macOS または Linux で Azure PowerShell をインストールするInstall Azure PowerShell on macOS or Linux

Windows 以外のプラットフォームについては、PowerShell Core v6 で Azure PowerShell を実行できます。For non-Windows platforms, it's possible to run Azure PowerShell in PowerShell Core v6. このバージョンの PowerShell は、.NET Core をサポートするプラットフォームで使用できるように構築されています。This version of PowerShell is built for use on any platform that supports .NET Core. これらのプラットフォームで使用するために、Azure PowerShell の .NET Standard バージョンが提供されています。To work with these platforms, there's a .NET Standard version of Azure PowerShell available.

注意

現時点では、Azure PowerShell for .NET Standard はベータ版で提供されています。At this time, Azure PowerShell for .NET Standard is still in beta. 問題やバグを見つけた場合は、GitHub で問題を登録してください。If you have problems or discover bugs, please file an issue on GitHub.

PowerShell Core をインストールするInstall PowerShell Core

PowerShell Core のインストール手順は、macOS とほとんどの Linux ディストリビューションで異なります。The installation instructions for PowerShell Core are different for macOS and most Linux distributions. 詳細な手順については、次の記事をご覧ください。Detailed instructions can be found in the following articles:

Azure PowerShell for .NET Standard をインストールするInstall Azure PowerShell for .NET Standard

重要

他の記事で詳述されている AzureRM モジュールは、PowerShell Core では動作しません。The AzureRM module detailed in other articles does not work with PowerShell Core. PowerShell Core で Azure PowerShell の機能を使用するには、Az モジュールをインストールする必要があります。You must install the Az module to get Azure PowerShell functionality in PowerShell Core.

PowerShell Core には、インストール済みの PowerShellGet モジュールが付属しています。PowerShell Core comes with the PowerShellGet module already installed. 次のコマンドを使用して PowerShell を起動します。Start PowerShell with the command:

pwsh

Azure PowerShell をインストールするには、次のコマンドを実行します。To install Azure PowerShell, run the following command:

Install-Module Az

注意

モジュールをインストールするときにアクセス許可エラーが発生した場合は、スーパーユーザー モードで PowerShell を実行して、モジュールをインストールしなければならない可能性があります。If you encounter a permissions error when attempting to install the module, you may need to run PowerShell in superuser mode to install modules.

sudo pwsh

既定では、PowerShell ギャラリーは、PowerShellGet の信頼できるリポジトリとしては構成されません。By default, the PowerShell gallery isn't configured as a trusted repository for PowerShellGet. PSGallery の初回使用時には、次のプロンプトが表示されます。The first time you use the PSGallery you see the following prompt:

Untrusted repository

You are installing the modules from an untrusted repository. If you trust this repository, change
its InstallationPolicy value by running the Set-PSRepository cmdlet.

Are you sure you want to install the modules from 'PSGallery'?
[Y] Yes  [A] Yes to All  [N] No  [L] No to All  [S] Suspend  [?] Help (default is "N"):

インストールを続行するには、Yes または Yes to All を選択します。Answer Yes or Yes to All to continue with the installation.

エイリアスを有効にするEnable aliases

既存の AzureRM モジュールとの互換性のために、新しい Az モジュールでは、AzureRM コマンドレット用に下位互換性のあるエイリアスを作成することができます。For compatibility with the existing AzureRM module, the new Az module has the ability to create backwards compatible aliases for the AzureRM cmdlets. 初めてモジュールを使用する前に、次のコマンドでこれらのエイリアスを設定します。Before using the module for the first time, set up these aliases with the following command:

# Import the module into the PowerShell session
Import-Module Az
# Enable AzureRM aliases for the user
Enable-AzureRmAlias -Scope CurrentUser

これにより現在のユーザーに対してのみエイリアスが設定されます。This sets up aliases for the current user only. エイリアスを設定する際に -Scope に指定できる他の値については、コマンドレットのヘルプを確認してください。Check the cmdlet help for other values that can be provided to -Scope to set up the aliases.

注意

パスの場所に関するエラーが発生した場合は、それがお使いのローカル システムに存在することを確認します。If you encounter an error about a path location, make sure that it exists on your local system. CurrentUser スコープの場合、このエラーは、bash で次のコマンドを実行することで解決できます。For the CurrentUser scope, this error can be resolved by running the following command in bash:

mkdir -p $HOME/.config/powershell

[サインイン]Sign in

Azure PowerShell の操作を開始するには、Import-Module コマンドレットを使用して、PowerShell セッションに Az を読み込み、Azure の資格情報でサインインする必要があります。To start working with Azure PowerShell, you need to load Az into your PowerShell session with the Import-Module cmdlet, and then sign in with your Azure credentials. モジュールのインポートには、昇格された特権は__不要__です。Importing a module does not require elevated privileges.

# Import the module into the PowerShell session
Import-Module Az
# Connect to Azure with an interactive dialog for sign-in
Connect-AzureRmAccount

新しい PowerShell セッションを開始するたびに、この手順を繰り返す必要があります。You'll need to repeat these steps for every new PowerShell session you start. Az モジュールを自動的にインポートするには、PowerShell プロファイルを設定する必要があります。PowerShell プロファイルについては、「About Profiles (プロファイルについて)」をご覧ください。Automatically importing the Az module requires setting up a PowerShell profile, which you can learn about in About Profiles. macOS と Linux では、$Profile 環境変数を使用してプロファイルを操作する必要があります。On macOS and Linux, you should work with your profile through the $Profile environment variable. Azure サインインをセッション間で維持する方法については、「PowerShell セッション間でのユーザーの資格情報の保持」を参照してください。To learn how to persist your Azure sign-in across sessions, see Persist user credentials across PowerShell sessions.

次の手順Next Steps

Azure PowerShell の使用方法の詳細については、「Azure PowerShell を使ってみる」をご覧ください。For more information about using Azure PowerShell, see the Get started with Azure PowerShell article.