MSI を使用した Windows への Azure PowerShell のインストールInstall Azure PowerShell on Windows with MSI

この記事では、MSI インストーラーを使って Windows に Azure PowerShell をインストールする方法について説明します。This article explains how to install Azure PowerShell on Windows using an MSI installer.
これらのインストール方法は、システムで必要とされる場合にのみ使用してください。Use these installation methods only if they're necessary for your system. Windows に Azure PowerShell をインストールするときは、PowerShellGet を使用することをお勧めします。The recommended way to install Azure PowerShell on Windows is with PowerShellGet. PowerShellGet を使用して Azure PowerShell をインストールする手順については、「PowerShellGet を使用して Azure PowerShell をインストールする」を参照してください。For instructions on using PowerShellGet to install Azure PowerShell, see Install Azure PowerShell with PowerShellGet.

注意

Azure PowerShell 6.x 以降のバージョンでは、Web Platform Installer によるインストール方法は使用できなくなりました。The Web Platform Installer method of installation is no longer available for versions of Azure PowerShell 6.x and higher. Web Platform Installer を使用する必要がある場合は、代わりに MSI の使用を検討するか、以前のバージョンの Azure PowerShell をインストールしてください。If you require use of the Web Platform Installer please consider using the MSI instead, or you can install an earlier version of Azure PowerShell.

Linux または macOS 環境でのインストールについては、「macOS または Linux で Azure PowerShell をインストールする」を参照してください。To install on Linux or macOS environments, see Install Azure PowerShell on macOS or Linux.

MSI パッケージを使って Windows でインストールまたは更新するInstall or update on Windows using the MSI Package

Azure PowerShell は、GitHub から MSI ファイルを使ってインストールすることができます。Azure PowerShell can be installed using the MSI file available from GitHub. 以前のバージョンの Azure モジュールが MSI としてインストールされている場合、それらのモジュールはインストーラーによって自動的に削除されます。If you have installed previous versions of Azure modules as an MSI, the installer automatically removes them. MSI パッケージでは、${env:ProgramFiles}\WindowsPowerShell\Modules にモジュールがインストールされます。The MSI package installs modules in ${env:ProgramFiles}\WindowsPowerShell\Modules. AzureRM モジュールと Azure モジュールの両方がインストールされます。Both the AzureRM and Azure modules are installed.

注意

Azure クラシック デプロイ モデルを使用している場合は、Azure モジュールのみを使用してください。Only use the Azure module if you are working with the Azure classic deployment model.

Azure PowerShell の操作を開始するには、Import-Module コマンドレットを使用して、現在の PowerShell セッションに AzureRM を読み込み、Azure の資格情報でサインインする必要があります。To start working with Azure PowerShell, you need to load AzureRM into your current PowerShell session with the Import-Module cmdlet, and then sign in with your Azure credentials.

# Import the module into the PowerShell session
Import-Module AzureRM
# Connect to Azure with an interactive dialog for sign-in
Connect-AzureRmAccount

新しい PowerShell セッションを開始するたびに、この手順を繰り返す必要があります。You'll need to repeat these steps for every new PowerShell session you start. AzureRM モジュールを自動的にインポートするには、PowerShell プロファイルを設定する必要があります。PowerShell プロファイルについては、「About Profiles (プロファイルについて)」をご覧ください。Automatically importing the AzureRM module requires setting up a PowerShell profile, which you can learn about in About Profiles. Azure サインインをセッション間で維持する方法については、「PowerShell セッション間でのユーザーの資格情報の保持」を参照してください。To learn how to persist your Azure sign-in across sessions, see Persist user credentials across PowerShell sessions.