Connect-sposervice

Sharepoint online 管理者または全体管理者を SharePoint Online connection (SharePoint Online 管理センター) に接続します。 このコマンドレットは、他の SharePoint Online コマンドレットを実行する前に実行する必要があります。

Syntax

Connect-sposervice
       -AuthenticationUrl <String>
       [-ClientTag <String>]
       [-Credential <CredentialCmdletPipeBind>]
       -Url <UrlCmdletPipeBind>
       [<CommonParameters>]
Connect-sposervice
       [-ClientTag <String>]
       [-Credential <CredentialCmdletPipeBind>]
       [-Region <AADCrossTenantAuthenticationLocation>]
       -Url <UrlCmdletPipeBind>
       [<CommonParameters>]

Description

Connect-SPOServiceコマンドレットは、sharepoint online 管理者または全体管理者を Sharepoint Online 管理センターに接続します。

単一の Windows PowerShell セッションからは、1つの SharePoint Online サービス接続のみが維持されます。 つまり、この接続は組織ごとの管理者接続になります。 コマンドレットConnect-SPOServiceを2回実行すると、前の接続が暗黙的に切断されます。 Windows PowerShell セッションが、指定した新しい SharePoint Online 管理者に提供されるように設定されます。

委任されたパートナー管理者は、同じ Windows PowerShell セッション内の異なる組織の接続を交換する必要があります。

コマンドレットを実行するには、SharePoint Online の管理者または全体管理者である必要があります。

SharePoint Online の Windows PowerShell のアクセス許可と最新の情報については、https://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkId=251832 (https://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkId=251832).) を参照してください

Examples

-----------------------例 1-----------------------------

Connect-SPOService -Url https://contoso-admin.sharepoint.com -credential admin@contoso.com

例1は、SharePoint Online 管理者または資格情報 admin@contoso.com を持つ全体管理者が、URL を持つ SharePoint Online 管理センターに接続する方法を示しています。https://contoso-admin.sharepoint.com.

-----------------------例 2-----------------------------

$username = "admin@contoso.sharepoint.com"
$password = "password"
$cred = New-Object -TypeName System.Management.Automation.PSCredential -argumentlist $userName, $(convertto-securestring $Password -asplaintext -force)
Connect-SPOService -Url https://contoso-admin.sharepoint.com -Credential $cred

例2は、ユーザー名とパスワードを使用した SharePoint Online 管理者または全体管理者が、URL を持つ SharePoint Online 管理センターに接続する方法を示しています。https://contoso-admin.sharepoint.com.

-----------------------例 3-----------------------------

Connect-SPOService -Url https://contoso-admin.sharepoint.com

資格情報の入力を求めます。 これは、アカウントが多要素認証を使用している場合に必要です。

Parameters

-AuthenticationUrl

AAD クロステナント認証サービスの場所。 既定以外のクロステナント認証サービスを使用する場合は、必要に応じて使用できます。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online
-ClientTag

クライアントタグを既存のクライアントタグに追加することを許可します。 CSOM http トラフィックで必要に応じて、使用されているスクリプトまたはソリューションを識別するために使用します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online
-Credential

接続に使用する資格情報を指定します。 資格情報が指定されていない場合、資格情報を求めるダイアログが表示されます。 資格情報は、sharepoint Online 管理者または SharePoint Online 管理センターサイトにアクセスできるグローバル管理者である必要があります。

Type:CredentialCmdletPipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True (ByValue)
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online
-URL

SharePoint Online 管理センターサイトの URL を指定します。

Type:UrlCmdletPipeBind
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True (ByValue)
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online
-地域

有効な値は次のとおりです。既定 |ITAR |ドイツ |向け

既定値は "default" です。

Note

ITAR の値は米国政府機関向けのクラウドテナンシーのみを対象としています。

Type:AADCrossTenantAuthenticationLocation
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Online