キャンバス アプリにスクリーンを追加し、スクリーン間を移動する

複数のスクリーンがあるキャンバス アプリを作成し、ユーザーがスクリーン間を移動する方法を追加します。

スクリーンの追加および名前の変更

  1. ホーム タブで、新しいスクリーン を選択し、次に追加するスクリーンの種類を選択します。

    ホーム タブのスクリーン追加のオプション。

  2. 右側のウィンドウで、(プロパティ タブのすぐ上にある) スクリーンの名前を選択し、次に ソース を入力します。

    既定のスクリーンの名前を変更する。

  3. 別のスクリーンを追加し、ターゲット という名前を付けます。

    左側のナビゲーション バーの 2 つのスクリーン。

スクリーンの並べ替え

左側のナビゲーション バーで、上または下に移動するスクリーンにカーソルを置いて、表示される省略記号ボタンを選択し、次に 上へ移動 または 下へ移動 を選択します。

スクリーンの並べ替え。

注意

アプリを開くと、通常、コントロールの階層一覧の一番上のスクリーンが最初に表示されます。 ただし、OnStart プロパティを Navigate 関数を含む式に設定して、別のスクリーンを指定することができます。

ナビゲーションの追加

  1. ソース スクリーンが選択された状態で、挿入 タブを開き、アイコン を選択し、次に 次の矢印 を選択します。

    挿入タブの図形オプション。

  2. (オプション) 矢印を移動して、スクリーンの右下隅に表示されるようにします。

  3. 矢印が選択された状態で、アクション タブを選択し、次に 移動 を選択します。

    矢印の OnSelect プロパティが、自動的に 移動 関数に設定されます。

    移動関数に設定された OnSelect プロパティ。

    ユーザーが矢印を選択すると、ターゲット スクリーンがフェードインします。

  4. ターゲット スクリーンで、戻る矢印 を追加し、その OnSelect プロパティをこの数式に設定します。

    Navigate(Source, ScreenTransition.Fade)

  5. Alt キーを押しながら、各スクリーンの矢印を選択してスクリーン間を切り替えます。

詳細

スクリーン コントロールのリファレンス