Disable-AntiPhishRule

このコマンドレットは、クラウドベースのサービスでのみ使用できます。

クラウドベースの組織Disable-AntiPhishRuleを無効にするには、このコマンドレットを使用します。

注意: Exchange Online PowerShell V2 モジュールを使用して Exchange Online PowerShell に接続することをお勧めします。 手順については、「Exchange Online PowerShell に接続する」を参照してください。

以下の構文セクションのパラメーター セットの詳細については、「Exchangeのコマンドレット構文」を参照してください。

Syntax

Disable-AntiPhishRule
       [-Identity] <RuleIdParameter>
       [-Confirm]
       [-WhatIf]
       [<CommonParameters>]

Description

このコマンドレットを実行する際には、あらかじめアクセス許可を割り当てる必要があります。 このトピックにはこのコマンドレットのすべてのパラメーターが一覧表示されていますが、自分に割り当てられているアクセス許可に含まれていない一部のパラメーターにはアクセスできません。 コマンドレットを組織内で実行するために必要になるアクセス許可とパラメーターを調べるには、「 Find the permissions required to run any Exchange cmdlet」を参照してください。

例 1

Disable-AntiPhishRule -Identity "Engineering Department Phishing Rule"

この例では、エンジニアリング部門フィッシング ルールという名前のアンチフィッシュ ルールを無効にします。

パラメーター

-Confirm

Confirm スイッチは、確認プロンプトを表示するか非表示にするかを指定します。 このスイッチがコマンドレットにどのような影響を与えるかは、先に進む前にコマンドレットで確認が必要となるかどうかで決まります。

  • データを破壊するコマンドレット (たとえば、Remove-* コマンドレット) には、先に進む前にユーザーにそのコマンドの確認を強制する組み込みの一時停止があります。 これらのコマンドレットでは、正確な構文-Confirm:$falseを使用して、確認プロンプトを省略できます。
  • 他のほとんどのコマンドレット (たとえば、New-* や Set-* コマンドレット) には、組み込みの一時停止はありません。 これらのコマンドレットの場合、値なしで Confirm スイッチを指定すると、先に進む前に、一時停止してコマンドを確認する必要があります。
Type:SwitchParameter
Aliases:cf
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Online, Exchange Online Protection
-Identity

Identity パラメーターは、無効にするアンチフィッシュ ルールを指定します。 ルールを一意に識別する任意の値を使用できます。 次に例を示します。

  • 名前
  • 識別名 (DN)
  • GUID
Type:RuleIdParameter
Position:0
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Online, Exchange Online Protection
-WhatIf

WhatIf スイッチは、コマンドの操作をシミュレートします。 このスイッチを使用すると、実際にその変更内容を適用せずに、発生する変更を確認できます。 このスイッチで値を指定する必要はありません。

Type:SwitchParameter
Aliases:wi
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Online, Exchange Online Protection

入力

出力