Power Apps のコア プロパティ

ユーザーがコントロールを見て操作できるかどうかを構成します。

プロパティ​​

Default – ユーザーが変更する前のコントロールの初期値です。

DelayOutput – テキスト入力時に操作を遅延させる場合は true に設定します。

DisplayMode – 値は Edit、ViewDisabled のいずれかになります。 コントロールで、ユーザー入力を許可するか (Edit)、データの表示のみを許可するか (View)、許可しないか (Disabled) を構成します。 表示モードでは、テキスト入力ドロップ ダウン日付の選択 などの入力コントロールでテキスト値のみが表示され、対話型要素や装飾は表示されません。 これにより、フォームでの表示に適した値、または読み取り可能な出力になります。

項目 – ギャラリー、リスト、またはグラフなどのコントロールに表示されるデータのソース。

OnChange – ユーザーが (たとえば、スライダーを調整するなどして) コントロールの値を変更した場合のアプリの反応を指定します。

OnSelect – ユーザーがコントロールをタップまたはクリックする場合のアプリの反応方法。

リセット – コントロールを既定値に戻すかどうか。 Reset 関数に関する記事もご覧ください。

Text – コントロールに表示されるテキスト、またはユーザーがコントロールに入力するテキスト。

Tooltip – ユーザーがコントロールにカーソルを置くときに表示される説明テキスト。

Value – 入力コントロールの値です。

表示 – コントロールが表示されるか非表示になるか。