Teams でモデル駆動型アプリを個人用アプリとして埋め込む

作成したアプリは、Microsoft Teams に直接埋め込むことで共有できます。 完了すると、ユーザーは + を選択して、アプリを 自分の チーム チャネルまたは参加しているチームの会話に追加できます。 アプリは、チームのタブ の下にタイルとして表示されます。

前提条件

アプリを個人用アプリとして追加する

  1. Power Apps にサインインし、メニューで アプリ を選択します。

    アプリ リストの表示。

  2. Teams で共有するアプリの その他の操作 (...) を選択し、Teams に追加 を選択します。

    Teams に追加。

  3. Teams に追加 パネルがスクリーンの右側に開きます。

    Teams パネルに追加

  4. (オプション) アプリに説明がない場合は、詳細を編集する を選択して追加するデザイナーを追加してアプリを開きます。

  5. (オプション) 高度な設定 を選択して、名前ウェブサイト利用規約個人情報保護方針MPN ID (Microsoft Partner Network ID) などのその他の詳細を追加します。

    その他の詳細の追加。

  6. Teams に追加 を選択してアプリを個人用アプリとして追加するか、チームに追加する または チャットに追加 を選択してアプリを既存のチャンネルまたは会話内のタブとして追加します。

アプリのダウンロード

Power Apps で アプリをダウンロードする こともできます。 次に Power Apps は、アプリに既に設定したアプリの説明とロゴを使用して Teams マニフェスト ファイルを生成します。

  1. アプリを個人用アプリとして、またはタブとしてチャネルまたは会話に追加するには、左側のナビゲーションで アプリ を選択し、カスタム アプリをアップロード を選択します。

    注意

    カスタム アプリのアップロード は、Teams 管理者が カスタム アプリ ポリシーを作成し、カスタム アプリのアップロードを許可する をオンにした場合にのみ表示されます。

    アプリをタブとして追加。

  2. 追加 を選択してアプリを個人用アプリとして追加するか、チームに追加 を選択してアプリを既存のチャネルもしくは会話内のタブとして追加します。

アプリを Teams カタログに公開する

管理者の場合は、アプリをダウンロードする オプションを使用して、Microsoft Teams カタログに アプリを公開する こともできます。

現在利用できない機能

  • Microsoft Teams モバイル アプリで モデル駆動型アプリ を使用することは現在サポートされていません。
  • 埋め込みキャンバス アプリはサポートされていません。
  • カスタム ページはサポートされていません。

関連項目

ようこそMicrosoft Teams