PowerApps ユーザーに関する情報を表示するShow information about a PowerApps user

サインイン ユーザーに関連付けられているフル ネーム、電子メール アドレス、写真は、User 関数で表示できます。The User function can show the full name, the email address, and the picture that's associated with the user who's signed in. この情報を使用して自動的にフォームへの入力を行うことができます。You can use this information to automatically fill in a form.

たとえば、この機能を使うと次のことができます。For example, you can use this feature to:

  • ユーザー用のサインアップ "シート" を作成する (トレーニング、イベントのボランティア、券売機での発券など)。Create a sign-up "sheet" for users to attend training, volunteer for events, check in at a kiosk, and more.
  • 人事管理アプリでフル ネームを表示する。Display the full name on a Human Resources app.
  • ヘルプデスクへの問い合わせ時に電子メール アドレスを自動的に入力する。Automatically enter an email address when contacting your helpdesk.

基本的にこの機能は、フォームやラベルの自動入力を活かすことができる部分であれば、どこにでも利用できます。Basically, you can use this anywhere users would benefit from a form or labels that are populated automatically

 

前提条件Prerequisites

ユーザー情報を表示するShow user details

  1. [挿入] タブの [メディア] をクリックまたはタップし、[画像] をクリックまたはタップします。On the Insert tab, click or tap Media, and then click or tap Image.

  2. Image プロパティを次の数式に設定します。Set the Image property to this formula:
    User().ImageUser().Image

  3. [挿入] タブの [テキスト] をクリックまたはタップし、[ラベル] をクリックまたはタップします。On the Insert tab, click or tap Text, and then click or tap Label:

  4. Text プロパティを次の数式に設定します。Set the Text property to this formula:
    User().FullNameUser().FullName

    これを実行すると、ラベルにフル ネームが自動的に設定されます。When you do this, the label is automatically populated with your full name. 次のように、ラベルをイメージ コントロールの下に移動します。Move the label so it's below the image control, similar to the following:

  5. 別のラベルを追加し、その Text プロパティを次の数式に設定します。Add another label, and set its Text property to this formula:
    User().EmailUser().Email

    これを実行すると、ラベルに電子メール アドレスが自動的に設定されます。When you do this, the label is automatically populated with your email address. このラベルを、次のように 1 つ目のラベルの下に移動します。Move the label so it's below the first label, similar to the following: