Power Apps 開発者プランにサインアップ

Power Apps 開発者プランでは、Power Apps、Power Automate、Microsoft Dataverse を使用してビルドおよびテストするための開発環境を無料で提供しています。

このプランでは、以下が可能です。

  • フル機能を備えた Power Apps と Power Automate 開発ツールにより、コードを書くことなくアプリやフローを作成できます。 これらのソリューションを他のユーザーと簡単に共有して共同作業を行うことができます。

  • 400 以上のすぐに使用可能なコネクタ を使用して、または独自のカスタム コネクタ を作成することにより、あらゆるデータ ソースに接続できます。

  • 一般的なビジネス アプリケーション アクションのサポートを含む、フル マネージドでスケーラブルなデータ プラットフォームを Dataverse とともに使用します。 すぐに使用可能な共通テーブルを使うことも、独自のデータ スキーマを構築することもできます。

  • アプリケーション ライフサイクル管理を実行するための環境をさらに作成できます (間もなくご利用いただけます)。

  • 開発者環境で作成したソリューションをエクスポートして、Microsoft AppSource でそれを公開 して、顧客がそれらを試すことができるようにします。

以前の Power Apps コミュニティ プランからの改善点

2021 年 5 月に、開発者のニーズを満たすため Power Apps のコミュニティ プランの機能を拡張し、Power Apps 開発者プラン に名称を変更しました。

主な変更点は次のとおりです。

  • 開発とテストの目的でチーム メンバーとアプリを共有する機能
  • 容量割り当ての増加
  • ALM (アプリケーション ライフサイクル管理) シナリオをサポートするために、より多くの環境を作成する機能 (間もなくご利用いただけます)

注意

既存の Power Apps コミュニティ プランのユーザーも、これらすべてのアップデートを入手できます。

誰が Power Apps 開発者プランにサインアップできますか?

Azure Active Directory がサポートする 職場または学校のメール アドレス を持っている人は、Power Apps 開発者プランにサインアップできます。

どこで Power Apps 開発者プランにサインアップできますか?

Power Apps 開発者プランの Web サイト でサインアップします。 既存の Power Apps ユーザーの場合は、開発者環境を作成する こともできます。

開発者プランにサインアップすると、Power Apps にリダイレクトされます。 画面の右上から開発者環境を選択する必要がある場合があります。 例えば、"John Doe の環境" のように、自分の名前が表示されます。 既にその名前の環境が存在する場合、その開発者環境には "John Doe (1) の環境" という名前が付けられます。 プレミアム コネクタやカスタム コネクタなどの特定の機能を使用するには、テナントの既定の環境ではなく、この開発者環境を使用する必要があります。

開発者プランの個人環境。

Visual Studio Dev Essentials で開発者プランを取得する

Visual Studio Dev Essentials のユーザーである場合は、Power Apps 開発者プランは特典に含まれています。 特典 にアクセスし、Power Apps タイルを選択して、Power Apps 開発者プランにサインアップします。

Visual Studio での Power Apps 開発者プラン。

Power Apps 開発者プランにはどの機能が含まれていますか?

開発者環境では、次の機能を取得することができます:

機能 開発者環境
主な機能
アプリを作成およびテスト 有効。 開発とテストの目的で無制限にアプリを作成できます。
アプリの共有 有効
Dataverse の使用 有効
Dataverse を使用してデータをモデル化する 有効
環境およびユーザー ポリシーのエンタープライズ レベルの管理 有効
接続
Office 365、Dynamics 365 とその他コネクタに接続 有効
Azure SQL、Dropbox、Twitter、およびさらに多くのクラウドベースのサービスに接続 あり
Salesforce、DB2 などの、プレミアム コネクタを使用 有効
設置型‐店舗用ゲートウェイを使用する店舗データ 有効
ユーザー自身のシステムに接続するカスタム コネクタを作成 有効
Dataverse
Power Platform、Dynamics 365、Teams、または .Net SDK または OData API を使用したスタンドアロンでのアプリケーションの作成および実行 有効
Dataverse を使用してデータをモデル化する 有効
Dataverse でのデータベースの作成 有効
データフローの作成と使用 無効
管理
環境作成者および管理者として同僚を追加 有効
データベース ロールに同僚を追加 有効
Office 365 管理者が確立するデータ ポリシーをサポートする 有効
開発者環境にデータ ポリシーを確立する 有効

開発者環境の容量制限はどれくらいですか?

開発者環境に対して次の容量制限が適用されます:

容量 制限
Flow 実行/月 750
データベースのサイズ 2 GB

含まれる数量にアドオンを適用して容量を増やすことはできません。 容量制限に達した場合は、ユーザーごとの Power Apps プラン を購入することをお勧めします。 詳細については、Power Apps 価格ページ をご覧ください。

注意

使用するかどうかに関わらず、開発者環境の容量の権利はユーザーの会社の全体的な売上予算に寄与しません。

Microsoft AppSource を公開する

顧客と共有するアプリがありますか? アプリやフローを顧客と共有し、ビジネスのリードを生み出す手段として、Microsoft AppSourceの Power Apps ソリューションに対応しています。 詳細については、AppSource でアプリを公開する を参照してください。

よくあるご質問

次のセクションでは、Power Apps 開発者プランに関連するよくある質問を一覧表示します。 開発者環境を含むさまざまなタイプの環境の詳細については、Power Platform の環境の種類 を参照してください。

環境の容量制限に達したらどうすればよいですか?

この環境は開発とテストを目的としており、運用環境での使用は想定していないため、提供される容量には制限があります。 容量制限は以下のとおりです。

容量 制限
Flow 実行/月 750
データベースのサイズ 2 GB

一つ以上のキャパシティ限界に到達する場合、運用環境での使用をサポートするプランの購入をお勧めします。 プランについての詳細は、Power Apps 価格ページ を参照してください。

開発者環境で作成したアプリ、フロー、その他のリソースを別の環境に移すことができますか?

はい、この環境から他の環境にリソースをエクスポートできるようになっています。 詳細については、ソリューション をご覧ください。

Power Apps 開発者プランのサブスクリプションに期限はありますか?

Power Apps 開発者プランは、アクティブな利用があり、プランの悪用がない限り (たとえば、アプリを運用目的で使用していない、容量制限を超えていないなど)、無料で使い続けることができます。

複数の開発者環境を取得または作成できますか?

現時点では、できません。 開発者プランにサインアップしたときに Power Apps によって作成された 1 つの開発者環境しか持つことができません。

ALM のシナリオをサポートするより多くの環境を構築する機能は、まもなく利用できます。 詳細をお楽しみに。

Power Apps 試用版プランと Power Apps 開発者プランの違いは何ですか。 どちらにサインアップすればいいですか?

Power Apps プラン試用版と Power Apps 開発者プランはどちらも無料ですが、異なる目的のために用意されています。

  • Power Apps プラン試用版 では、Power Apps のユーザーごとのプランを 30 日間ご利用いただけます。 この期間は、運用環境の Power Apps アプリケーションをお試しいただく期間です。 試用版の有効期限が切れても、プランを購入することができます。 Office 365 や Dynamics 365 で既に Power Apps を使用している場合は、有料の Power Apps プランで利用可能な Power Apps の Premium 機能をテストするのに適したプランです。

  • Power Apps 開発者プラン では、Dataverse や Power Automate を含む有料プラン (トライアルに合わせて) で利用できるのと同じ Power Apps 機能に永続的にアクセスできますが、開発およびテストでの使用のみを目的とした開発者環境での使用となります。 運用環境でソリューションをデプロイおよび実行して運用環境で使用するには、有料プランが必要です。

個人アカウントで新規登録することはできますか?

いいえ、現在は個人アカウントでのサインアップはサポートしていません。 サインアップに使用できるのは 職場または学校アカウント のみです。

開発者環境を削除できますか?

環境内でシステム管理者セキュリティ ロールを使用しているユーザー、Power Platform 管理者とテナントレベルの管理者には、開発者環境を削除するために必要な権限があります。

注意

環境の作成者には、システム管理者ロールが自動的に割り当てられます。 したがって、開発者環境の作成者はシステム管理者であるため、それを削除することもできます。

環境を削除する方法については、環境を削除する にアクセスしてください

開発者環境をリセットできますか?

開発者環境のリセットは現在サポートされていませんが、削除することは可能です。 開発者プランのライセンス ユーザー (環境が削除されている) が Power Apps メーカー ポータルに再度サインインすると、新しい開発者環境が作成されます。 その後、ユーザーは環境内で Dataverse データベースをプロビジョニングできます。 現在、ユーザーから開発者プランを削除する唯一の方法は、テナント レベルの管理者が PowerShell を使用してテナント内のすべての「内部」同意プランをブロックすることです。 詳細については、試用版ライセンス コマンドをブロックする を参照してください。

Power Apps 開発者プランには Power Automate RPA の使用権が含まれていますか?

番号 ただし、ユーザーは RPA 機能を試すために、RPA 使用権を含む Power Automate 試用版を開始することができます。 Power Apps 開発者プランには、Power Apps アプリの機能拡張として機能するように接続できるため、クラウド フローの使用権が含まれています。

Power Apps 開発者プランには AI Builder の使用権が含まれていますか。

番号 ただし、ユーザーは AI Builder の試用版で AI Builder の機能を試すことができます。