New-CMTaskSequenceManualPhasedDeployment

タスク シーケンスの段階的な展開を作成します。

構文

New-CMTaskSequenceManualPhasedDeployment
   [-TaskSequence] <IResultObject>
   -AddPhases <Phase[]>
   [-Description <String>]
   -Name <String>
   [-DisableWildcardHandling]
   [-ForceWildcardHandling]
   [-WhatIf]
   [-Confirm]
   [<CommonParameters>]
New-CMTaskSequenceManualPhasedDeployment
   [-TaskSequenceId] <String>
   -AddPhases <Phase[]>
   [-Description <String>]
   -Name <String>
   [-DisableWildcardHandling]
   [-ForceWildcardHandling]
   [-WhatIf]
   [-Confirm]
   [<CommonParameters>]
New-CMTaskSequenceManualPhasedDeployment
   [-TaskSequenceName] <String>
   -AddPhases <Phase[]>
   [-Description <String>]
   -Name <String>
   [-DisableWildcardHandling]
   [-ForceWildcardHandling]
   [-WhatIf]
   [-Confirm]
   [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットを使用して、タスク シーケンスの段階的な展開を作成します。 このコマンドレットを使用する前に 、New-CMTaskSequencePhaseコマンドレットを使用して新しいカスタマイズされた展開フェーズを追加します。

詳細については 、「Configuration Manager を使用して段階的な展開を作成する」を参照してください

注意

Configuration Manager サイト ドライブから Configuration Manager コマンドレットを実行します PS XYZ:\> 。 詳細については 、「Getting started」を参照してください

例 1: 名前でタスク シーケンスの展開を作成する

この例では、タスク シーケンス myTaskSequence の phaseDeployment という名前の 2 フェーズ展開を作成します

$phase1 = New-CMTaskSequencePhase -CollectionId "SMSDM001" -PhaseName "test01" -UserNotification DisplayAll
$phase2 = New-CMTaskSequencePhase -CollectionId "SMSDM003" -PhaseName "test02" -UserNotification HideAll
New-CMTaskSequenceManualPhasedDeployment -TaskSequenceName "myTaskSequence" -Name "phasedDeployment" -AddPhases ($phase1, $phase2)

例 2: タスク シーケンス オブジェクトの展開を作成する

この例では、パイプ処理されたタスク シーケンス オブジェクト の phasedDeployment という名前の 2 フェーズ展開を作成します。

$phase3 = New-CMTaskSequencePhase -CollectionId "SMSDM001" -PhaseName "test03" -UserNotification DisplayAll
$phase4 = New-CMTaskSequencePhase -CollectionId "SMSDM003" -PhaseName "test04" -UserNotification HideAll
$myTaskSequence | New-CMTaskSequenceManualPhasedDeployment -Name "phasedDeployment" -AddPhases ($phase3, $phase4)

パラメーター

-AddPhases

フェーズの配列を指定します。 New-CMTaskSequencePhase を使用してフェーズを作成します。

Type:Phase[]
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
-Confirm

コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
-Description

タスク シーケンスの段階的展開の説明を指定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
-DisableWildcardHandling

このパラメーターは、ワイルドカード文字をリテラル文字値として扱います。 ForceWildcardHandling と組み合わせは使用できない

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
-ForceWildcardHandling

このパラメーターはワイルドカード文字を処理し、予期しない動作を引き起こします (推奨されません)。 DisableWildcardHandling と組み合わせは使用できない

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
-Name

タスク シーケンスの段階的展開の名前を指定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
-TaskSequence

タスク シーケンス オブジェクトを指定します。 このオブジェクトを取得するには 、Get-CMTaskSequence コマンドレットを使用 します。

Type:IResultObject
Position:0
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
-TaskSequenceId

タスク シーケンスを ID で指定します。

Type:String
Aliases:TaskSequencePackageId
Position:0
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
-TaskSequenceName

タスク シーケンスを名前で指定します。

Type:String
Position:0
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
-WhatIf

コマンドレットが実行されるとどうなるかを示します。 コマンドレットは実行されません。

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

入力

Microsoft.ConfigurationManagement.ManagementProvider.IResultObject

出力

IResultObject

メモ

戻り値のオブジェクト 、SMS_PhasedDeployment WMI クラスです。