新しい Azure PowerShell Az モジュールの概要Introducing the new Azure PowerShell Az module

2018 年 12 月から、Azure PowerShell Az モジュールが一般公開リリースされました。このモジュールは、Azure の操作を目的とする PowerShell モジュールです。Starting in December 2018, the Azure PowerShell Az module is in general release and is now the intended PowerShell module for interacting with Azure. Az で、コマンドの短縮、安定性の向上、およびクロスプラットフォームのサポートが実現します。Az offers shorter commands, improved stability, and cross-platform support. また、Az は AzureRM と同等の機能を持ち、簡単な移行パスも提供されます。Az also has feature parity with AzureRM, giving you an easy migration path.

Az モジュールにより、Azure PowerShell は、Windows 上の PowerShell 5.1、およびサポートされているすべてのプラットフォーム (Windows、macOS、Linux など) 上の PowerShell Core 6.x 以降と互換性を持つようになりました。With the Az module, Azure PowerShell is now compatible with PowerShell 5.1 on Windows and PowerShell Core 6.x and later on all supported platforms - including Windows, macOS, and Linux.

Az は新しいモジュールであるため、バージョンが 1.0.0 にリセットされます。Az is a new module, so the version has been reset to 1.0.0.

新しいモジュールである理由Why a new module?

主要な更新プログラムの適用には手間取る可能性があります。そのため、PowerShell から Azure を操作するために、新しいコマンドレットと一緒に新しいモジュールのセットを導入することが決定された理由をお知らせすることは重要です。Major updates can be inconvenient, so it's important that we let you know why the decision was made to introduce a new set of modules, with new cmdlets, for interacting with Azure from PowerShell.

最大かつ最も重要な変更は、.NET Standard ライブラリに基づいた PowerShell Core 6.x の導入以来、PowerShell がクロスプラット フォーム対応製品だったことです。The biggest and most important change is that PowerShell has been a cross-platform product since the introduction of PowerShell Core 6.x, based on the .NET Standard library. Microsoft は すべてのプラットフォームに Azure サポートを導入することに取り組んでいます。これは、.NET Standard の使用と PowerShell Core との互換性のためには Azure PowerShell モジュールを更新する必要があることを意味します。We're committed to bringing Azure support to all platforms, which means that the Azure PowerShell modules needed to be updated to use .NET Standard and be compatible with PowerShell Core. 既存の AzureRM モジュールを取得し、複雑な変更を導入してこのサポートを追加する代わりに、Az モジュールが作成されました。Rather than taking the existing AzureRM module and introduce complex changes to add this support, the Az module was created.

新しいモジュールを作成することで、エンジニアが、コマンドレットとモジュールの設計と名前付けに一貫性を持たせることもできます。Creating a new module also gave our engineers the opportunity to make the design and naming of cmdlets and modules consistent. すべてのモジュールの先頭は Az. プレフィックスになり、コマンドレットはすべて 動詞-Az名詞 の形式を使用するようになりました。All modules now start with the Az. prefix and cmdlets all use the Verb-AzNoun form. 以前は、コマンドレット名が長くなっただけでなく、コマンドレット名に不整合がありました。Previously, cmdlet names were not only longer, there were inconsistencies in cmdlet names.

モジュールの数も少なくなりました。同じサービスで動作するいくつかのモジュールは 1 つにまとめられていて、管理プレーンとデータ プレーンのコマンドレットはすべて、それらのサービス用の 1 つのモジュール内に含まれるようになりました。The number of modules was also reduced: Some modules which worked with the same services have been rolled together, and management plane and data plane cmdlets are now contained all within single modules for their services. 依存関係とインポートを手動で管理している場合は、これにより操作がはるかに簡単になります。For those of you who manually manage dependencies and imports, this makes things much simpler.

チームでは、新しい Azure PowerShell モジュールの構築を必要とするこれらの重要な変更を加えることによって、Azure PowerShell コマンドレットを以前よりも多くのプラットフォーム上でかつてないほど簡単に使用できるようにすることに取り組んできました。By making these important changes that required building a new Azure PowerShell module, the team has committed to making it easier than ever, and on more platforms than previously possible, to use Azure with PowerShell cmdlets.

Az にアップグレードするUpgrade to Az

PowerShell の Azure の最新機能に対応するには、できるだけ早く Az モジュールに移行する必要があります。To keep up with the latest Azure features in PowerShell, you should migrate to the Az module as soon as possible. Az モジュールを AzureRM の代わりとしてインストールする準備ができていない場合は、Az を試してみるために使用できるいくつかのオプションがあります。If you're not ready to install the Az module as a replacement for AzureRM, you have a couple of options available to experiment with Az:

  • Azure Cloud ShellPowerShell 環境変数を使用します。Use a PowerShell environment with Azure Cloud Shell. Azure Cloud Shell は、Az モジュールがインストールされていて、Enable-AzureRM と互換性のあるエイリアスが有効になっている、ブラウザー ベースのシェル環境です。Azure Cloud Shell is a browser-based shell environment which comes with the Az module installed and Enable-AzureRM compatibility aliases enabled.
  • AzureRM は Windows 用の PowerShell 5.1 と共にインストールしたままにしますが、PowerShell Core 6.x 以降の Az モジュールをインストールします。Keep the AzureRM module installed with PowerShell 5.1 for Windows, but install the Az module for PowerShell Core 6.x or later. Windows 用の PowerShell 5.1 と PowerShell Core は別個のモジュールのコレクションを使用します。PowerShell 5.1 for Windows and PowerShell Core use separate collections of modules. 手順に従って PowerShell Core をインストールしてから、PowerShell Core ターミナルから Az モジュールをインストールしてください。Follow the instructions to install PowerShell Core and then install the Az module from a PowerShell Core terminal.

既存の AzureRM インストールからアップグレードするには、次の手順に従います。To upgrade from an existing AzureRM install:

  1. Azure PowerShell AzureRM モジュールをアンインストールするUninstall the Azure PowerShell AzureRM module
  2. Azure PowerShell Az モジュールをインストールするInstall the Azure PowerShell Az module
  3. 省略可能:新しいコマンド セットについて理解を深めながら、Enable-AzureRMAlias を使用して AzureRM コマンドレットのエイリアスを互換モードで追加できるようにします。OPTIONAL: Enable compatibility mode to add aliases for AzureRM cmdlets with Enable-AzureRMAlias while you become familiar with the new command set. 詳細については、次のセクション、または AzureRM から Az への移行の開始に関するページを参照してください。See the next section or Start migration from AzureRM to Az for more details.

Az に既存のスクリプトを移行するMigrate existing scripts to Az

新しいコマンドレット名は、覚えやすいように設計されています。The new cmdlet names have been designed to be easy to learn. コマンドレット名では AzureRmAzure を使用する代わりに、Az を使用します。Instead of using AzureRm or Azure in cmdlet names, use Az. たとえば、古いコマンド New-AzureRMVmNew-AzVm になりました。For example, the old command New-AzureRMVm has become New-AzVm. 移行は、単に新しいコマンドレット名に慣れることだけでなく、次のようなそれ以上のことがあります。モジュールやパラメーターの名前の変更や、その他の重要な変更があります。Migration is more than just becoming familiar with the new cmdlet names, though: There are renamed modules, parameters, and other important changes.

AzureRM から Az への移行プロセスを支援するため、多くのリソースを作成しました。To help you with the process of migration from AzureRM to Az, we've got a number of resources:

Az モジュールには互換モードがあり、既存のスクリプトを使用しながら、新しい構文に更新することができます。The Az module has a compatibility mode to help you use existing scripts while you update to the new syntax. Enable-AzureRmAlias コマンドレットにより、エイリアスを使用して互換モードを有効にすることで、最小限の変更を加えた既存のスクリプトを使用しながら、Az への完全な移行に向けて取り組むことができます。The Enable-AzureRmAlias cmdlet enables a compatibility mode through aliases, to allow you to use existing scripts with minimal modification while working towards a full migration to Az.

重要

コマンドレット名がエイリアス化されているとしても、Az コマンドレットの新しい (または名前が変更された) パラメーターや変更された戻り値はまだ残っている可能性があります。Even though the cmdlet names are aliased, there may still be new (or renamed) parameters or changed return values for the Az cmdlets. エイリアスで移行を管理できるとは思わないでください。Don't expect enabling aliases to take care of the migration for you! スクリプトの更新が必要になる可能性のある変更については、重大な変更の詳細な一覧を参照してください。See the full breaking changes list to find where your scripts may require updates.

AzureRM で継続されるサポートContinued support for AzureRM

AzureRM は、新しいコマンドレットや機能を受け入れなくなります。AzureRM will no longer receive new cmdlets or features. ただし、AzureRM モジュールは 2020 年 12 月まで引き続き正式に維持され、バグの修正プログラムも取得されます。However, the AzureRM module is still officially maintained and will get bug fixes through December 2020.