開発者学習カタログ

他のデータ ソースとの統合、コア システム機能の拡張、または複雑なアプリケーションの構築のためコードを記述する必要がありますか?

次のカタログは、コア知識から特定のドメイン、また最も基本的なものから最も高度なものまで編成されています。 コンテンツが複数の形式で存在する場合、ニーズに最適なトレーニング形式を選択できるようにお知らせします。

ビルド

内容 説明 書式 長さ
Power Platform を使用した開発の概要 では、Power Platform 開発者になりたいのですね! この学習パスは Power Platform のプラットフォーム ツールとエコシステムについて学習するための最初のステップです。 マイペースで進められる無料のラーニング パス 2 時間

拡張

内容 説明 書式 長さ
Power Platform Microsoft Dataverse の拡張 この学習パスでは、クライアント スクリプトの作成、クライアント スクリプトで一般的なアクションの実行、クライアント スクリプトで使用したビジネス プロセス フローの自動化について説明します。 クライアント スクリプトで実行できる処理、ルール、およびスクリプトの管理について学習します。 クライアント スクリプトを使用する場合と使用しない場合を検出します。 マイペースで進められる無料のラーニング パス 4 時間
Power Platform ユーザー エクスペリエンスの拡張モデル駆動型アプリ Power Platform Dataverse の拡張の開始は、大変な作業です。 この学習パスでは、Power Platform の拡張に必要なツールとリソースについて確認します。 まず、SDK、機能拡張モデル、イベント フレームワークについて説明します。 この学習パスでは、プラグインを使用する場合についても説明します。プラグインの構成、およびプラグインの登録と展開。 マイペースで進められる無料のラーニング パス
Dynamics 365 ポータルの拡張 外部向け Web サイト上の Dataverse データに簡単にアクセスして対話できることは、Dynamics 365 ポータルを実装する上で主要なメリットです。 このラーニング パスでは、コンテンツ ポータルを Dataverse とやり取りをする完全な Web アプリに変える方法について説明します。 認証されたユーザー ロールとデータとの関係に基づき、データ アクセスを保護する方法について説明します。 また、ポータル機能を拡張して Office 365 および Power Platform コンポーネントと統合するためにカスタマイザーおよび開発者が利用可能なオプションについても説明します。 マイペースで進められる無料のラーニング パス 3 時間
Dynamics 365 でポータル使って作業する Dynamics 365 ポータルは、内部および外部の対象者との相互作用のために設計されています。 コンテンツの管理と設計には追加の要件が存在し、同時にコンテンツを保護する必要があります。 このラーニング パスでは、Dynamics 365 のコンテキスト内でポータル コンポーネントが、どのように機能してコンテンツや Dataverse for Apps データを外部および内部のユーザーに提供するかについて説明します。 ユーザー認証のトピックと、対象者とコンテンツとの関係に基づいて、ポータルコンテンツのさまざまな部分へのアクセスを保護する方法について説明します。 マイペースで進められる無料のラーニング パス 1 時間
Dataverse Web API を使って作業する Dataverse Web API を使っての作業に関する説明 マイペースで進められる無料のラーニング パス 2 時間
Dataverse Azureソリューションを統合する Dataverse 内で利用可能なオプションの詳細な概要を入手して、データとイベントを Azure に統合します。 マイペースで進められる無料のラーニング パス 2 時間
Dynamics 365 ポータルでの Dataverse データへのアクセス Web サイト上の Dataverse データに簡単にアクセスして対話できるということは、Dynamics 365 ポータルを実装する上での主要なメリットです。 このモジュールでは、Dynamics 365ポータル上で Dataverse のデータを使って表示および対話するための手法と方法に焦点を当てます。 マイペースで進められる無料のラーニング パス 1 時間
Microsoft Power Apps + Dynamics 365 デベロッパー このコースでは、Power Apps デベロッパーが Power Platform、Microsoft Stack、および標準の開発ツールとプラクティスの既存の知識の上に構築されていきます。 Power Apps デベロッパーは、努力と範囲を見積もり、要件を検証し、技術アーキテクチャを設計(データモデルの作成、実装ツールの決定、技術設計の文書化)する方法を学びます。 幅広いトピックには、ユーザーのセキュリティとアクセシビリティの実装が含まれます (環境の管理、Dataverse拡張、Web リソースの作成と使用、プラグインを使った操作)。 インストラクター主導の直接のまたはオンライントレーニング、費用は地域やパートナーによって異なります 3 日

アプリの作成

内容 内容 書式 長さ
Power Apps キャンバス アプリのデータで作業する データにアクセスするためにアプリを接続する必要がありますか? その場合は、このラーニング パスをご覧ください。 データ ソースに接続する方法を示します。 フィルター処理、条件、その他の関数を使用してデータを整形し、データ ソースにデータを書き込む方法も説明します。 マイペースで進められる無料のラーニング パス 2 時間 14 分

試験

内容 内容 書式 長さ
Microsoft Power Apps + Dynamics 365 デベロッパー この試験では、次の技術的タスクを遂行する能力を評価します: 構成、設定Dataverse (CDS); Power Apps の作成および構成 ;ビジネス プロセス自動化の構成、ユーザー エクスペリエンスの拡張、プラットフォームの拡張、統合の開発。 試験、コストは地域ごとに異なります