Remove-CMApplicationPhasedDeployment

このコマンドレットを使用して、アプリケーションの段階的な展開を削除します。

構文

Remove-CMApplicationPhasedDeployment
      -Application <IResultObject>
      [-Force]
      [-DisableWildcardHandling]
      [-ForceWildcardHandling]
      [-WhatIf]
      [-Confirm]
      [<CommonParameters>]
Remove-CMApplicationPhasedDeployment
      -ApplicationId <String>
      [-Force]
      [-DisableWildcardHandling]
      [-ForceWildcardHandling]
      [-WhatIf]
      [-Confirm]
      [<CommonParameters>]
Remove-CMApplicationPhasedDeployment
      -ApplicationName <String>
      [-Force]
      [-DisableWildcardHandling]
      [-ForceWildcardHandling]
      [-WhatIf]
      [-Confirm]
      [<CommonParameters>]
Remove-CMApplicationPhasedDeployment
      [-Force]
      -InputObject <IResultObject>
      [-DisableWildcardHandling]
      [-ForceWildcardHandling]
      [-WhatIf]
      [-Confirm]
      [<CommonParameters>]
Remove-CMApplicationPhasedDeployment
      [-Force]
      -Id <String>
      [-DisableWildcardHandling]
      [-ForceWildcardHandling]
      [-WhatIf]
      [-Confirm]
      [<CommonParameters>]
Remove-CMApplicationPhasedDeployment
      [-Force]
      -Name <String>
      [-DisableWildcardHandling]
      [-ForceWildcardHandling]
      [-WhatIf]
      [-Confirm]
      [<CommonParameters>]

説明

このコマンドレットを使用して、アプリケーションの段階的な展開を削除します。

例 1: アプリケーションの段階的な展開を削除する

この例では、指定したアプリケーションから段階的な展開を削除します。

Remove-CMApplicationPhasedDeployment -ApplicationName "myApplicationName"

例 2: 名前で段階的な展開を削除する

この例では、フェーズ展開を名前で削除します。

Remove-CMApplicationPhasedDeployment -Name "myPhasedDeploymentName"

例 3: 段階的な展開を入力から強制的に削除する

この例では、パイプオブジェクトの段階的展開を強制的に削除します。

$myPhasedDeployment | Remove-CMApplicationPhasedDeployment -Force

パラメーター

-Application

削除する段階的な展開を持つアプリケーション オブジェクトを指定します。

Type:IResultObject
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
-ApplicationId

削除する段階的展開を含むアプリケーションの ID を指定します。

Type:String
Aliases:CIId, CI_ID
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
-ApplicationName

削除する段階的展開を使用してアプリケーションの名前を指定します。

Type:String
Aliases:ApplicationLocalizedDisplayName
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
-Confirm

コマンドレットを実行する前に確認メッセージを表示します。

Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
-DisableWildcardHandling

このパラメーターは、ワイルドカード文字をリテラル文字値として扱います。 ForceWildcardHandling と組み合わせは使用できない

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
-Force

段階的な展開を強制的に削除します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
-ForceWildcardHandling

このパラメーターはワイルドカード文字を処理し、予期しない動作を引き起こします。 お勧めできません。 DisableWildcardHandling と組み合わせは使用できない

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
-Id

削除する段階的展開の ID を指定します。 この ID は GUID 形式です。

Type:String
Aliases:PhasedDeploymentId
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
-InputObject

削除する段階的な展開オブジェクトを指定します。

Type:IResultObject
Aliases:PhasedDeployment
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True
Accept wildcard characters:False
-Name

削除する段階的展開の名前を指定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
-WhatIf

コマンドレットが実行されるとどうなるかを示します。 コマンドレットは実行されません。

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False

入力

Microsoft.ConfigurationManagement.ManagementProvider.IResultObject

出力

System.Object