about_PackageManagement

簡単な説明

PackageManagement は、ソフトウェア パッケージ マネージャーのアグリゲーターです。

長い説明

PackageManagement 機能は、5.0 Windows PowerShellで導入されました。

PackageManagement は、ソフトウェア パッケージ管理システムの統合インターフェイスです。PackageManagement コマンドレットを実行して、ソフトウェアの検出、インストール、インベントリ (SDII) タスクを実行できます。 基になるインストール テクノロジに関係なく、PackageManagement モジュールで一般的なコマンドレットを実行して、パッケージを検索、インストール、またはアンインストールできます。パッケージ リポジトリの追加、削除、クエリを実行する。と は、コンピューターに対してクエリを実行して、インストールされているソフトウェア パッケージを特定します。

PackageManagement では、他のソフトウェア パッケージ管理システムのサポートを可能にする柔軟なプラグイン モデルがサポートされています。

PackageManagement モジュールは、powerShell の Windows PowerShell 5.0 以降のリリースに含まれており、パッケージ プロバイダー、パッケージ ソース、パッケージ自体の 3 つのレベルのパッケージ管理構造で動作します。 いくつかの用語を定義します。

  • パッケージ マネージャー: ソフトウェア パッケージ管理システム。 PackageManagement の用語では、これはパッケージ プロバイダーです。
  • パッケージ プロバイダー: パッケージ マネージャーの PackageManagement 用語。 たとえば、Windows、Chocolatey などです。
  • パッケージ ソース: リポジトリとして使用するパッケージ プロバイダーを構成する URL、ローカル フォルダー、またはネットワーク共有フォルダー。
  • パッケージ: パッケージ プロバイダーが管理し、特定のパッケージ ソースに格納されているソフトウェアの一部。

PackageManagement モジュールには、次のコマンドレットが含まれています。 詳細については、 PackageManagement のヘルプを参照 してください。

  • Get-PackageProvider: PackageManagement に接続されているパッケージ プロバイダーの一覧を返します。
  • Get-PackageSource: パッケージ プロバイダーに登録されているパッケージ ソースの一覧を取得します。
  • Register-PackageSource: 指定したパッケージ プロバイダーのパッケージ ソースを追加します。
  • Set-PackageSource: 既存のパッケージ ソースのプロパティを設定します。
  • Unregister-PackageSource: 登録済みのパッケージ ソースを削除します。
  • Get-Package: インストールされているソフトウェア パッケージの一覧を返します。
  • Find-Package: 使用可能なパッケージ ソース内のソフトウェア パッケージを検索します。
  • Install-Package: 1 つ以上のソフトウェア パッケージをインストールします。
  • Save-Package: パッケージをインストールせずにローカル コンピューターに保存します。
  • Uninstall-Package: 1 つ以上のソフトウェア パッケージをアンインストールします。

パッケージ プロバイダーのブートストラップと動的コマンドレットパラメーター

既定では、PackageManagement はコア ブートストラップ プロバイダーに含まれています。 プロバイダーをブートストラップすることで、必要に応じて追加のパッケージ プロバイダーをインストールできます。つまり、Web サービスからプロバイダーを自動的にインストールするように求めるメッセージに応答します。 PackageManagement コマンドレットを使用して、パッケージ プロバイダーを指定できます。指定したプロバイダーを使用できない場合、PackageManagement はプロバイダーをブートストラップ (または自動的にインストール) するように求めるメッセージを表示します。 次の例では、Chocolatey プロバイダーがインストールされていない場合、PackageManagement ブートストラップによってプロバイダーがインストールされます。

Find-Package -Provider Chocolatey <PackageName>

Chocolatey プロバイダーがインストールされていない場合は、前のコマンドを実行すると、インストールを求めるメッセージが表示されます。

Install-Package <Chocolatey package Name> -ForceBootstrap

Chocolatey プロバイダーがインストールされていない場合は、前のコマンドを実行すると、プロバイダーがインストールされます。ただし、ForceBootstrap パラメーターがコマンドに追加されたため、インストールを求めるメッセージは表示されません。プロバイダーとパッケージの両方が自動的にインストールされます。

パッケージをインストールしようとするときに、サポート プロバイダーをまだインストールしていない場合に、ForceBootstrap パラメーターをコマンドに追加しない場合、PackageManagement はプロバイダーのインストールを求めるメッセージを表示します。

PackageManagement コマンドでパッケージ プロバイダーを指定すると、そのパッケージ プロバイダーに固有の動的パラメーターを使用できます。 特定の PackageManagement コマンドレットに対して Get-Help を実行すると、パラメーター セットの一覧が返され、使用可能なパッケージ プロバイダーの動的パラメーターが個別のパラメーター セットにグループ化されます。

PackageManagement の詳細については、以下を参照Project

PackageManagement パッケージ プロバイダーの作成方法など、PackageManagement オープン開発プロジェクトの詳細については、 の GitHub で PackageManagement プロジェクトを参照してくださいhttps://oneget.org。

関連項目