Power Apps ポータルとは?

Power Apps メーカーでは、新しい、強力な種類のエクスペリエンスを作成することもできます。外部に接続する Web サイトは、組織外のユーザーがさまざまな ID でサインインできるようになっており、Common Data Service でデータを作成したり閲覧したりできます。あるいは、コンテンツを匿名で参照できます。 以前は、Dynamics 365 のモデル駆動型アプリのアドオンとしてのみ提供されていた Dynamics 365 ポータルのフル機能は、Power Apps でスタンドアロンで利用できるようになりました。

これらの能力によりエクスペリエンスが徹底的に改善され、Web サイトの作成とページ、レイアウト、コンテンツを使用したカスタマイズが迅速に実行できるようになりました。 作成者は、テンプレートを使用してページ デザインを再利用したり、フォームとビューを Common Data Service のキー データに追加したり 、ユーザーに公開したりできます。

注意

  • Power Apps ポータルは、イベント ポータル 以外の Bootstrap 3.3.x に基づいています。 ポータル開発者は、Bootstrap 3 をその他の CSS ライブラリと置き換えるべきではありません、なぜなら Power Apps ポータルの一部のシナリオは Bootstrap 3.3.x に依存しているからです。
  • 特定の操作に既知の問題があることもあります。 これらの問題については、このドキュメントの 既知の問題 セクションで後程説明します。

次の手順

スターター ポータルの作成

関連項目