 5 など) だけを指定できる候補リストを使うこともできますが、いったん使用しないでわかりやすくしておきます。We could use a picklist here that allows you to specify only certain values (like 1-5), but we'll keep it simple right now.
  • Reviewer Name (レビュー担当者名)。テキスト フィールド。必須ではありません。Reviewer Name, which is a text field, and isn't required
  • Reviewer Comment (レビュー担当者コメント)。テキスト フィールド。このフィールドも必須ではありません。Reviewer Comment, which is a text field, and also isn't required.

エンティティに満足したら、[Create] (作成) をクリックします。When you're happy with the entity, click Create. エンティティは、作成されたときはデータがありません。When the entity is created, it doesn't have any data in it. データをインポートする方法は、次のトピックで説明します。We'll show how to import data in the next topic.

カスタム エンティティ フィールド

2 つのエンティティ間のリレーションシップを作成するCreating a relationship between two entities

各レビューを特定の製品に関連付けたいので、Product review (製品のレビュー) エンティティと Product (製品) エンティティの間のリレーションシップを作成する必要があります。Because we want to associate each review with a particular product, we need to create a relationship between the Product review entity and the Product entity. Product review (製品のレビュー) エンティティの [Relationships] (リレーションシップ) タブで [New relationship] (新しいリレーションシップ) をクリックします。In the Product review entity, on the Relationships tab, click New relationship. 次に、[Related entity] (関連エンティティ) を選択して、名前表示名、および説明を入力します。Then select a Related entity, and enter a Name, a Display name, and a Description. [Save] (保存) をクリックしてリレーションシップを作成します。Click Save to create the relationship.

エンティティ間のリレーションシップを作成する

PowerApps Studio でカスタム エンティティに接続するConnecting to a custom entity in PowerApps Studio

PowerApps Studio でカスタム エンティティに接続する方法は、標準エンティティの接続とほとんど同じです。Connecting to a custom entity in PowerApps Studio is just like connecting to a standard entity. [New] (新規) をクリックして、[Common Data Service] の下の [Phone layout] (電話レイアウト) をクリックします。Click New, then under Common Data Service, click Phone layout. 左側に使用できるデータ接続、右側にエンティティのリストが表示されます。You see available data connections on the left and the list of entities on the right.

PowerApps Studio でエンティティに接続する

次のトピックでは、Common Data Service でデータを管理する方法を説明します。In the next topic, we'll show you how to manage data in the Common Data Service.

エンティティ データの管理Manage entity data

このトピックでは、Common Data Service でのデータ管理を取り上げます。In this topic, we'll cover data management in the Common Data Service. データのインポートおよびエクスポートについては他のトピックでも取り上げてきましたが、ここでは Excel でのデータ操作についてより多くの時間をとります。We have touched on importing and exporting data in other topics, but we'll spend more time now on working with data in Excel.

Excel または CSV からデータをインポートするImport data from Excel or CSV

この例では、Excel から 1 つ前のトピックで作成した Product review (製品のレビュー) エンティティにデータをインポートします。In this example, we'll import data from Excel into the Product review entity that we created in the last topic. データは、CSV ファイルからもインポートできます。CSV はデータを移動するための共通の形式です。You can also import data from CSV files, which is a common format to move data around. ここで、エンティティの外観を確認しましょう。強調表示されている領域がこのトピックで注目する領域です。Here's a reminder of what the entity looks like; the highlighted area is what we'll focus on in this topic.

Product review (製品のレビュー) エンティティ

エンティティ内の [Import data] (データのインポート) をクリックして、インポート元のファイルに移動します。In an entity, click Import data, then navigate to the file you want to import from. [Show mapping] (マッピングの表示) をクリックして、Excel ファイル内の列がエンティティの正しいフィールドに関連付けられていることを確認します。Click Show mapping and make sure the columns in the Excel file are associated with the right fields in the entity. マッピングが完了したら、[Save changes] (変更の保存) をクリックします。When you're happy with the mappings, click Save changes. メインのインポート画面に戻って、[Import] (インポート) をクリックします。Back on the main import screen, click Import.

Excel からデータをインポートする

Excel にデータをエクスポートするExport data to Excel

Common Data Service の外でデータにアクセスする必要がある場合は、データをエクスポートします。Export data if you need access to it outside the Common Data Service. エンティティ内の [Export Data] (データのエクスポート) をクリックして、zip ファイルが生成されるまで待ちます。In an entity, click Export Data, and then wait for the zip file to be generated. zip ファイルを開いて、エクスポートされたデータを確認します。Open the zip file and you see the exported data. Excel にデータをエクスポートするExport data to Excel

Excel にテンプレートをエクスポートするExport a template to Excel

データをダウンロードするほかに、テンプレートをダウンロードすることができます。In addition to downloading data, you can download a template. テンプレートは、エンティティのフィールドに一致する構造を持つ Excel ファイルですが、データは含みません。A template is an Excel file with a structure that matches the fields of an entity, but without the data. テンプレートをダウンロードした後、手動またはプログラムでデータを設定して、サービスにインポートして戻します。After you download the template, you populate it manually or programmatically, and import it back into the service. エンティティ内の [Export Template] (テンプレートのエクスポート) をクリックして、必要なフィールドを指定します (ここではフィールドを 1 つ選択しました)。In an entity, click Export Template, then specify the fields you want (in this case I selected a single field). [Export to Excel] (Excel にエクスポート) をクリックして、Excel ファイルが生成されるまで待ちます。Click Export to Excel, and then wait for the Excel file to be generated. Excel ファイルを開いて、エクスポートしたテンプレートに選択したフィールドがあることを確認します。Open the Excel file and you see the exported template with the fields you selected.

Excel にテンプレートをエクスポートする

Excel でデータを開いて操作するOpen and work with data in Excel

最後に、[Open in Excel] (Excel で開く) オプションを確認しましょう。The last thing we'll look at is the Open in Excel option. PowerApps アドインをインストールしてある場合は、このオプションを使用して Excel でデータを表示して編集することができます。If you have the PowerApps add-in installed, you can use this option to explore and edit your data in Excel. エンティティ内の [Open in Excel] (Excel で開く) をクリックして、ファイルを開きます。In an entity, click Open in Excel, then open the file. 編集を有効にすると、アドインによってサービスのエンティティとのライブ接続が確立されて、ブックにデータが表示されます。Enable editing, then the add-in establishes a live connection to the entity in the service and populates the workbook. ブック内で直接編集するので、行の追加や削除ができます。You edit directly in the workbook, and can add and delete rows. [Publish] (発行) をクリックして変更を保存します。Click Publish to save changes. データを更新して最新のコピーがあるかどうか確認することもできます。データをフィルター処理することもできます。フィルター処理は、エンティティ内に大量のデータがある場合に特に便利です。You can also refresh data to make sure you have an up-to-date copy; and filter data, which is especially handy if an entity has a lot of data in it.

Excel で開く

Common Data Service でのデータ管理に関するトピック (データのインポートとエクスポート、Excel での操作) は以上です。That wraps up the topic on managing data in the Common Data Service—importing, exporting, and working with data in Excel. 次のトピックでは、データのセキュリティ管理について説明します。In the next topic, we'll talk about managing data security.

Common Data Service セキュリティCommon Data Service security

このトピックでは、Common Data Service でのセキュリティを取り上げます。In this topic, we'll cover security in the Common Data Service. このサービスでは、ロール ベースのシステムを使用してユーザーにデータへのアクセス許可を付与します。The service uses a role-based system to grant users permissions to data. このセキュリティ モデルは階層化されており、各レベルがそれぞれのアクセス レベルを表しています。The security model is a hierarchy, with each level representing a different level of access. 最下位レベルには、単一エンティティでの個別の作成、読み取り、更新、および削除のアクセス許可があります。At the lowest level are individual create, read, update, and delete permissions on a single entity. これらのエンティティ レベルのアクセス許可が 1 つになり、アクセス許可セットが形成されます。A collection of these entity-level permissions forms a permission set. 1 つまたは複数のアクセス許可セットが、ロールによって使用されます。One or more permission sets can then be used by a role. ロールは最上位レベルにあり、ユーザーまたはユーザー グループに必要なすべてのアクセス許可が含まれています。A role is at the top level - encompassing all the permissions needed by a user or a group of users.

ロールとアクセス許可セットについてUnderstanding roles and permission sets

このコースでは主に、powerapps.com および PowerApps Studio に注目してきました。In most of this course, we've focused on powerapps.com and the PowerApps Studio. このトピックでは、PowerApps 管理センターに焦点を当てます。In this topic, we will be in the PowerApps admin center. 管理センターで環境をクリックすると、[セキュリティ] のタブの下に [Environment roles (環境ロール)] (前のトピックを参照)、[ユーザー ロール]、および [Permission sets (アクセス許可セット)] が表示されます。If you click on an environment in the admin center, under Security you see tabs for Environment roles (whch we looked at in a previous topic), User roles and Permission sets. 既定では、ユーザー ロールは 2 つあります。By default, there are two user roles:

  • データベースの所有者は管理者ロールで、すべてのエンティティへのフル アクセス権があります。Database Owner is an administrative role that gives full access to all entities.
  • 組織のユーザーは、すべてのユーザーに既定で割り当てられているロールです。Organization user is the default role assigned to all users. このロールでは、すべてのユーザーが公開データを含むエンティティへアクセスすることができます。This role provides all users access to entities that contain public data.

管理センターのユーザー ロール

既定では、各エンティティにはアクセス許可セットが 2 つあります。By default there are two permission sets for each entity

  • [管理] では作成、読み取り、更新、削除のアクセス許可を含む、完全なコントロールが付与されます。Maintain gives full control: create, read, update, and delete permissions.
  • [ビュー] では読み取り専用アクセスが付与されます。View gives read-only access.

次の画像では、アカウント エンティティの既定のアクセス許可セットを表示しています。The following image shows the default permission sets for the Account entity.

管理センター アクセス許可セット

このビデオでは、追加のロールおよびアクセス許可セットを作成し、アプリケーションへのきめ細かいアクセスを有効にする方法を紹介します。In the video, we show you how to create additional roles and permission sets so you can enable fine-grained access for your applications. 以前のトピックで作成したカスタム エンティティに完全なアクセス権を付与する製品レビューの管理、およびアクセス許可セットを割り当てる ReviewApp 所有者ロールを作成します。We create a Maintain product review permission set that gives full access to the custom entity we created in an earlier topic and a ReviewApp Owner role that we assign the permission set to.

データベースへのアクセスを制限するRestrict access to a database

以前のトピックでデータベースを作成したときは、データベースへのアクセス権を既定のオープンのままにしていました。When we created a database in an earlier topic, we stayed with the default of open access to the database. アクセス権を変更するには、[データベース] タブで [アクセスの制限] をクリックして、変更することを確認します。To change the access, on the Database tab click Restrict access, and then confirm that you want to make the change.

データベースへのアクセスを制限する

制限モードでは、すべてのユーザーに 1 つまたは複数のロールが割り当てられている必要があります。In restricted mode, every user must have one or more role assigned to them. ロールは、会社内のどの職位についても設定でき、その職位の人になら誰でも割り当てられます。A role can be set up for a given position within your company, and assigned to any person who is in that position. 所属している Azure Active Directory グループに基づいて、自動的にユーザーをロールに追加することもできます。Users can also be automatically added to a role based on the Azure Active Directory groups they belong to.

まとめWrapping it up

セキュリティは複雑なトピックですが、アクセス権の階層が最も重要な点です。Security can be a complex topic, but just remember the hierarchy of permissions. エンティティでの作成、読み取り、更新、削除のアクセス許可に始まり、アクセス許可セットが形成され、ロールに割り当てられます。It starts with create, read, update, and delete permissions on an entity, which can form permission sets, which are then assigned to roles. 柔軟なシステムであるため、データ アクセスを非常に細かく制御できるようになります。It's a flexible system that enables you to control data access in a fairly granular way.

以上で Common Data Service のセクションは終了です。このガイド学習コースも終了です。Well, this brings us to the end of our section on the Common Data Service and also the end of this Guided Learning course. 楽しみながら学んでいただけたでしょうか。ご意見がある場合はお知らせください。今後もコンテンツが追加される予定ですので、またこのページを確認してください。We hope you've enjoyed it and learned a lot - let us know if you have any feedback, and check back because we plan to add content over time. さらに詳細をお知りになりたい場合は、「PowerApps の概要」を参照してください。For more in-depth content right now, check out the PowerApps documentation.

おめでとうございます

Microsoft PowerApps のガイド付き学習の「データの管理」セクションは以上です。You've completed the Managing data section of Microsoft PowerApps Guided Learning.

これまでに学習した内容

共同作成者

  • Michael Blythe
  • olprod
  • Alisha-Acharya