個人用オプションの設定

自分の好みに合わせてアプリ内の表示設定を変更します。 たとえば、アプリにサインインするとすぐに表示されるようにしたいページを選択することができます。 言語、通貨、およびタイム ゾーンなどの、さまざまオプションをカスタマイズできます。

個人用オプションを設定するには

  1. 画面の右上隅の 設定 Power Apps の[オプション] ボタン > 個人設定 を選択します。

  2. 必要に応じて、情報を入力します。

  3. 終了したら、OK を選択します。

[全般] タブのオプション

オプション​​ 内容
ホームページと [はじめに] ウィンドウの設定を選択してください。
既定のウィンドウ サインインするときに表示したい、既定のホーム ペイン (ページ) を選択します。 既定では、ユーザー ロールに基づく既定値 オプションが選択されていて、使用しているアプリに基づいて既定のペインが表示されます。

既定のタブ 選択した既定のウィンドウで、表示する既定のタブを選択します。
レコードのリストの各ページに表示するレコード数を設定してください
各ページのレコード ページの一覧に表示するレコードの最大数を選択します。 25 ~ 250 の値を設定できます。
高度な検索の既定モードを選択する
高度な検索モード 既定では、高度な検索モード ダイアログ ボックスをオープンするごとに、クエリ詳細は非表示になります。 クエリ詳細を毎回表示するには、詳細 を選択します。
既定の検索エクスペリエンスを選択する
既定の検索エクスペリエンス 既定の検索エクスペリエンスを選択します。 詳細については、検索オプションを比較するを参照してください
タイム ゾーンの設定
タイム ゾーン 自分の領域に表示するタイム ゾーンを選択します。
既定の通貨の選択
通貨型 会計取引に使用する既定の通貨値を選択します。 通貨を検索するために、検索 ボタンを選択します。
ハイ コントラスト設定をサポート
ハイ コントラストを有効にする ご利用のアプリ ディスプレイでハイコントラスト レベルを有効にするには、このチェック ボックスをオンにします。 ヒント: ハイ コントラスト設定をブラウザーまたはオペレーティング システムで使用している場合に、このオプションを設定します。
既定の国/地域コードの設定
国/地域コード接頭辞の指定を有効化する ユーザーの領域のための既定の呼び出しコードを有効にするには、このチェック ボックスをオンにします。
国/地域コード接頭辞 テキスト ボックスに、地域の呼び出しコードの値を入力します。 たとえば、アメリカ合衆国では +1 を入力します。
ユーザー情報の表示 ユーザーに関する詳細を表示するには、このリンクを選択します。 これらの詳細は組織全体に対して表示され、ユーザーの取引先担当者情報およびセキュリティ ロールが含まれます。 詳細については、ユーザー プロファイルを表示する を参照してください。

[同期] タブのオプション

オプション​​ 内容
Dynamics 365 のアイテムを Outlook または Exchange と同期する
フィルター Dynamics 365 と Dynamics 365 for Outlook または Exchange (サーバー側同期を使用) 間で同期されたレコードを選択します。
同期されたフィールド Dynamics 365 と Dynamics 365 for Outlook 間で同期されたフィールドを表示して、データ元を確認できます。
オフライン フィルターの管理と Dynamics 365 for Outlook の情報のオフライン化
オフライン フィルター Dynamics 365 for Outlook でオフライン時に作業する Dynamics 365 データのサブセットを選択します。

[活動] タブのオプション

オプション​​ 内容
既定のビュー
既定のカレンダー 自分のカレンダーの既定のビューを選択します。
既定の作業時間を開始します 既定の就業時間の開始時間および終了時間を選択します。

[形式] タブのオプション

オプション​​ 内容
現在の形式
カスタマイズ​ 新しい地域および形式を追加する場合は、このオプションを選択します。
形式のプレビュー 現在の地域、およびその地域の 数値通貨時間、および 日付 の形式を表示します。

[電子メール テンプレート] タブのオプション

オプション​​ 内容
個人用の電子メール テンプレートの作成と修正
新規​​ 電子メールを送信するときに同じ情報を繰り返し入力する必要がないように、(日付やサインなどの) ユーザー定義値を持つ電子メール テンプレートを作成します。

コマンド バーで 新規 を選択し、テンプレートの値を入力します。

[電子メール署名] タブのオプション

Options 説明
個人用の電子メール署名の作成と修正
新規​​ 時間を節約し、応答が一貫するように電子メール署名を作成します。 電子メール署名の所有者は、ユーザーまたはチームの場合もあります。

コマンド バーで 新規 を選択し、署名の値を入力します。

[電子メール] タブのオプション

オプション​​ 内容
他のユーザーが自分の代わりに電子メールを送信できるかどうかを選択する
その他のユーザーが自分の代わりにメールを送信することを許可します。 このオプションを選択すると、自分に代わって Dynamics 365 の他のユーザーがメールを送信できるようになります。 注意: このオプションを選択すると、他のユーザーが同意の有無にかかわらず、代わりに電子メールを送信できます。 ユーザーの電子メール名が送信者として表示されます。
Dynamics 365 で追跡するメール メッセージを選択する
追跡​​ Dynamics 365 で自動的に追跡するメール メッセージを選択します。

オプション:

- すべての電子メール メッセージ
- Dynamics 365 電子メールに対する返信の電子メール メッセージ
- Dynamics 365 の潜在顧客、取引先担当者、取引先企業からの電子メール メッセージ
- 電子メール対応の Dynamics 365 レコードからの電子メール メッセージ
フォルダー追跡ルールの構成 受信電子メールを自動に追跡するためのフォルダーを設定します。
Dynamics 365 でレコードを自動的に作成する
作成​​ このオプションを選択すると、Dynamics 365 では、追跡されたメール メッセージの情報から潜在顧客または取引先担当者を自動的に作成することができます。
タイムラインの会話として電子メールを表示します このチェック ボックスを選択すると、会話スレッド内のメールが一覧表示されます (会話内でメールを表示する場合の多くのメール アプリケーションでの動作方法)。
メールボックスを表示する メールボックスの詳細を表示するには、このリンクを選択します。

[プライバシー] タブのオプション

注意

システム管理者がシステム設定で組織全体のプライバシー設定を選択済みの場合、このタブは使用できません。 管理者に問い合わせてください。

オプション​​ 内容
エラー通知の基本設定の選択
オプション:

- エラー報告を Microsoft に送信するときに確認ダイアログを表示します。
- 確認ダイアログを表示せずに、自動的にエラー報告を Microsoft に送信します。
- Dynamics 365 に関するエラー レポートは Microsoft に送信しないでください。
エラーが発生したときに Dynamics 365 で実行する処理を指定します。 選択内容に基づいて、エラー報告が共有され、Microsoft によって製品の向上のために使用されます。

Microsoft が製品の向上のために情報を使用できるように、Microsoft にエラー レポートを送信することをお勧めします。

[言語] タブのオプション

オプション​​ 内容
Dynamics 365 の表示に使用する言語を選択する
基本言語 基本言語を表示します。 基本言語は、Dynamics 365 のインストール プロセス中に設定されます。 このオプションは編集できません。
ユーザー インターフェイスの言語 Dynamics 365 ユーザー インターフェイスのラベルとダイアログ ボックスに表示する言語を選択します。
ヘルプ言語 ヘルプに使用する言語を選択します。 基本言語以外の言語を追加するには、管理者が必要な言語パックをインストールして有効にする必要があります。 管理者に問い合わせてください。