高度なモデル駆動型アプリの作成とカスタマイズ領域にナビゲートする

このトピックでは、Power Apps 環境で使用する高度なカスタマイズおよび管理領域にアクセスする方法について説明します。

ソリューション

ソリューション領域は、アンマネージド ソリューションの表示、編集、作成、インポート、エクスポート、および削除する場所です。

  1. Power Apps にサインインします。
  2. 左のナビゲーション ウィンドウで、ソリューション を選択します。

ソリューション エクスプローラー

Power Apps ホーム ページから完了できないアプリの作成およびカスタマイズ タスクを実行するには、ソリューション エクスプローラーを使用します。

  1. Power Apps のモデル駆動型アプリから、アプリ ツールバーの 設定 設定 を選択し、その後 詳細設定 を選択します。

  2. 設定 > カスタマイズ > システムのカスタマイズ を選択し、続いて必要な設定領域を選択します。

アプリ

アプリ領域では、環境内で特権のあるすべてのモデル駆動型およびキャンバスがリストされます。 アプリの起動に加えて、アプリ領域からセキュリティ ロールを割り当てることもできます。

アプリを共有するには:

  1. Power Apps にサインインします。

  2. アプリを選択します。

  3. を選択します > 共有:

    アプリ リンクの共有

  4. 次に、「アプリにセキュリティ ロールを追加する」を参照してください

設定

環境設定の構成、プロセスのアクティブ化または非アクティブ化などを行うには、設定領域を使用します。

  1. Power Apps のモデル駆動型アプリから、アプリ ツールバーの 設定 設定 を選択し、その後 詳細設定 を選択します。

  2. 設定 を選択し、その後希望の設定領域を選択します。

    設定領域

関連項目

アプリ デザイナーを使用してモデル駆動型アプリを作成または編集