Power Apps でのドロップ ダウン コントロール

ユーザーがそれを開く場合を除き、最初の項目のみを表示するリスト。

内容

ドロップ ダウン コントロールは、特にリストに多数の選択肢が含まれている場合に、画面スペースを節約します。 ユーザーがシェブロンを選択して選択肢を表示しない限り、コントロールが使用するのは 1 行のみです。 コントロールは、最大 500 の項目を表示します。

主要なプロパティ

既定 – ユーザーが別の値を指定する前のコントロールの初期値。

項目 – コントロールに表示される項目を含むデータのソース。 ソースに複数列ある場合、コントロールのプロパティを表示するデータの列に設定します。

– コントロールに表示するデータの列 (たとえば、データ ソースに複数の列がある場合)。

選択済 – 選択された項目を表すデータ レコード。

AllowEmptySelection – 項目が選択されていない場合、コントロールが空の選択を表示するかどうか。 アプリ ユーザーは空白の項目を選択することにより、選択をクリアすることもできます。

追加のプロパティ

AccessibleLabel – スクリーン リーダー用のラベル。

BorderColor – コントロールの境界線の色。

BorderStyle – コントロールの境界線が実線破線点線、またはなしかどうか。

BorderThickness – コントロールの境界線の太さ。

ChevronBackground – ドロップダウン リストの下矢印の背景色。

ChevronFill – ドロップダウン リストの下向き矢印の色。

– コントロールのテキストの色。

DisplayMode – コントロールがユーザー入力を許可するか (編集)、データのみを表示するか (表示)、または無効にするか (無効) どうか。

DisabledBorderColor – コントロールの DisplayMode プロパティが無効に設定されている場合のコントロールの境界線の色。

DisabledColor – コントロールの DisplayMode プロパティが無効に設定されている場合のコントロール内のテキストの色。

DisabledFill – コントロールの DisplayMode プロパティが無効に設定されている場合のコントロールの背景色。

塗りつぶし – コントロールの背景色。

FocusedBorderColor – コントロールがフォーカスされているときのコントロールの境界線の色。

FocusedBorderThickness – コントロールがフォーカスされているときのコントロールの境界線の太さ。

フォント – テキストを表示するフォントのファミリーの名前。

FontWeight – コントロール内のテキストの太さ: 太字中太標準、または細字

高さ – コントロールの上端と下端間の距離。

HoverBorderColor – ユーザーがコントロール上にマウス ポインターを重ねているときのコントロールの境界線の色。

HoverColor – ユーザーがコントロールにマウス ポインターを重ねているときのコントロール内のテキストの色。

HoverFill – ユーザーがコントロールにマウス ポインターを重ねているときのコントロールの背景色。

斜体 – コントロール内のテキストを斜体にするかどうか。

OnChange – ユーザーが (たとえば、スライダーを調整するなどして) コントロールの値を変更した場合のアプリの反応を指定します。

OnSelect – ユーザーがコントロールをタップまたはクリックする場合のアプリの反応方法。

PaddingBottom – コントロール内のテキストとそのコントロールの下端間の距離。

PaddingLeft – コントロール内のテキストとそのコントロールの左端間の距離。

PaddingRight – コントロール内のテキストとそのコントロールの右端間の距離。

PaddingTop – コントロール内のテキストとそのコントロールの上端間の距離。

PressedBorderColor – ユーザーがコントロールをタップまたはクリックしたときのコントロールの境界線の色。

PressedColor – ユーザーがコントロールをタップまたはクリックしたときのコントロール内のテキストの色。

PressedFill – ユーザーがコントロールをタップまたはクリックしたときのコントロールの背景色。

Reset – コントロールを既定値に戻すかどうかを指定します。

SelectedText (非推奨) – 選択した項目を表す文字列値。

SelectionColor – リスト内で選択された項目のテキストの色、またはペン コントロールの選択ツールの色。

SelectionFill – 選択された項目、またはリストの項目、またはペン コントロールの選択領域の背景色。

サイズ – コントロールに表示されるテキストのフォント サイズ。

Strikethrough – コントロールに表示されるテキストに取り消し線を付けるかどうか。

TabIndex – 他のコントロールに関連するキーボード ナビゲーションの順序。

ツールヒント – ユーザーがコントロールにカーソルを置くときに表示される説明テキスト。

下線 – コントロールに表示されるテキストの下に線を引くかどうか。

表示 – コントロールが表示されるか非表示になるか。

– コントロールの左端と右端間の距離。

X – コントロールの左端とその親コンテナー (親コンテナーがない場合は画面) の左端間の距離。

Y – コントロールの上端とその親コンテナー (親コンテナーがない場合は画面) の上端間の距離。

シンプルなリスト

  1. ドロップ ダウン コントロールを追加してから、その 項目 プロパティを次の式に設定します:

    ["Seattle", "Tokyo", "London", "Johannesburg", "Rio de Janeiro"]

    コントロールの追加、名前付け、構成 についてはこちらをご覧ください。

  2. Alt キーを押しながらコントロールの下矢印を選択することにより、リストの項目を表示します。

データ ソースからのリスト

この手順の原則は、テーブルを提供するデータ ソース すべてに当てはまりますが、これらの手順に正しく従うには、Common Data Service データベースを作成し、サンプル データを追加した環境を開く必要があります。

  1. 空のアプリを開き、次に アカウント エンティティを指定 します。

  2. ドロップ ダウン コントロールを追加し、その 項目 プロパティを次の式に設定します:

    Distinct(Accounts, address1_city)

    この数式では、アカウント エンティティのすべての市区町村が表示されます。 複数のレコードに同じ市区町村がある場合、重複するものは、区別 関数によりドロップダウン コントロールで非表示となります。

  3. (オプション) ドロップ ダウン コントロールを市区町村に名前変更し、垂直方向のギャラリー コントロールを追加し、ギャラリーの 項目 プロパティをこの数式に設定します:

    Filter(Accounts, address1_city = Cities.Selected.Value)

    この フィルター 関数は、市区町村が市区町村コントロールの選択された値と一致する アカウント エンティティのレコードのみを表示します。

アクセシビリティ ガイドライン

色のコントラスト

次の間には適切な色のコントラストが必要です:

  • ChevronFillChevronBackground
  • ChevronHoverFillChevronHoverBackground
  • SelectionColorSelectionFill
  • SelectionFill塗りつぶし

これは、標準の色のコントラスト要件 に追加されるものです。

スクリーン リーダー サポート

キーボードのサポート

  • TabIndex を 0 以上にして、キーボード ユーザーがそこに移動できるようにする必要があります。
  • フォーカス インジケーターは明確に表示する必要があります。 これを実現するには FocusedBorderColor および FocusedBorderThickness を使用します。