Exchange Online PowerShell に接続するConnect to Exchange Online PowerShell

Exchange オンライン PowerShell を使用すると、コマンドラインから、Exchange のオンラインの設定を管理できます。オンラインの Exchange へのリモート PowerShell セッションを作成するのにには、ローカル コンピューターに Windows PowerShell を使用します。単純な 3 つの手順、Office 365 の資格情報を入力、必要な接続の設定、およびそれらを使用できるように、ローカルの Windows PowerShell セッションにオンラインの Exchange コマンドレットをインポートすることをお勧めします。Exchange Online PowerShell allows you to manage your Exchange Online settings from the command line. You use Windows PowerShell on your local computer to create a remote PowerShell session to Exchange Online. It's a simple three-step process where you enter your Office 365 credentials, provide the required connection settings, and then import the Exchange Online cmdlets into your local Windows PowerShell session so that you can use them.

Important

多要素認証 (MFA) を使用して Exchange のオンライン PowerShell に接続する場合は、ダウンロードし、Exchange オンライン リモート PowerShell モジュールを使用する必要があります。詳細については、 Exchange オンライン PowerShell への接続は、多要素認証を使用して参照してください。Exchange オンライン保護 (EOP) スタンドアロンお客様の場合は、オンプレミスのメールボックスを保護するためにサービスを使用している場合は、トピックのオンライン保護 PowerShell の Exchange への接続の接続の手順を使用します。EOP サービスがサービスを使用して Exchange のエンタープライズ CAL (データ損失防止 (DLP) が含まれています、web サービスを使用してレポートを作成)、接続手順のこのトピックで動作します。If you want to use multi-factor authentication (MFA) to connect to Exchange Online PowerShell, you need to download and use the Exchange Online Remote PowerShell Module. For more information, see Connect to Exchange Online PowerShell using multi-factor authentication. If you're an Exchange Online Protection (EOP) standalone customer, and you're using the service to protect on-premises mailboxes, use the connection instructions in the topic Connect to Exchange Online Protection PowerShell. If your EOP subscription is Exchange Enterprise CAL with Services (includes data loss prevention (DLP) and reporting using web services), the connection instructions in this topic will work for you.

はじめに把握しておくべき情報What do you need to know before you begin?

  • 予想所要時間 : 5 分Estimated time to complete: 5 minutes

  • 次の Windows のバージョンを使用できます。You can use the following versions of Windows:

  • スクリプトを実行するように Windows PowerShell を構成する必要があります。既定では、そのように構成されていないため、接続を試行すると、次に示すエラーが発生します。Windows PowerShell needs to be configured to run scripts, and by default, it isn't. You'll get the following error when you try to connect:

    Files cannot be loaded because running scripts is disabled on this system. Provide a valid certificate with which to sign the files.

    インターネットからダウンロードしたすべての PowerShell スクリプトが信頼された発行元によって署名されていることを要求するには、管理者特権の Windows PowerShell ウィンドウ ([管理者として実行] を選択したときに開く Windows PowerShell ウィンドウ) で次のコマンドを実行します。To require all PowerShell scripts that you download from the internet are signed by a trusted publisher, run the following command in an elevated Windows PowerShell window (a Windows PowerShell window you open by selecting Run as administrator):

    Set-ExecutionPolicy RemoteSigned
    

    この設定は、コンピューターで一度だけ構成すれば、接続ごとに行う必要はありません。You need to configure this setting only once on your computer, not every time you connect.

Tip

問題が発生しますか。Exchange フォーラムでヘルプを表示するとします。フォーラムを参照してください: Exchange のオンライン、またはExchange のオンライン保護します。Having problems? Ask for help in the Exchange forums. Visit the forums at: Exchange Online, or Exchange Online Protection.

Exchange Online PowerShell に接続するConnect to Exchange Online PowerShell

  1. ローカル コンピューターで、Windows PowerShell を開き、次のコマンドを実行します。On your local computer, open Windows PowerShell and run the following command.

    $UserCredential = Get-Credential
    

    Windows PowerShell の資格情報の要求] ダイアログ ボックスで、作業時間や学校のアカウントとパスワードを入力し、し、[ OK] をクリックします。In the Windows PowerShell Credential Request dialog box, type your work or school account and password, and then click OK.

  2. 次のコマンドを実行します。Run the following command.

    $Session = New-PSSession -ConfigurationName Microsoft.Exchange -ConnectionUri https://outlook.office365.com/powershell-liveid/ -Credential $UserCredential -Authentication Basic -AllowRedirection
    

    :Notes:

    • 21Vianet によって運営されて、Office 365 の_ConnectionUri_値を使用します。https://partner.outlook.cn/PowerShellFor Office 365 operated by 21Vianet, use the ConnectionUri value: https://partner.outlook.cn/PowerShell

    • Office 365 のドイツの_ConnectionUri_値を使用します。https://outlook.office.de/powershell-liveid/For Office 365 Germany, use the ConnectionUri value: https://outlook.office.de/powershell-liveid/

    • プロキシ サーバーの背後にある場合は、最初にこのコマンドを実行: $ProxyOptions = New-PSSessionOption -ProxyAccessType <Value>ProxyAccessType_をIEConfigWinHttpConfig、またはAutoDetectIf you're behind a proxy server, run this command first: $ProxyOptions = New-PSSessionOption -ProxyAccessType <Value>, where the _ProxyAccessType value is IEConfig, WinHttpConfig, or AutoDetect.

      $Session の末尾に次のパラメーターと値を追加し、コマンドを =...: -SessionOption $ProxyOptionsThen, add the following parameter and value to the end of the $Session = ... command: -SessionOption $ProxyOptions.

      詳細については、新規 PSSessionOptionを参照してください。For more information, see New-PSSessionOption.

  3. 次のコマンドを実行します。Run the following command.

    Import-PSSession $Session -DisableNameChecking
    

Note

完了した時点でリモート PowerShell セッションを切断してください。セッションを切断せずに Windows PowerShell ウィンドウを閉じると、使用可能なリモート PowerShell セッションがすべて消費される可能性があるため、セッションの有効期限が切れるまで待つ必要があります。リモート PowerShell セッションを切断するには、次のコマンドを実行します。Be sure to disconnect the remote PowerShell session when you're finished. If you close the Windows PowerShell window without disconnecting the session, you could use up all the remote PowerShell sessions available to you, and you'll need to wait for the sessions to expire. To disconnect the remote PowerShell session, run the following command.

Remove-PSSession $Session

正常な動作を確認する方法How do you know this worked?

手順 3 では、Exchange Online のコマンドレットは、ローカルの Windows PowerShell セッションにインポートし、進行状況バーによって追跡。エラーを受信しない場合、接続に成功しました。簡単なテストなどの取得、メールボックスを Exchange のオンライン、コマンドレットを実行し、結果を参照してください。After Step 3, the Exchange Online cmdlets are imported into your local Windows PowerShell session and tracked by a progress bar. If you don't receive any errors, you connected successfully. A quick test is to run an Exchange Online cmdlet, for example, Get-Mailbox, and see the results.

エラーが表示された場合は、次の要件を確認します。If you receive errors, check the following requirements:

  • よく起きる問題がパスワードの入力ミスです。もう一度 3 つのステップを実行します。特に、ステップ 1 ではユーザー名とパスワードを慎重に入力します。A common problem is an incorrect password. Run the three steps again and pay close attention to the user name and password you enter in Step 1.

  • サービス拒否 (DoS) 攻撃を防止するため、Exchange Online 組織に対して開かれるリモート PowerShell 接続は 3 つまでに制限されます。To help prevent denial-of-service (DoS) attacks, you're limited to three open remote PowerShell connections to your Exchange Online organization.

  • Exchange Online への接続に使うアカウントは、リモート PowerShell に対して有効になっている必要があります。詳しくは、「Exchange Online でリモート PowerShell アクセスを管理する」をご覧ください。The account you use to connect to Exchange Online must be enabled for remote PowerShell. For more information, see Enable or disable access to Exchange Online PowerShell.

  • TCP ポート 80 のトラフィックをローカル コンピューターと Office 365 の間で開いている必要があります。開いている可能性がありますが、組織には、制限の厳しいインターネット アクセス ポリシーを考慮する何か。TCP port 80 traffic needs to be open between your local computer and Office 365. It's probably open, but it's something to consider if your organization has a restrictive Internet access policy.

関連項目See also

このトピックで使用するコマンドレットは Windows PowerShell コマンドレットです。これらのコマンドレットの詳細については、以下のトピックを参照してください。The cmdlets that you use in this topic are Windows PowerShell cmdlets. For more information about these cmdlets, see the following topics.

Office 365 の管理に関する詳細については、 Office 365 の管理を参照してください。For more information about managing Office 365, see Manage Office 365.