Power Apps と Microsoft Teams の統合

Microsoft Teams は世界中の人々が作成、コラボレーション、コミュニケーションすることを可能にします。 毎日 7,500 万人以上のアクティブ ユーザーを持つ Teams は、人々が仕事をしている方法です。

Power Apps は Teams の 3 つのシナリオで使用できます。

シナリオ 内容
キャンバス アプリをタブ アプリとして埋め込む Teams の PowerApps タブ を使用して、キャンバス アプリを Teams のタブ アプリとして埋め込みます。 キャンバス アプリは、 Common Data Service などのさまざまな Microsoft とサード パーティのデータ ソースからのビジネス データを統合します。
キャンバス アプリをパーソナル アプリとして埋め込む キャンバス アプリをファーストクラスの Teams パーソナル アプリとして埋め込みます。 キャンバス アプリは、 Common Data Service などのさまざまな Microsoft とサード パーティのデータ ソースからのビジネス データを統合します。
ProjectOakdale が支援する Teams でアプリを作成する Teams での新規 Power Apps アプリを使用して、チーム用の新しい組み込み型、ローコード データ プラットフォームである ProjectOakdale が支援する、Teams 内にキャンバス アプリを作成します。 Project Oakdale は、ユーザーが Teams インターフェースを一切離れることなく、Power Apps、Power Virtual Agents、Power Automate をそれぞれ使用することで—、カスタム アプリ、ボット、ワークフローを構築できるようにします—。

Project Oakdale の概要
Teams で最初のアプリを作成する
Microsoft Teams のフローを使用する
Teams の Power Virtual Agents