Exchange 管理シェルを開く

Exchange 管理シェルを開くと、コマンドラインから Exchange Server で管理タスクを実行できます。 Exchange 管理シェル は、次の場所から開くことができます。

  • Exchange サーバーで直接に、またはリモート デスクトップ接続のセッションで。

  • Exchange 管理ツールをインストールした後のローカル コンピューター上。 詳細については、「 Exchange 管理ツールをインストールする」を参照してください。

始める前に把握しておくべき情報

  • この手順の予想所要時間:1 分未満。

  • ユーザーは、少なくとも 1 つの管理役割が割り当てられている必要があります。 詳細な手順については、「 Exchange Server のアクセス許可」を参照してください。

  • Exchange 管理シェル を Exchange 管理ツールのローカル インストールから実行する場合、ユーザー アカウントのリモート PowerShell へのアクセスを考慮する必要があります。 既定では、ユーザーはリモート PowerShell を使用して Exchange サーバーに接続できます。 ただし、ユーザー アカウントのリモート PowerShell アクセスをブロックできます。 詳細については、「 Exchange サーバーへのリモート PowerShell アクセスの制御」を参照してください。

Tip

問題がある場合は、 Exchange のフォーラムで質問してください。 「 Exchange Server」のフォーラムにアクセスしてください。

Windows Server 2016 または Windows 10 で Exchange 管理シェルを開きます。

[ **** > **Microsoft exchange Server 2016 > ** exchange 管理シェルの開始] をクリックします。

Windows Server 2012 R2 または Windows 8.1 で Exchange 管理シェルを開く

Windows Server 2012 R2 または Windows 8.1 上の Exchange 管理ツールに Exchange をインストールすると、[Exchange 管理シェル] ショートカットは自動的に [スタート] 画面に固定されません。

[スタート] 画面にショートカットを固定するには、次のようにします。

  1. [スタート] 画面で、左下隅の近くの下矢印をクリックするか画面の中央から上にスワイプして、[アプリ] ビューを開きます。

  2. [Exchange 管理シェル] ショートカットが [Microsoft Exchange Server 2016] という名前のグループ内にあります。ショートカットが見つかったら、右クリックするか長押しして、 [スタート画面に固定] を選択します。デスクトップのタスク バーに固定するには、 [タスク バーにピン留め] を選択します。

[検索] チャームを使用して Exchange 管理シェル を検索して実行するには、次のセクションで説明されている方法のいずれかを使用します。

Windows Server 2012 で Exchange 管理シェルを開く

Windows Server 2012 に Exchange をインストールすると、Exchange 管理シェルのショートカットが自動的にスタート画面に固定されます。

固定されない場合や、Exchange 管理シェル をすばやく検索して実行する場合は、次のいずれかの方法を使用します。

  • [スタート] 画面で、空の領域をクリックして、Exchange Management Shell と入力します。検索結果にショートカットが表示されたら、選択できます。

  • デスクトップまたは [スタート] 画面で、Windows キー + Q キーを押します。[検索] チャームに Exchange Management Shell と入力します。結果にショートカットが表示されたら、選択できます。

  • デスクトップまたは [スタート] 画面で、右上隅にカーソルを移動するか、画面の右端から左にスワイプして、チャームを表示します。[検索] チャームをクリックして、Exchange Management Shell と入力します。結果にショートカットが表示されたら、選択できます。

リモート デスクトップ接続を使用している場合は、[検索] チャームをローカル コンピューターではなくリモート Exchange サーバーに表示するには、次の方法のいずれかを使用する必要が生じることがあります。

  • リモート デスクトップ接続を開き、 [オプションの表示] > [ローカル リソース] タブ > [Windows キーの組み合わせを適用] をクリックします。既定値は [全画面表示の使用時のみ] ですが、 [リモート コンピューター] に変更できます。

  • リモート Exchange サーバーに接続している際には、画面の上部に表示されている接続バーを使用し、下矢印をクリックして [チャーム] または [スタート] を選択し、Exchange サーバーの [検索] チャームか [スタート] 画面を開きます。