OData.FeedOData.Feed

構文Syntax

OData.Feed(serviceUri as text, optional headers as nullable record, optional options as any) as any

バージョン情報About

URI serviceUri、ヘッダー headers の OData サービスが提供する OData フィードのテーブルが返されます。Returns a table of OData feeds offered by an OData service from a uri serviceUri, headers headers. 次のオプションを制御するために、同時接続を使用するか、省略可能なレコード パラメーター options を使用するかを指定するブール値が指定できます。A boolean value specifying whether to use concurrent connections or an optional record parameter, options, may be specified to control the following options:

  • Query:クエリ パラメーターをプログラムで URL に追加します。エスケープについて考える必要はありません。Query: Programmatically add query parameters to the URL without having to worry about escaping.
  • Headers :この値をレコードとして指定すると、HTTP 要求に追加のヘッダーが指定されます。Headers : Specifying this value as a record will supply additional headers to an HTTP request.
  • ExcludedFromCacheKey:この値をリストとして指定すると、これらの HTTP ヘッダー キーが、データをキャッシュする計算から除外されます。ExcludedFromCacheKey: Specifying this value as a list will exclude these HTTP header keys from being part of the calculation for caching data.
  • ApiKeyName :ターゲット サイトが API キーに対応している場合、このパラメーターを使用すると、URL で使用する必要があるキー パラメーターの名前 (値ではない) を指定できます。ApiKeyName : If the target site has a notion of an API key, this parameter can be used to specify the name (not the value) of the key parameter that must be used in the URL. 実際のキー値は、資格情報で指定されます。The actual key value is provided in the credential.
  • Timeout :この値を期間として指定すると、HTTP 要求のタイムアウトが変更されます。Timeout : Specifying this value as a duration will change the timeout for an HTTP request. 既定値は 600 秒です。The default value is 600 seconds.
  • EnableBatch :MaxUriLength が超過した場合に OData $batch 要求を生成できるようにするかどうかを設定する論理値 (true または false) です (既定値は false)。EnableBatch : A logical (true/false) that sets whether to allow generation of an OData $batch request if the MaxUriLength is exceeded (default is false).
  • MaxUriLength :OData サービスへ送信される URI の許可される最大長を示す数値です。MaxUriLength : A number that indicates the max length of an allowed uri sent to an OData service. 最大長を超過し、かつ EnableBatch が true の場合、要求は OData $batch エンドポイントに対して行われます。それ以外の場合は失敗になります (既定値は 2048)。If exceeded and EnableBatch is true then the request will be made to an OData $batch endpoint, otherwise it will fail (default is 2048).
  • Concurrent :論理値 (true または false) です。true に設定すると、サービスに対する要求は同時に行われます。Concurrent : A logical (true/false) when set to true, requests to the service will be made concurrently. false に設定すると、要求は順次行われます。When set to false, requests will be made sequentially. 何も指定しないと、この値はサービスの AsynchronousRequestsSupported 注釈によって決まります。When not specified, the value will be determined by the service’s AsynchronousRequestsSupported annotation. サービスで AsynchronousRequestsSupported がサポートされるかどうかが指定されていない場合、要求は順次行われます。If the service does not specify whether AsynchronousRequestsSupported is supported, requests will be made sequentially.
  • ODataVersion :この OData サービスに使用する OData プロトコルのバージョンを指定する数値 (3 または 4) です。ODataVersion : A number (3 or 4) that specifies the OData protocol version to use for this OData service. 指定しないと、サポート対象のすべてのバージョンが要求されます。When not specified, all supported versions will be requested. サービス バージョンは、サービスによって返される OData-Version ヘッダーによって判別されます。The service version will be determined by the OData-Version header returned by the service.
  • FunctionOverloads :論理値 (true/false) です。true に設定すると、関数のインポート オーバーロードが別エントリとしてナビゲーターに表示されます。false に設定すると、関数のインポート オーバーロードはナビゲーターで 1 つの Union 関数として表示されます。FunctionOverloads : A logical (true/false) when set to true, function import overloads will be listed in the navigator as separate entries, when set to false, function import overloads will be listed as one union function in the navigator. V3 の既定値は false です。Default value for V3: false. V4 の既定値は true です。Default value for V4: true.
  • MoreColumns :論理値 (true または false) です。true に設定すると、"More Columns" 列がオープン型とポリモーフィックな型を含む各エンティティ フィードに追加されます。MoreColumns : A logical (true/false) when set to true, adds a "More Columns" column to each entity feed containing open types and polymorphic types. これには、基本型で宣言されていないフィールドが含まれます。This will contain the fields not declared in the base type. false の場合、このフィールドは存在しません。When false, this field is not present. 既定値は false です。Defaults to false.
  • IncludeAnnotations :含める名前空間修飾用語名またはパターン (ワイルドカードとして "*" を使用) のコンマ区切りの一覧。IncludeAnnotations : A comma separated list of namespace qualified term names or patterns to include with "*" as a wildcard. 既定では、注釈は含まれません。By default, none of the annotations are included.
  • IncludeMetadataAnnotations :メタデータ ドキュメント要求に含める名前空間修飾用語名またはパターン (ワイルドカードとして "*" を使用) のコンマ区切りの一覧。IncludeMetadataAnnotations : A comma separated list of namespace qualified term names or patterns to include on metadata document requests, with "*" as a wildcard. 既定では、IncludeAnnotations と同じ注釈を含めます。By default, includes the same annotations as IncludeAnnotations.
  • OmitValues :OData サービスが応答に特定の値を書き出すのを回避することを許可します。OmitValues : Allows the OData service to avoid writing out certain values in responses. 承認された場合には、省略されたフィールドからそれらの値を推測します。If acknowledged, we will infer those values from the omitted fields. 次のオプションがあります。Options include:
  • ODataOmitValues.Nulls :OData サービスが null 値を省略するのを許可します。ODataOmitValues.Nulls : Allows the OData service to omit null values.
  • Implementation :使用する OData コネクタの実装を指定します。Implementation : Specifies the implementation of the OData connector to use. 有効な値は "2.0" または null です。Valid values are "2.0" or null.