Get-UserBriefingConfig

このコマンドレットは、PowerShell V2 モジュールExchange Onlineでのみ使用できます。 詳細については、「Exchange Online PowerShell V2 モジュールについて」を参照してください。

指定したユーザーGet-UserBriefingConfigのブリーフィング メール フラグの現在の状態を取得するには、このコマンドレットを使用します。 ブリーフィング メールの構成の詳細については、「Configure Briefing email 」を参照してください

以下の構文セクションのパラメーター セットの詳細については、「Exchangeのコマンドレット構文」を参照してください。

構文

Get-UserBriefingConfig
   -Identity <string>
   [-ResultSize <Unlimited>]

説明

このコマンドレットでは、.NET Framework 4.7.2 以降が必要です。 このコマンドレットを実行するには、移動先組織で次のいずれかのディレクトリ役割グループのメンバーである必要があります。

  • グローバル管理者
  • Exchange管理者
  • インサイト管理者

管理者ロールのアクセス許可の詳細については、「Azure Active Directoryテンプレートの ID」を参照してください

例 1

Get-UserBriefingConfig -Identity lila@contoso.com

次の使用例は、ユーザー インターフェイスのブリーフィング構成を lila@contoso.com。

パラメーター

-Identity

Identity パラメーターは、表示するユーザーを指定します (たとえば、lila@contoso.com)。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Online
-ResultSize

このパラメーターは、Microsoft の内部使用のために予約されています。

Type:Unlimited
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:Exchange Online

入力

出力