Common Data Service for Apps とはWhat is Common Data Service for Apps?

Common Data Service (CDS) for Apps を使用すると、ビジネス アプリケーションで使用されるデータを安全に格納し、管理することができます。Common Data Service (CDS) for Apps lets you securely store and manage data that's used by business applications. CDS for Apps 内のデータは、エンティティ セットに格納されます。Data within CDS for Apps is stored within a set of entities. エンティティは、データを格納するために使用されるレコード セットであり、データベース内のテーブルにデータを格納する方法に似ています。An entity is a set of records used to store data, similar to how a table stores data within a database. CDS for Apps には、一般的なシナリオを網羅した標準的なエンティティの基本セットが含まれていますが、組織に固有のカスタム エンティティを作成し、Power Query によってそのエンティティにデータを読み込むこともできます。CDS for Apps includes a base set of standard entities that cover typical scenarios, but you can also create custom entities specific to your organization and populate them with data using Power Query. 次にアプリ作成者は、PowerApps を使用して、このデータを利用するリッチ アプリケーションをビルドすることができます。App makers can then use PowerApps to build rich applications using this data.

ビジネス アプリケーション プラットフォームの概要を示すスクリーンショット。Screenshot showing overview of the Business Application Platform.

CDS for Apps を使用するプランの購入については、価格情報に関するページをご覧ください。For information on purchasing a plan to use CDS for Apps, see Pricing info.

Common Data Service for Apps を使用する理由Why use Common Data Service for Apps?

CDS for Apps 内の標準エンティティおよびカスタム エンティティではデータに対して、セキュリティ保護されたクラウド ベースのストレージ オプションを提供します。Standard and custom entities within CDS for Apps provide a secure and cloud-based storage option for your data. エンティティを使用すると、アプリ内で使用するために組織のデータのビジネスに焦点を合わせた定義を作成できます。Entities let you to create a business-focused definition of your organization's data for use within apps. エンティティが最善の選択かどうかわからない場合は、次のようなメリットが得られることを考慮してみてください。If you're not sure if entities are your best option, consider these benefits:

  • 管理が容易 – メタデータとデータはどちらもクラウド上に保存されます。Easy to manage – Both the metadata and data are stored in the cloud. 保存方法の詳細を気にする必要がありません。You don't need to worry about the details of how they're stored.
  • セキュリティ保護が容易 – データが安全に保存されるため、アクセスが許可されたユーザー以外はデータを表示できません。Easy to secure – Data is securely stored so that users can see it only if you grant them access. ロール ベースのセキュリティにより、組織内のユーザー別にエンティティへのアクセスを制御できます。Role-based security allows you to control access to entities for different users within your organization.
  • Dynamics 365 のデータへのアクセス– Dynamics 365 アプリケーションのデータも Common Data Service for Apps 内に保存されるため、Dynamics 365 データを活用するアプリを迅速にビルドしたり、PowerApps を使用してアプリを拡張したりできるようになります。Access your Dynamics 365 Data – Data from your Dynamics 365 applications is also stored within the Common Data Service for Apps allowing you to quickly build apps which leverage your Dynamics 365 data and extend your apps using PowerApps.
  • 豊富なメタデータ – データの型とリレーションシップは PowerApps 内で直接活用されます。Rich metadata – Data types and relationships are leveraged directly within PowerApps.
  • ロジックと検証 – 計算フィールド、ビジネス ルール、ワークフロー、および業務プロセス フローを定義して、データの品質を保証し、ビジネス プロセスを推進します。Logic and validation – Define calculated fields, business rules, workflows, and business process flows to ensure data quality and drive business processes.
  • 生産性向上ツール – エンティティは、Microsoft Excel のアドイン内で利用可能で、生産性を向上させ、データ アクセスを保証します。Productivity tools – Entities are available within the add-ins for Microsoft Excel to increase productivity and ensure data accessibility.

Dynamics 365 と Common Data Service for AppsDynamics 365 and the Common Data Service for Apps

Dynamics 365 for Sales/Service/Talent のような Dynamics 365 アプリケーションも、Common Data Service for Apps を使用してアプリケーションで使用されたデータの保存とセキュリティ保護を行います。Dynamics 365 applications, like Dynamics 365 for Sales, Service or Talent also use the Common Data Service for Apps to store and secure data used by the applications. これにより、Dynamics 365 内で既に使用されているコア ビジネス データに対して統合することなく直接、PowerApps と Common Data Service for Apps を使用してアプリのビルドができるようになります。This enables you to build apps using PowerApps and the Common Data Service for Apps directly against your core business data already used within Dynamics 365 without the need for integration.

  • Dynamics 365 データに対してアプリをビルド– PowerApps 内で、または Pro Developer SDK を使用して、ビジネス データに対して迅速にアプリをビルドします。Build Apps against your Dynamics 365 Data – Build apps quickly against your business data within PowerApps or using the Pro Developer SDK.

  • 再利用可能なビジネス ロジックとルールを管理– Dynamics 365 エンティティで既に定義されているビジネス ルールとロジックが PowerApps に適用されることで、ユーザーがどのアプリからデータにアクセスしているかに関係なくデータの一貫性が確保されます。Manage reusable Business logic and rules – Business Rules and logic already defined in on your Dynamics 365 entities are applied to your PowerApps to ensure data consistency regardless of how your users are accessing the data or through which app.

  • Dynamics 365 と PowerApps でスキルが再利用可能– 既に PowerApps または Dynamics 365 のスキルを持っているユーザーはそのスキルを新しい Common Data Service for Apps プラットフォームで活かすことができます。Reusable skills across Dynamics 365 and PowerApps – Users with skills previously in PowerApps or Dynamics 365 can now leverage those skills across the new Common Data Service for Apps Platform. エンティティ、フォーム、チャートなどの作成がアプリケーション間で共通になりました。Creating entities, forms, charts, etc are now common across your applications.

    注意

    Dynamics 365 for Finance and Operations では現在、Common Data Service for Apps 内でファイナンスとオペレーションのビジネス データを使用できるようにするために、データ インテグレーターの構成が必要です。Dynamics 365 for Finance and Operations currently requires the configuration of the Data Integrator to make your business data from Finance and Operations available within the Common Data Service for Apps.

Common Data Service へのデータの統合Integrating Data into the Common Data Service

アプリのビルドには通常、複数のソースからのデータを伴います。ビルドはアプリケーション レベルで行われることもありますが、このデータを共通ストアに統合することでアプリのビルドが容易になったり、1 つのロジックでデータを維持し、運用できるようになるケースもあります。Building an app typically involves data from more than one source, while this can sometimes be done at the application level, there are also cases where integrating this data together into a common store allows for an easier app building experience, and a single set of logic to maintain and operate over the data. Common Data Service for Apps では、複数のソースから統合されたデータを 1 つのストアに統合して、PowerApps、Flow、Power BI で Dynamics 365 アプリケーションで既に使用できるデータと共に使用することができます。The Common Data Service for Apps allows data to be integrated from multiple sources into a single store which can then be used in PowerApps, Flow and Power BI along with data already available from the Dynamics 365 applications.

  • 他のシステムとの統合をスケジュール – 別のアプリケーション内に保存されているデータを Common Data Service for Apps と定期的に同期できるため、PowerApps の他のアプリケーション データを活用できます。Scheduled integration with other systems – Data which is kept within another application can be regularly synchronized with the Common Data Service for Apps to allow you to leverage other applications data in PowerApps.
  • PowerQuery を使用したデータの変換とインポート – Common Data Service へのインポート中に、Excel と Power BI で共通のツールである PowerQuery を使用して、多くのオンライン データ ソースのデータを変換することができます。Transform and import data using PowerQuery – Transforming data when importing into the Common Data Service can be done through PowerQuery from many online data sources, a common tool used across Excel and Power BI.
  • データの 1 回限りのインポート – Excel と CSV ファイルの 1 回のインポートとエクスポートを、Common Data Service for Apps に対する 1 回限りのインポートにも、不定期のインポートにも使用することができます。One time import of data – Simple import and export of Excel and CSV files can be used for a one time or infrequent import of data into the Common Data Service for Apps.

エンティティの操作Interacting with entities

アプリを開発する際に、標準エンティティとカスタム エンティティのいずれか、または両方を使用できます。When you develop an app, you can use standard entities, custom entities, or both. 標準エンティティは、CDS for Apps に既定で用意されているエンティティです。CDS for Apps provides standard entities by default. これらは、ベスト プラクティスに従って、組織で最も一般的な概念およびシナリオを取り込むように設計されています。These are designed, in accordance with best practices, to capture the most common concepts and scenarios within an organization.

エンティティの一覧を示すスクリーン ショット。Screenshot showing a list of entities.

エンティティの完全な一覧については、エンティティ参照に関するページを参照してください。For a full list of entities, see the Entity reference.

1 つ以上のカスタム エンティティを作成して標準エンティティの機能を拡張することで、組織に固有の情報を格納できます。You can extend the functionality of standard entities by creating one or more custom entities to store information that's unique to your organization. 詳細については、カスタム エンティティの作成方法に関するページをご覧ください。For more information, see How to create a custom entity.

ロジックと検証Logic and validation

CDS for Apps 内のエンティティは、豊富なサーバー側ロジックと検証を利用して、データの品質を保証し、各アプリでエンティティ内のデータを作成および使用するコードの反復を減らすことができます。Entities within CDS for Apps can leverage rich server-side logic and validation to ensure data quality and reduce repetitive code in each app that creates and uses data within an entity.

  • ビジネス ルールは、データの作成に使われているアプリに関係なく、複数のフィールドとエンティティにまたがってデータを検証し、警告やエラー メッセージを表示します。Business rules validate data across multiple fields and entities and provide warning and error messages, regardless of the app used to create the data. 詳しくは、ビジネス ルールの作成に関するページをご覧ください。For more information, see Create a business rule.
  • 業務プロセス フローは、データが一貫して入力され、毎回同じ手順が使われるように、ユーザーを確実に誘導します。Business process flows guide users to ensure they enter data consistently and follow the same steps every time. 現在、業務プロセス フローはモデル駆動型アプリに対してのみサポートされています。Business process flows are currently only supported for Model driven apps. 詳しくは、「業務プロセス フローの概要」をご覧ください。For more information, see Business process flows overview.
  • ワークフローを使用すると、ユーザーによる操作なしで業務プロセスを自動化できます。Workflows allow you to automate business processes without user interaction. 詳しくは、ワークフローの概要に関するページをご覧ください。For more information, see Workflows overview.
  • コードを使用したビジネス ロジックでは、高度な開発者シナリオをサポートしているため、コードを使ってアプリケーションを直接拡張できます。Business logic with code supports advanced developer scenarios to extend the application directly through code. 詳しくは、「Apply business logic with code」(コードを使用したビジネス ロジックの適用) をご覧ください。For more information, see Apply business logic with code.

開発者用の機能Developer capabilities

PowerApps ポータルで使用できる機能に加えて、CDS for Apps には、プログラムでメタデータとデータにアクセスしてエンティティやビジネス ロジックを作成したり、データを操作したりする、開発者向けの機能も含まれます。In addition to the features available through the PowerApps portal, CDS for Apps also includes features for developers to programmatically access metadata and data to create entities and business logic, as well as interact with data. 詳しくは、「Common Data Service for Apps Developer Overview」(Common Data Service for Apps Developer の概要) をご覧ください。For more information, see Common Data Service for Apps Developer Overview

次の手順Next steps

CDS for Apps を使用して開始するには:To get started using CDS for Apps:

プライバシーに関する声明Privacy notice

Microsoft では、Microsoft PowerApps の Common Data Service を使用して、Microsoft の診断システムにカスタム エンティティとフィールド名を収集して格納します。With the Microsoft PowerApps common data model, Microsoft collects and stores custom entity and field names in our diagnostic systems. 収集した情報は、お客様向けの Common Data Service の改善に使用します。We use this knowledge to improve the common data model for our customers. アプリ作成者が作成するエンティティとフィールド名は、Microsoft PowerApps コミュニティ全体で共通するシナリオを理解したり、組織に関するスキーマなどの、サービスの標準エンティティの対象範囲のギャップを確認したりする場合に役立ちます。The entity and field names that app Creators create help us understand scenarios that are common across the Microsoft PowerApps community and ascertain gaps in the service’s standard entity coverage, such as schemas related to organizations. このエンティティに関連するデータベース テーブルのデータに、Microsoft がアクセスまたは使用することはありません。また、データベースがプロビジョニングされているリージョン外にデータがレプリケートされることもありません。The data in the database tables associated with these entities is not accessed or used by Microsoft or replicated outside of the region in which the database is provisioned. ただし、カスタム エンティティとフィールド名はリージョン間でレプリケートされ、Microsoft のデータ保持ポリシーに基づいて削除される場合があります。Note, however, that the custom entity and field names may be replicated across regions and are deleted in accordance with our data retention policies. Microsoft はお客様のプライバシーを尊重いたします。詳細については、Trust Center を参照してください。Microsoft is committed to your privacy as described further in our Trust Center.