クイック スタート: カスタム エンティティを作成するQuickstart: Create a custom entity

PowerApps では、エンティティによって、追跡したい情報をレコードの形式で定義します。レコードには通常、会社名、場所、製品、電子メール、電話などのプロパティが含まれます。In PowerApps, an entity defines information that you want to track in the form of records, which typically include properties such as company name, location, products, email, and phone. エンティティを参照するアプリを開発すると、そのデータを表示できるようになります。You can then surface that data by developing an app that refers to the entity. PowerApps には組織内の一般的なシナリオ (予定の追跡など) を網羅した標準の "すぐに使用できる" エンティティが用意されていますが、組織に固有のデータを格納するためにカスタム エンティティを作成することが必要な場合があります。PowerApps offers standard "out-of-the-box" entities to cover typical scenarios within an organization (such as tracking appointments), but there may be times when you need to create custom entities to store data that's specific to your organization.

このクイック スタートでは、会社で販売している製品に関する評価とコメントを表示するアプリを作成する場合に使用する "製品のレビュー" という名前のカスタム エンティティを作成する方法について説明します。In this quickstart, you'll learn how to create a custom entity called Product Review that you can use to create an app that displays ratings and comments for products that your company sells.

前提条件Prerequisites

このクイック スタートを実行するには、次の項目が必要です。To follow this quickstart, the following items are required:

  • PowerApps プラン 2 または Microsoft Flow プラン 2 のライセンス。Either a PowerApps Plan 2 or Microsoft Flow Plan 2 license. また、PowerApps プラン 2 無料試用版にサインアップすることもできます。Alternatively, you can sign up for a free PowerApps Plan 2 trial.
  • Common Data Service for Apps でのシステム管理者セキュリティ ロールまたはシステム カスタマイザー セキュリティ ロール。Either a System Adminsitrator or System Customizer security role within Common Data Service for Apps.

PowerApps へのサインインSign in to PowerApps

https://web.powerapps.com で PowerApps にサインインします。Sign in to PowerApps at https://web.powerapps.com.

エンティティの作成Create an entity

  1. ナビゲーション ウィンドウで、[データ] をクリップまたはタップして展開し、次に [エンティティ] をクリックまたはタップします。In the navigation pane, click or tap Data to expand it, and then click or tap Entities.

    エンティティおよびその詳細の一覧List of entities and their details

  2. コマンド バーの [新しいエンティティ] をクリックまたはタップします。in the command bar, cick or tap New entity.

    エンティティを作成する前に、使用可能な標準のエンティティの説明が記載されたエンティティ参照に関するページをご覧ください。Before you create an entity, check out the entity reference for a description of available standard entities. これらのエンティティは、一般的なシナリオに網羅しています。These entities cover typical scenarios. これらのエンティティのいずれかが既に要件を満たしているか、わずかな変更のみで要件を満たす場合は、そのエンティティを使用することで時間を節約することができます。If one of these entities meets your requirements as is or after minor changes, you can save time by starting with that entity.

  3. [新しいエンティティ] パネルの [表示名] ボックスに、「製品のレビュー」と入力し、必要に応じて説明を入力します (説明は他のユーザーがこのエンティティを使用する場合に役立ちます)。In the New entity panel, in the Display name box, enter Product review, and then optionally enter a description (descriptions are helpful if other people will use this entity). パネル内の他のフィールドには、以下に説明するように自動的に値が入力されます。Other fields in the panel are autopopulated, as described below. 完了したら、[次へ] をクリックします。When you're done, click Next.

    • [表示名の複数形] - 表示名を入力すると、このフィールドには値が自動的に入力されますが、この値は必要に応じて変更できます。Plural display name - This field is autopopulated when you enter a display name, but you can change it if needed. 表示名の複数形は Common Data Service WebAPI のエンティティの名前であり、PowerApps または Flow からこのエンティティを操作するときに使用されます。The plural display name is the name of the entity in the Common Data Service WebAPI and is used when interacting with this entity from PowerApps or Flow.

    • [名前] - 表示名を入力すると、このフィールドにも自動的に値が入力されます。Name - This field is also autopopulated when you enter a display name. 環境作成時にプレフィックスが設定されました。プレフィックスにより、作成したエンティティをエクスポートし、他のエンティティ名と競合することなく他の環境に確実にインポートすることができます。The prefix was set up when the environment was created and ensures that the entities you create can be exported and imported into other environments without conflicting with other entity names. このプレフィックスは、Common Data Service の既定のソリューションの発行元でプレフィックスを更新することで変更できます。You can change this prefix by updating the prefix on your Publisher for the Common Data Service Default Solution. 既存のアプリが中断するのを防ぐために、エンティティを保存した後で名前の変更を行わないでください。To keep existing apps from breaking, you cannot change the name after saving the entity.

      新しいエンティティNew Entity

  4. エンティティの詳細ページで、[プライマリ名] フィールドをクリックまたはタップして [プライマリ名] パネルを開き、次に [表示名] ボックスで、[プライマリ名][製品のレビュー] に置き換えます。On the entity details page, click or tap the Primary Name field to open the Primary Name panel, and then in the Display name box, replace Primary Name with Product Review. [名前] ボックスで、[PrimaryName][ProductReview] に置き換えて、[完了] をクリックまたはタップします。In the Name box, replace PrimaryName with ProductReview, and then click or tap Done.

    既定では、すべてのエンティティにプライマリ名フィールドが含まれています。このフィールドは、他のエンティティとのリレーションシップを確立する際に、ルックアップ フィールドによって使用されます。By default, every entity contains a Primary Name field, which is used by lookup fields when establishing relationships with other entities. 一般に、[プライマリ名] フィールドには、エンティティに格納されているデータの名前または主な説明が格納されます。Typically the Primary Name field stores the name or primary description of the data stored in the entity. [プライマリ名] フィールドの名前と表示名は、エンティティを初めて保存する前に更新できます。You may update the name and display name of the Primary Name field before saving the entity for the first time.

    エンティティの詳細Entity Details

  5. エンティティにフィールドを追加するには、次の手順を実行してください。To add a field to the entity, do the following:

    a.a. コマンド バーで、[フィールドの追加] をクリックまたはタップして、[フィールド プロパティ] パネルを開きます。In the command bar, click or tap Add field to open the Field properties panel.

    b.b. [表示名] ボックスに、「レビュー日」と入力します。In the Display name box, enter Review Date.

    c.c. [データ型] ドロップダウン リストで、[日付のみ] を選択します。From the Data type drop-down list, select Date Only.

    d.d. [必須] チェック ボックスをクリックまたはタップします。Click or tap the Required check box.

    e.e. [完了] をクリックまたはタップします。Click or tap Done.

    詳細については、エンティティのフィールドの管理に関するページをご覧ください。For more information, see Manage fields in an entity.

    新しいフィールドNew Field

  6. 上記の手順を繰り返して、次の構成でさらに 3 つのフィールドを追加します。Repeat the previous step to add three more fields with the following configurations:

    • [表示名] = 製品の評価、[データ型] = 整数。[必須] チェック ボックスをクリックまたはタップします。Display name = Product Rating; Data type = Whole Number; click or tap Required check box

    • [表示名] = レビュー担当者、[データ型] = テキストDisplay name = Reviewer Name; Data type = Text

    • [表示名] = レビュー担当者のコメント、[データ型] = テキストDisplay name = Reviewer Comment; Data type = Text

      操作を終了したら、エンティティの詳細ページに 5 つのフィールドが一覧されていることを確認します。When you're done, you should have five fields listed on your entity details page.

      フィールド リストField list

      すべてのエンティティに読み取り専用のシステム フィールドが含まれているので注意してください。Note that all entities have read-only system fields. 既定では、システム フィールドはエンティティ内に存在していてもフィールドの一覧に表示されません。By default, system fields are not shown in the list of fields even though they exist in the entity. すべてのフィールドを表示するには、コマンド バーにあるフィルターを [既定] から [すべて] に変更します。To see all fields, change the filter on the command bar from Default to All. エンティティに関連するメタデータの詳細については、「Entity metadata」(エンティティ メタデータ) をご覧ください。For more information on the metadata related to an entity, see Entity metadata.

  7. [エンティティの保存] をクリックしてエンティティを保存し、アプリで使えるようにします。Click Save entity to save your entity and make it available for use in apps.

    [製品のレビュー] エンティティがデータベース内のエンティティの一覧に表示されます。The Product Review entity should appear in the list of entities in your database. 表示されない場合は、コマンド バーにあるフィルターの設定を [既定] から [カスタム] に変更します。If you don't see it, change the filter in the command bar from Default to Custom.

    フィルターFilter

次の手順Next steps

このクイック スタートでは、特定の会社で販売されている各製品に関する評価とコメントを表示するアプリを作成する場合に使用する "製品のレビュー" という名前のカスタム エンティティを作成する方法について説明します。In this quickstart, you learned how to create a custom entity called Product Review that can be used to create an app that displays ratings and comments for each product sold by a particular company. 次に各製品を、受信したレビューおよびコメントに関連付けることができるようにエンティティ間 (この場合は、"製品" という標準エンティティと "製品のレビュー" というカスタム エンティティ間) のリレーションシップを定義する方法について説明します。Next, learn how to define relationships between entities (in this case between the standard Product entity and your custom Product Review entity) so you can associate each product with the reviews and comments it receives.

プライバシーに関する声明Privacy notice

Microsoft では、Microsoft PowerApps の Common Data Service を使用して、Microsoft の診断システムにカスタム エンティティとフィールド名を収集して格納します。With the Microsoft PowerApps common data model, Microsoft collects and stores custom entity and field names in our diagnostic systems. 収集した情報は、お客様向けの Common Data Service の改善に使用します。We use this knowledge to improve the common data model for our customers. アプリ作成者が作成するエンティティとフィールド名は、Microsoft PowerApps コミュニティ全体で共通するシナリオを理解したり、組織に関するスキーマなどの、サービスの標準エンティティの対象範囲のギャップを確認したりする場合に役立ちます。The entity and field names that app Creators create help us understand scenarios that are common across the Microsoft PowerApps community and ascertain gaps in the service’s standard entity coverage, such as schemas related to organizations. このエンティティに関連するデータベース テーブルのデータに、Microsoft がアクセスまたは使用することはありません。また、データベースがプロビジョニングされているリージョン外にデータがレプリケートされることもありません。The data in the database tables associated with these entities is not accessed or used by Microsoft or replicated outside of the region in which the database is provisioned. ただし、カスタム エンティティとフィールド名はリージョン間でレプリケートされ、Microsoft のデータ保持ポリシーに基づいて削除される場合があります。Note, however, that the custom entity and field names may be replicated across regions and are deleted in accordance with our data retention policies. Microsoft はお客様のプライバシーを尊重いたします。詳細については、Trust Center を参照してください。Microsoft is committed to your privacy as described further in our Trust Center.