セキュリティ センターとコンプライアンス センターの PowerShell

セキュリティ & コンプライアンス センター PowerShell は、Microsoft 365 Defender ポータルおよび Microsoft 365 コンプライアンス センターで使用可能な機能をコマンド ラインから管理できる管理インターフェイスです。 たとえば、コンプライアンス センター PowerShell のセキュリティ &使用してコンプライアンス検索を実行できます。 次の記事では、コンプライアンス センター PowerShell でのセキュリティ &情報を提供します。

  • モダン認証と多要素認証 (MFA) の両方をサポートするリモート PowerShell セッションを作成するには、「コンプライアンス センター PowerShell Connectに&を参照してください。 接続手順は、PowerShell またはスタンドアロン Exchange Online PowerShell (EOP) PowerShell (ConnectionUri 値が異なる) とは異なExchange Online Protection注意してください。

  • Security & コンプライアンス センター PowerShell のコマンドレットリファレンス記事の構造とレイアウトについては、「Exchange」を参照してください

セキュリティ & コンプライアンス センター PowerShell で使用できるコマンドレットの多くは、Microsoft 365 コンプライアンス センターでのみ使用できる機能に対応しています。そのため、関連するコマンドレットはセキュリティ & コンプライアンス センター PowerShell 専用です。 ただし、セキュリティ & コンプライアンス センター PowerShell で使用できる一部のコマンドレットは、Exchange Online PowerShell のコマンドレットと同じ名前と機能を持っています(Get-Userなど)。

また、Microsoft 365 Defender ポータルで使用できる一部の機能 (たとえば、スパム対策およびマルウェア対策コマンドレットは、Exchange Online PowerShell でのみ使用できます)。 コマンドレット参照 の値に 適用される値を確認して、コマンドレットが実際に存在する場所を確認します。