Exchange Server PowerShell (Exchange 管理シェル)Exchange Server PowerShell (Exchange Management Shell)

Exchange 管理シェルは、Windows PowerShell テクノロジに基づいて構築されて、Exchange の管理タスクの自動化を可能にする強力なコマンド ライン インターフェイスが用意されています。Exchange のすべての側面を管理するために Exchange 管理シェルを使用することができます。などの電子メール アカウントを作成、送信コネクタを作成および受信コネクタ、メールボックス データベースのプロパティを構成して配布グループを管理します。は、[Exchange のグラフィカル管理ツールなど、一括操作が実行できないことがあるすべてのタスクを実行するのに Exchange 管理シェルを使用することができます。実際には、実行すると何か、Exchange 管理センター (EAC)、Exchange コントロール パネル (ECP) または Exchange 管理コンソール (EMC) の場合は、バック グラウンドで作業を行う Exchange 管理シェルであります。The Exchange Management Shell is built on Windows PowerShell technology and provides a powerful command-line interface that enables the automation of Exchange administration tasks. You can use the Exchange Management Shell to manage every aspect of Exchange. For example, you can create email accounts, create Send connectors and Receive connectors, configure mailbox database properties, and manage distribution groups. You can use the Exchange Management Shell to perform every task that's available in the Exchange graphical management tools, plus things that you can't do there (for example, bulk operations). In fact, when you do something in the the Exchange admin center (EAC), the Exchange Control Panel (ECP), or the Exchange Management Console (EMC), it's the Exchange Management Shell that does the work behind the scenes.

Exchange 管理シェル は、堅牢かつ柔軟なスクリプティング プラットフォームも提供します。多くのコードの行が必要であった Visual Basic スクリプトは、たった 1 行のコードを使用する Exchange 管理シェル コマンドに置き換えられるようになりました。Exchange 管理シェル のこの柔軟性は、Microsoft.NET Framework に基づくオブジェクト モデルを使用していることによるものです。このオブジェクト モデルによって、Exchange コマンドレットが、あるコマンドの出力を後続のコマンドに適用できるようになります。The Exchange Management Shell also provides a robust and flexible scripting platform. Visual Basic scripts that required many lines of code can be replaced by Exchange Management Shell commands that use as little as one line of code. The Exchange Management Shell provides this flexibility because it uses an object model that's based on the Microsoft .NET Framework. This object model enables Exchange cmdlets to apply the output from one command to subsequent commands.

すぐに Exchange 管理シェル の使用を開始する場合は、後の「Exchange 管理シェルのドキュメント」セクションを参照してください。To start using the Exchange Management Shell immediately, see the Exchange Management Shell documentation section later in this topic.

エッジ トランスポート以外のすべての Exchange サーバーの役割に関する Exchange 管理シェルのしくみHow the Exchange Management Shell works on all Exchange server roles except Edge Transport

リモート PowerShell は、ローカルの Exchange サーバー上、または国内に配置されている Exchange サーバー上に Exchange 管理シェルを使用するかどうかの作業を行います。Whether you use the Exchange Management Shell on a local Exchange server or on an Exchange server that's located across the country, remote PowerShell does the work.

Exchange サーバー上の Exchange 管理シェルのショートカットをクリックすると、ローカルの Windows PowerShell のインスタンスは、次の手順を実行します。When you click the Exchange Management Shell shortcut on an Exchange server, the local instance of Windows PowerShell performs the following steps:

  1. Windows リモート管理 (WinRM) と呼ばれる Windows PowerShell の必要なコンポーネントを使用して最も近い Exchange サーバー (多くの場合、ローカルの Exchange サーバー) に接続します。Connect to the closest Exchange server (most often, the local Exchange server) using a required Windows PowerShell component called Windows Remote Management (WinRM).

  2. 認証の確認を実行する。Perform authentication checks.

  3. ユーザーが使用するためのリモート PowerShell セッションを作成する。Create a remote PowerShell session for you to use.

アクセスできるのは、自分が割り当てられている Exchange 管理役割グループおよび管理役割に関連付けられている Exchange のコマンドレットとパラメーターのみです。誰がどのタスクを実行できるかを管理するために、Exchange が役割グループおよび役割を使用する方法の詳細については、「Permissions」を参照してください。You only get access to the Exchange cmdlets and parameters that are associated with the Exchange management role groups and management roles you're assigned. For more information about how Exchange uses role groups and roles to manage who can do what tasks, see Permissions.

リモート PowerShell の利点は、ローカル コンピューター上の Windows PowerShell を使用して、リモートの Exchange サーバーに接続して Exchange を管理するため、Exchange コマンドレットを Windows PowerShell セッションにインポートできます。コンピューターの唯一の要件は次のとおりです。A benefit of remote PowerShell is that you can use Windows PowerShell on a local computer to connect to a remote Exchange server, and import the Exchange cmdlets in the Windows PowerShell session so you can administer Exchange. The only requirements for the computer are:

  • Exchange Server のサポートされているオペレーティング システムです。A supported operating system for Exchange Server.

  • サポートされるバージョンの .NET Framework。A supported version of the .NET Framework.

  • WinRM と Windows PowerShell を含むサポートされるバージョンの Windows Management Framework (WMF)。A supported version of the Windows Management Framework (WMF), which includes WinRM and Windows PowerShell.

詳細については、以下のトピックを参照してください。For details, see the following topics:

ただし、広範囲にわたって Exchange 2016 を管理するために使用する任意のコンピューターで Exchange 管理ツール (これは、Exchange 管理シェルが含まれています) をインストールすることをお勧めします。せず、Exchange 管理ツールがインストールされても、手動で、リモートの Exchange サーバーに接続する必要があり、Exchange 管理ツールを提供するその他の機能にアクセスする必要はありません。However, we recommend that you install the Exchange management tools (which includes the Exchange Management Shell) on any computer that you use to extensively manage Exchange 2016. Without the Exchange management tools installed, you need to connect to the remote Exchange server manually, and you don't have access to the additional capabilities that the Exchange management tools provide.

Exchange 管理ツールをインストールせずに、Exchange サーバーに接続する方法の詳細については、リモート PowerShell を使用して Exchange サーバーに接続するを参照してください。For more information about connecting to Exchange servers without the Exchange management tools installed, see Connect to Exchange servers using remote PowerShell.

Exchange 管理シェルがエッジ トランスポート サーバーで動作する方法How Exchange Management Shell works on Edge Transport servers

エッジ トランスポート サーバーでは、Exchange 管理シェル の動作は異なります。一般的にエッジ トランスポート サーバーをスタンドアロン サーバーまたは境界 Active Directory ドメインのメンバーとして境界ネットワークに展開します。On Edge Transport servers, the Exchange Management Shell works differently. You typically deploy Edge Transport servers in your perimeter network, either as stand-alone servers or as members of a perimeter Active Directory domain.

Exchange エッジ トランスポート サーバーで Exchange 管理シェルのショートカットをクリックすると、ローカルの Windows PowerShell のインスタンスを使用するローカル PowerShell セッションを作成します。When you click the Exchange Management Shell shortcut on an Exchange Edge Transport server, the local instance of Windows PowerShell creates a local PowerShell session for you to use.

エッジ トランスポート サーバーでは、アクセス許可を制御するのに管理役割または管理役割グループは使用されません。ローカルの Administrators グループは、ローカル サーバー上で誰が Exchange 機能を構成できるかを制御します。Edge Transport servers don't use management roles or management role groups to control permissions. The local Administrators group controls who can configure the Exchange features on the local server.

エッジ トランスポート サーバーの詳細については、「Edge Transport Servers」を参照してください。For more information about Edge Transport servers, see Edge Transport Servers.

Exchange 管理シェルのドキュメントExchange Management Shell documentation

次の表は、Exchange 管理シェル の詳細とその使用方法を理解するために役立つトピックへのリンクを記載しています。The following table provides links to topics that can help you learn about and use the Exchange Management Shell.

トピックTopic 説明Description
Exchange 管理シェルを開くOpen the Exchange Management Shell 検索し、Exchange サーバーまたは Exchange 管理ツールがインストールされているコンピューターで Exchange 管理シェルを開きます。Find and open the Exchange Management Shell on an Exchange server or a computer that has the Exchange management tools installed.
リモート PowerShell を使用した Exchange サーバーへの接続Connect to Exchange servers using remote PowerShell Exchange サーバーへの接続をローカル コンピューター上の Windows PowerShell を使用します。Use Windows PowerShell on a local computer to connect to an Exchange server.
Exchange サーバーにリモート PowerShell のアクセスを制御します。Control remote PowerShell access to Exchange servers ブロックまたは Exchange サーバーへのユーザーのリモート PowerShell のアクセスを許可する方法について説明します。Learn how to block or allow users' remote PowerShell access to Exchange servers.
Exchange コマンドレットを実行するために必要なアクセス許可を検索するFind the permissions required to run any Exchange cmdlet コマンドレットでは、特定のコマンドレットを実行する必要がありますアクセス許可または 1 つまたは複数のパラメーターを検索します。Find the permissions you need to run a specific cmdlet, or one or more parameters on the cmdlet.
Exchange コマンドレットの systaxExchange cmdlet systax 構造と Exchange の PowerShell コマンドレットの構文について説明します。Learn about the structure and syntax of cmdlets in Exchange PowerShell.
受信者フィルターを Exchange 管理シェル コマンドRecipient filters in Exchange Management Shell commands Exchange 管理シェルで受信者のフィルターについて説明します。Learn about recipient filters in the Exchange Management Shell.
Exchange サーバー上の Exchange PowerShell のヘルプ トピックを更新するには、Update-ExchangeHelp を使用します。Use Update-ExchangeHelp to update Exchange PowerShell help topics on Exchange servers 更新プログラム ExchangeHelp を使用して、Exchange サーバーで Exchange コマンドレットのリファレンス トピックのヘルプを更新する方法について説明します。Learn how to use Update-ExchangeHelp to update help for Exchange cmdlet reference topics on Exchange servers.