アプリ デザイナーを使用してモデル駆動型アプリを設計する

Power Apps では、モデル駆動型アプリは、テーブル、ダッシュボード、フォーム、ビュー、グラフ、およびビジネス プロセスなどのコンポーネントで構成されます。

アプリ デザイナーは、すぐに、これらのコンポーネントすべてを統合するのに役立ちます。 そのタイル ベースの情報構造と簡略化したインターフェイスは、アプリを作成するプロセスをさらに簡単にし、およびコードを記述することなく、ビジネス ロールと機能の特有なアプリをすばやく作成できます。

あなたが作成する各アプリは、統合された使いやすいサイトマップ デザイナーとの独自のサイトマップを持つことができます。 領域、グループ、キャンバスへのサブ領域に、ドラッグ アンド ドロップするだけです。 また、サイト マップで選択したコンポーネントは、アプリ デザイナーのテーブルとして追加されます。

必要に応じてテーブルを追加または削除し、他のコンポーネントも追加できます。

コンポーネントの追加が完了したら、必須コンポーネントを追加しなかったどうかを確認してアプリを検証し、これらを追加し、ユーザー向けのアプリを公開できます。

次の表に、アプリを作成するために必要な手順を示します。

ステップ 説明 関連トピック
ステップ 1 アプリのプロパティを定義します。 アプリの作成または編集
ステップ 2 サイト マップ デザイナーを使用して、アプリのナビゲーションを定義します。 アプリのサイト マップを作成する
ステップ 3 アプリは、ダッシュボード、テーブル、ビジネス プロセス フロー、フォーム、ビュー、グラフなどのコンポーネントで構成されています。 アプリ デザイナーを使用して、アプリに必要なものを含めます。 アプリのコンポーネントの追加または編集
ステップ 4 追加していない必須コンポーネントがないことをアプリで確認でします。 すべての必須コンポーネントが追加されたら、アプリを使用可能な状態にします。 アプリの検証と公開
ステップ 5 セキュリティ ロールを使用して作成されたアプリに、ユーザーがアクセスできるようにします。 モデル駆動型アプリの共有

サポートされている Web ブラウザー

アプリ デザイナーやサイトマップ デザイナーで使用するためにサポートされている Web ブラウザについては、サポートされている Web ブラウザとモバイルデバイス を参照してください。

次の手順

モデル駆動型アプリを最初から作成する

注意

ドキュメントの言語設定についてお聞かせください。 簡単な調査を行います。 (この調査は英語です)

この調査には約 7 分かかります。 個人データは収集されません (プライバシー ステートメント)。