スクリーン リーダーを使う

スクリーン リーダーを使用すると、視覚に障碍のあるユーザーや、目の疲労などの一時的な状況のために特別な補助を必要とするユーザーでも、モデル駆動型アプリにアクセスできるようになります。 ナレーター、JAWS、および NVDA などの一般的スクリーン リーダーはサポートされています。

スクリーン リーダーを使用した基本的なタスク

アプリを開く

  1. ナビゲーション バーで、Tab キーを使用してアプリのドロップダウン コントロールに移動し、Enter キーを押してサイト マップを開きます。
  2. 開く対象のアプリケーションの名前、たとえば「営業」が読み上げられるまで、Tab キーを押します。 Enter を押してアプリを開きます。

ナレーターでのスキャン モードの使用

スキャン モードを使用すると、方向キーと一般的なキーボード ショートカットを使用して、アプリ内をすばやく移動できます。 このモードでは、見出し、リンク、フォーム列、コントロール、およびテーブルにすばやくジャンプします。 Caps lock+Space キー を押して、スキャン モードのオンとオフを切り替えます。 詳細: スキャン モードの使用

アプリを使いこなす

アプリを開くと、サブエリア アイコンが含まれる縦棒が左側に表示されます。 Tab キーを使用して "アカウント" などのサブエリア名が読み上げられるまでこれらのアイコン間を移動するか、またはサイト マップ コントロールを使用できます。 たとえば、「取引先企業」が読み上げられるまで タブ キーを押してから、Enter を押して取引先企業ビューを開きます。

グリッド

スクリーン リーダーはグリッドをより高い信頼性と一貫性でナビゲートし、グリッド内の位置だけでなく行見出しと列見出しも知らせます。 グリッドを最初に開くとき、既定のタブ位置はビュー セレクターです。

グリッドの外からグリッド内のセルに入るときは、ナレーターはテーブルの名前、行数と列数、およびテーブル内の位置を知らせます。

カーソルがテーブル ヘッダー内にある場合は、Tab キーまたは Shift+Tab を使用してヘッダー間をすばやく移動します。ヘッダーのセルに移動すると、ナレーターによって各ヘッダーの名前が読み上げられます。 また、列の種類 (たとえば、「列のヘッダー」)、列の位置 (たとえば、「6の列1」)、および列が並べ替えられているか選択されているかも知らせます。 テーブル ヘッダーで Enter キーを押すと、その列によってテーブルが並べ替えられます。 ナレーターは並べ替え順を知らせるので、Enter をもう一度押してその順序を変更できます。

テーブル内の最後の列から出ると、カーソルはグリッドの 2 行目に移動します。この状態からは、上矢印キーと下矢印キーを使用して、ヘッダー行以外の行のセル間を移動する必要があります。 代わりに タブ キーをもう一度押すと、カーソルは次の対話型要素に、通常はテーブル フィルター リストに移動します。 ヘッダー行以外の行のセル間を移動するとき、ナレーターは列名、列の位置、およびセル内のテキストを知らせます。

フォーム

ナレーターを使用してフォームを操作する場合、複数のナビゲーション モードを使用できます。もっとも一般的なナビゲーション モードは、ランドマーク、見出し、およびフォーム列です。 ナビゲーション モードを変更するには、Caps lock+上矢印キー を押します。 Caps lock キーを押し下げたまま上矢印キーを押して、使用するモードが読み上げられるまでモードを循環します。 次に、Caps lock + 左または右矢印キーを使用して、個々の項目に移動します。 たとえば、取引先担当者の連絡先情報セクションの姓列に移動する場合は、次の手順を実行します。

  1. Caps lock を押したまま、「ランドマーク」が読み上げられるまで 上矢印 キーを押します。
  2. Caps lock を押したまま、「連絡先情報」が読み上げられるまで 右矢印 キーを押します。
  3. Caps lock を押したまま、「フォーム列」が読み上げられるまで 上矢印 キーを押して、モードを変更します。
  4. 「姓」が読み上げられるまで Caps lock + 左または右矢印キーを使用して、姓列に移動します。 ナレーターは、列のコントロールの種類、値、状態、および特別な指示も読み上げます。

また、Tab キーを使用して、フォーム上の対話型要素にすばやく移動できます。 一部のフォーム列には、Ctrl+Enter キーを押したときに既定のアクションを実行するアイコンがあります。 たとえば、電子メールのフォーム列には、メール エディターを開く封筒のアイコンが含まれている場合があります。

ダッシュボードとグラフ

Tab キーと Caps lock + 矢印キーを使用して、ダッシュボードのグラフ内を移動できます。 対話型要素にすばやく移動するには タブ キーを押し、見出し、ランドマーク、および項目などの非対話型要素のナビゲーションには Caps lock + 矢印キーを使用します。

注意

グラフに使用できるすべてのユーザー補助機能を装備するには、最新の Windows 10 更新プログラムをインストールする必要があります。

対話型ダッシュボードのストリーム

タブ キーまたは Shift+Tab を使用して取引先企業ダッシュボードなどの対話型ダッシュボード ストリーム間を移動することが可能であるし、または「見出し」が読み上げられるまでナビゲーション モードを変更してから、タブ キーを使用して、ダッシュボード ストリーム間を移動できます。

ダッシュボード ストリームの各要素に移動するには、上および下矢印キーを使用します。 ナレーターは、コントロールの種類とコントロールのタイトルを読み上げます。

業務プロセス フロー

潜在顧客フォームの上部にあるような業務プロセス フロー内を移動できます。そのテーブル間を前方に移動するには Tab キーを押し、後方に移動するには Shift+Tab を押します。 プロセス フロー内のさらなるテーブルを表示するには、左に移動 または 右に移動 ボタン上で Enter キーを使用します。 ナレーターは、テーブルの種類、ステージ、状態、タイトル、総要素数中の要素番号、および現在選択されているかどうかを読み上げます。

ダイアログ ボックス

ダイアログ ボックスが開くと、ナレーターでタイトルが読み上げられます。 入力列が含まれるダイアログ ボックスの場合、閉じる ボタンに既定でフォーカスが設定されるため、Enter キーを押してダイアログ ボックスを閉じることができます。 ユーザー操作を必要とするダイアログ ボックスの場合は、フォーカスは、削除 または OK などの主要なアクション ボタンにあります。

Tab キーを使用して、コントロール間を移動できます。 カーソルはダイアログ ボックス内の各要素を循環して移動し、Esc キーを押すと閉じることができます。

注意

ドキュメントの言語設定についてお聞かせください。 簡単な調査を行います。 (この調査は英語です)

この調査には約 7 分かかります。 個人データは収集されません (プライバシー ステートメント)。