PowerShellGet を使用した Windows への Azure PowerShell のインストールInstall Azure PowerShell on Windows with PowerShellGet

この記事では、PowerShellGet を使用して、Windows 環境に Azure PowerShell モジュールをインストールする手順について説明します。This article explains the steps to install the Azure PowerShell modules in a Windows environment using PowerShellGet. Azure PowerShell をインストールするときは、PowerShellGet およびモジュール管理を使用することをお勧めしますが、Web Platform Installer または MSI パッケージを使ってインストールすることもできます。方法については、その他のインストール方法に関する記事をご覧ください。PowerShellGet and module management is the preferred way to install Azure PowerShell but if you would rather install with the Web Platform Installer or MSI package, see Other installation methods.

Azure PowerShell を他のプラットフォームにインストールする手順については、macOS および Linux への Azure PowerShell のインストールと構成に関する記事をご覧ください。For instructions to install Azure PowerShell on other platforms, see Install and configure Azure PowerShell on macOS and Linux.

このバージョンの Azure PowerShell では、Azure クラシック デプロイ モデルはサポートされていません。The Azure classic deployment model is not supported by this version of Azure PowerShell. クラシック デプロイのサポートについては、「Azure PowerShell Service Management モジュールのインストール」の手順に従ってください。For support for classic deployments, follow the instructions in Install the Azure PowerShell Service Management module.

必要条件Requirements

Azure PowerShell バージョン 6.0 以降、Azure PowerShell では PowerShell バージョン 5.0 が必要です。Starting with Azure PowerShell version 6.0, Azure PowerShell requires PowerShell version 5.0. お使いのマシンで実行されている PowerShell のバージョンを確認するには、次のコマンドを実行します。To check the version of PowerShell running on your machine, run the following command:

$PSVersionTable.PSVersion

バージョンが古い場合は、「既存の Windows PowerShell をアップグレードする」をご覧ください。If you have an outdated version, see Upgrading existing Windows PowerShell.

重要

このドキュメントで説明するモジュール AzureRM では、.NET Framework を使用します。The module described in this document, AzureRM, uses .NET Framework. そのため、.NET Core を使用する PowerShell 6.0 とは互換性がなくなります。This makes it incompatible with PowerShell 6.0, which uses .NET Core. PowerShell 6.0 を使用している場合は、macOS および Linux のインストール手順に従います。If you are using PowerShell 6.0, follow the installation instructions for macOS and Linux.

Azure PowerShell モジュールのインストールInstall the Azure PowerShell module

PowerShell ギャラリーからモジュールをインストールするには、昇格された特権が必要です。You need elevated privileges to install modules from the PowerShell Gallery. Azure PowerShell をインストールするには、管理者特権のセッションで次のコマンドを実行します。To install Azure PowerShell, run the following command in an elevated session:

Install-Module -Name AzureRM

注意

ご利用の NuGet のバージョンが 2.8.5.201 未満である場合、最新バージョンの NuGet をダウンロードしてインストールするように求められます。If you have a version older than 2.8.5.201 of NuGet, you are prompted to download and install the latest version of NuGet.

既定では、PowerShell ギャラリーは、PowerShellGet の信頼できるリポジトリとしては構成されません。By default, the PowerShell gallery isn't configured as a trusted repository for PowerShellGet. PSGallery の初回使用時には、次のプロンプトが表示されます。The first time you use the PSGallery you see the following prompt:

Untrusted repository

You are installing the modules from an untrusted repository. If you trust this repository, change
its InstallationPolicy value by running the Set-PSRepository cmdlet.

Are you sure you want to install the modules from 'PSGallery'?
[Y] Yes  [A] Yes to All  [N] No  [L] No to All  [S] Suspend  [?] Help (default is "N"):

インストールを続行するには、Yes または Yes to All を選択します。Answer Yes or Yes to All to continue with the installation.

AzureRM モジュールは、Azure PowerShell コマンドレットのロールアップ モジュールです。The AzureRM module is a rollup module for the Azure PowerShell cmdlets. これをインストールすると、利用可能な Azure Resource Manager モジュールがすべてダウンロードされ、コマンドレットを使用できるようになります。Installing it downloads all of the available Azure Resource Manager modules, and makes their cmdlets available for use.

[サインイン]Sign in

Azure PowerShell の操作を開始するには、Import-Module コマンドレットを使用して、現在の PowerShell セッションに AzureRM を読み込み、Azure の資格情報でサインインする必要があります。To start working with Azure PowerShell, you need to load AzureRM into your current PowerShell session with the Import-Module cmdlet, and then sign in with your Azure credentials.

# Import the module into the PowerShell session
Import-Module AzureRM
# Connect to Azure with an interactive dialog for sign-in
Connect-AzureRmAccount

新しい PowerShell セッションを開始するたびに、この手順を繰り返す必要があります。You'll need to repeat these steps for every new PowerShell session you start. AzureRM モジュールを自動的にインポートするには、PowerShell プロファイルを設定する必要があります。PowerShell プロファイルについては、「About Profiles (プロファイルについて)」をご覧ください。Automatically importing the AzureRM module requires setting up a PowerShell profile, which you can learn about in About Profiles. Azure サインインをセッション間で維持する方法については、PowerShell セッション間でのユーザーの資格情報の保持に関する記事をご覧ください。To learn how to persist your Azure sign in across sessions, see Persist user credentials across PowerShell sessions.

Azure PowerShell モジュールの更新Update the Azure PowerShell module

Azure PowerShell のインストールを更新するには、Update-Module を実行します。You can update your Azure PowerShell installation by running Update-Module. このコマンドでは、以前のバージョンはアンインストール__されません__。This command does not uninstall earlier versions.

Update-Module -Name AzureRM

古いバージョンの Azure PowerShell をシステムから削除する場合は、「Uninstall the Azure PowerShell module (Azure PowerShell モジュールのアンインストール)」をご覧ください。If you want to remove older versions of Azure PowerShell from your system, see Uninstall the Azure PowerShell module.

複数のバージョンの Azure PowerShell の使用Use multiple versions of Azure PowerShell

複数のバージョンの Azure PowerShell をインストールできます。It's possible to install multiple versions of Azure PowerShell. オンプレミスの Azure Stack リソースを使用する場合、PowerShell 5.0 に更新できない古いバージョンの Windows を実行している場合、または Azure クラシック デプロイ モデルを使用している場合は、複数のバージョンが必要になります。You might need more than one version if you work with on-premises Azure Stack resources, run an older version of Windows that you can't update to PowerShell 5.0, or use the Azure classic deployment model. 古いバージョンをインストールするには、インストール時に -RequiredVersion 引数を指定します。To install an older version, provide the -RequiredVersion argument when installing.

# Install version 1.2.9 of Azure PowerShell
Install-Module -Name AzureRM -RequiredVersion 1.2.9

Azure PowerShell モジュールの読み込み時には、最新バージョンが既定で読み込まれます。When loading the Azure PowerShell module the latest version is loaded by default. 別のバージョンを読み込むには、-RequiredVersion 引数を指定します。To load a different version, provide the -RequiredVersion argument.

# Load version 1.2.9 of Azure PowerShell
Import-Module -Name AzureRM -RequiredVersion 1.2.9

フィードバックの提供Provide feedback

Azure Powershell の使用時にバグが見つかった場合は、GitHub で問題を報告してください。If you find a bug when using Azure Powershell, please file an issue on GitHub. コマンド ラインからフィードバックを送るには、Send-Feedback コマンドレットを使用します。To provide feedback from the command line, use the Send-Feedback cmdlet.

次の手順Next Steps

Azure PowerShell を使い始める場合、モジュールとその機能の詳細については、「Get started with Azure PowerShell (Azure PowerShell の概要)」をご覧ください。To get started using Azure PowerShell, see Get Started with Azure PowerShell to learn more about the module and its features.