モデル駆動型アプリ向けの統一インターフェイスを利用し、ユーザー エクスペリエンスを向上させる

モデル駆動型アプリに統一インターフェイスを導入すると、デスクトップ、ノートパソコン、タブレット、スマートフォンなどのデバイスを問わず、使用感に一貫性が与えられ、使い勝手が良くなります。 画面上の構成要素をリフローすることでアプリはスケーリングされます。 応答性に優れた設計は、スクリーン サイズに基づいて環境に適合するため、より多くの情報を表示できる使用可能なスペースが増えます。

統一インターフェイスは画面に合わせて調整される

モデル駆動型アプリの統一インターフェイスの概要については、次の動画をご覧ください: 統一インターフェイスの概要

リフロー

統一インターフェイスは、最新のリフロー体験用に設計されています。

フォームには、フォームの表示に使用できるスペースに基づいて、フォーム上の情報を画面上で移動させるピクセル ブレークポイントがあります。 これは、フォームで使用できる表示スペースが減少したときに発生します。 たとえば、アプリがあるウィンドウのサイズを変更し、ウィンドウの幅を小さくすると、フォームを表示するために利用できるスペースが減少します。 幅が特定のブレークポイントを超えて減少すると、非表示になる情報が以前の位置より下に移動して表示されるか、垂直方向にスクロールして表示できます。

フォーム セクションの列が複数の列から 1 つの列にリフローすると、左から右に (左から右の言語で) リフローします。 コントロールがセクション内の少なくとも 2 つの列にまたがる場合、上から下にリフローします。 動作の違いは、タブのナビゲーション順序がリフロー後も維持されるようにするためです。

以下の例では、各番号がコントロールに対応しています。

左から右へのリフロー エクスペリエンス: 複数の列が 1 つの列にリフローする場合 上から下へのリフロー エクスペリエンス: コントロールがセクション内の少なくとも 2 つの列にまたがる場合 (コントロール #5 にまたがる)
複数の列から 1 つの列へのリフロー エクスペリエンス コントロールがセクションの少なくとも 2 つの列にまたがる場合のリフロー エクスペリエンス

メニュー オプションからは、システム内のさまざまなアプリをすばやく操作できます。 最近表示した行やピン留めされたお気に入りにすばやくアクセスすることができます。

展開されたビューを表示するナビゲーション コントロール

凡例

  1. クリックしてアプリを変更: 現在のアプリ名を選択して、別のアプリを変更します。
  2. 折りたたみ / 展開ボタン: これを選択してナビゲーターを折りたたむと、ページの主要部分のスペースを広げることができます。 ナビゲータがすでに折りたたまれている場合、このボタンを選択してサイド展開してください。
  3. 最近の行: 最近、使用していた行の一覧を表示するには、このエントリを展開します。 ここで行を選択して開きます。 ここに表示される行の隣にある押しピン アイコンを選択して、お気に入り (ピン止めされた行)に追加できます。
  4. 任意の行: お気に入り (ピン止めされた) 行を開いて表示させるには、このエントリを展開してください。 ここに行を追加するには、最近の行 一覧を使用してください。 ここで表示されている行の隣にある [ピン留めを外す] アイコンを選択して、その行をこの一覧から削除することができます。
  5. ページ ナビゲーション: この領域には、作業領域で使用可能な各エンティティおよびダッシュボード ページが表示されています。 ここで入力を選択して、名前の付いたダッシュボード、またはそのエンティティのリストビューを開きます。

詳細については、モデル駆動型アプリでの基本的なナビゲーション を参照してください。

ダッシュボードとグラフ

統一インターフェイス アプリケーション内からすべてのシステムとユーザーのダッシュボードにアクセスできます。 対話型ダッシュボードは、より充実した対話型ダッシュボードの機能を備え、すべての行の種類で使用できるようになりました。 詳細については、ダッシュボードとグラフを使って進行状況を追跡する を参照してください。

タイムライン コントロール

タイムライン ビューでは、1 件の行として顧客コミュニケーションが追跡され、それが 1 ページに見やすく表示されるため、チームとの共同作業で役立ちます。 投稿およびボイス添付、電子メールやメモから、すべての情報を確認することができます。 通信スレッド全体を簡単に表示することができます。 詳細については、モデル駆動型アプリのタイムラインに予定、電子メール、電話、メモ、またはタスクのアクティビティを追加する を参照してください。

ビジネス プロセス

ビジネス プロセス フローがドッキング メカニズムにより改善されました。 画面のビジネス プロセス ステージをドッキングして、業務プロセス フローで手元にあるタスクに集中するのに役立てることができます。 プロセスのステージが完了するための複雑な手順を持つ場合に特に有効です。 詳細については、ビジネス プロセスで作業する を参照してください。

アクセシビリティ

アクセシビリティが改善されたことで、スクリーン リーダーを利用してスクリーン上の情報を音声に変換したり、Braille リーダーに出力して、より多くの人がアプリを利用できるようになります。 詳細については、スクリーン リーダーを使う を参照してください。

統一インターフェイス アプリを作成する

統一インターフェイスで独自のエクスペリエンスを構築しなければならない場合、アプリ デザイナーを使用してモデル駆動型アプリを作成できます。 駆動型のアプリケーション構築のモデルの概要 を参照してください。

新しい統一インターフェイス アプリを作成する

統一インターフェイスのコミュニティ

統一インターフェイスのコミュニティ サイト でブログ、ウェビナー、ビデオ、イベントなどの専門家や仲間と交流することができます。

注意

ドキュメントの言語設定についてお聞かせください。 簡単な調査を行います。 (この調査は英語です)

この調査には約 7 分かかります。 個人データは収集されません (プライバシー ステートメント)。