Power Apps の Sequence 関数

連続番号のテーブルを生成します。

内容

Sequence 関数は、1、2、3 などの連続番号の単一列テーブルを生成します。 列の名前は Value です。 Sequence( 4 )[1,2,3,4] と等価です。

シーケンスForAll 関数とともに使用して、特定の回数だけ繰り返します。 たとえば、次の式は、コレクション MyRandomNumbers に 10 個の乱数を追加します:

ForAll( Sequence( 10 ), Collect( MyRandomNumbers, Rand() ) )

ForAll は、値を他のデータの種類に変換して新しいテーブルを返すためにも使用できます。 たとえば、次の式は次の 10 日間のテーブルを返します。

ForAll( Sequence( 10 ), DateAdd( Today(), Value, Days ) )

生成するレコードの数は、最も近い整数に切り捨てられ、0 から 50,000 の範囲でなければなりません。 レコードがゼロのテーブルを生成すると、 のテーブルになります。

注意

Sequence は、50,000 レコードに制限されています。

構文

Sequence( レコード [, 開始 [, ステップ ] ] )

  • レコード – 必須。 作成するレコード数。 0 から 50,000 の範囲で指定してください。
  • 開始 – 任意。 シーケンスの開始番号。 既定値は 1 です。
  • ステップ – 任意。 シーケンス内の連続する番号ごとの増分。 ステップ に負の数を指定すると、開始 からカウントダウンされます。 既定値は 1 です。

基本的な使用

計算式 内容 結果
Sequence( 4 ) デフォルトの 1 から始まり、デフォルトの 1 ずつ増加する 4 レコード テーブルを生成します。 Sequence-4
Sequence( 4, 24 ) 24 から始まり、デフォルトの 1 ずつ増加する 4 レコード テーブルを生成します。 Sequence-4-24
Sequence( 4, 4, -1 ) 4 から始まり、-1 ずつ増加する、事実上逆算する、4 レコード テーブルを生成します。 Sequence-4-4-n1
Sequence( 4, -100, 0.5 ) -100 から始まり、0.5 ずつ増加する 4 レコード テーブルを生成します。 Sequence-4-n100-p5
Sequence( 0.9 ) カウントが 0 に切り捨てられる のテーブルを生成します。 Sequence-empty
ForAll( Sequence( 4 ), Rand() ) 乱数の 4 レコード テーブルを生成します。 sequence-4-random
実際の数は異なります。
Concat( Sequence( 5 ),
Text( Value ) & " " )
1 から 5 までの数値の文字列を生成します。 "1 2 3 4 5 "

文字マップ

2 次元レイアウトで文字マップを表示するために連携する 2 つの Sequence 関数については Char 関数のリファレンスを参照してください。

チェスボード

テキスト文字列と 2 つの入れ子になったギャラリーでチェスボードを作成するために連携する 2つの Sequence 関数については As 演算子のリファレンスを参照してください。