キャンバス アプリとは

C# などの従来のプログラミング言語でコードを書くことなく、Microsoft Power Apps でキャンバスからビジネス アプリを設計して構築します。 PowerPoint のスライドを設計する場合と同じように、要素をキャンバスにドラッグ アンド ドロップして、アプリを設計します。 ロジックを指定し、データを処理するための Excel のような式を作成します。 Microsoft とサード パーティのさまざまなソース からビジネス データを統合するアプリを構築します。 アプリを共有することで、ユーザーはアプリをブラウザーやモバイル デバイスで実行したり、自分のアプリを埋め込んだりでき、それを SharePoint、Power BI、Teams で実行することができます。

カスタム設計が不要で、データが Microsoft Dataverse にある場合は、業務データおよびプロセスからモデル駆動型アプリを自動的に生成できます。 この種類のアプリではフォーム、ビュー、その他のコンポーネントをモデル化することができ、既定の UI は携帯電話、ラップトップ、その他のデバイスに合わせて自動的に調整されます。 この種類のアプリの詳細については、「モデル駆動型アプリの構築の概要」を参照してください。

Power Apps を初めて使用する場合、アイデアを完全に機能するソリューションに変換する方法について学ぶには、Power Apps プロジェクトの計画 から始めてください。

アプリの構築

作業を開始するには、次のようないずれかのソースからアプリを自動的に生成します。

Power Apps に サインイン してから、データから開始 または Service DeskBudget Tracker などのサンプル アプリを選択します。

Power Apps サイト。

アプリを自動的に生成したら、ユーザーのワークフローに基づいて、既定の外観と動作をカスタマイズします。 たとえば、表示するデータの種類、データを並べ替える方法、さらにはユーザーが入力するかスライダーを調整して数値を指定できるかどうかを変更します。 スクリーンギャラリーフォーム、その他のコントロールを追加してカスタマイズします。

アプリを自動的に生成しそれをカスタマイズする経験をいくらか積んだ後、DataverseExcel、または別のデータ ソースに基づいてアプリを最初から作成できます。 何もない状態から作業することで、アプリの設計やフロー、コントロールの幅が広がり、組み込むことができるデータ ソースの種類も増えます。

アプリの共有と実行

アプリを完成させ、クラウドに保存したら、組織内の他のユーザーとアプリを共有 します。 アプリを実行できるユーザーまたはグループと、その対象者がアプリをカスタマイズしたり、組織内の他のユーザーと共有したりできるかを指定します。

独自のアプリ (さらには自分と共有されているすべてのアプリ) を Windows、Web ブラウザーiOS または Android デバイスで実行します。

詳細情報を見る

感想をお聞かせください

  • Power Apps コミュニティ で閲覧および投稿します、ここでは、Power Apps のユーザーであれば誰でも質問を投稿したり、他の人の質問に回答したりできます。 質問を投稿する前にコミュニティを検索して、既に同じ質問が回答済みでないかを確認してください。
  • Power Apps アイデア で、Microsoft が Power Apps を改良するためのアイデアをお送りください。
  • サポート チケット を作成して技術的なサポートを受けます。 お客様が所属組織の Power Apps 管理者である場合は、Power Platform 管理者センター でサポート チケットを開くこともできます。

次の手順