New-SPConfigurationDatabase

新しい構成データベースを作成します。

Syntax

New-SPConfigurationDatabase
   [-DatabaseName] <String>
   [-DatabaseServer] <String>
   [[-DirectoryDomain] <String>]
   [[-DirectoryOrganizationUnit] <String>]
   [[-AdministrationContentDatabaseName] <String>]
   [[-DatabaseCredentials] <PSCredential>]
   [-FarmCredentials] <PSCredential>
   [-Passphrase] <SecureString>
   [-SkipRegisterAsDistributedCacheHost]
   [-AssignmentCollection <SPAssignmentCollection>]
   [-DatabaseFailOverServer <String>]
   [-LocalServerRole <SPServerRole>]
   [-ServerRoleOptional]
   [<CommonParameters>]

Description

New-SPConfigurationDatabase コマンドレットでは、指定したデータベース サーバーに新しい構成データベースを作成します。 このデータベースは、新しい SharePoint ファームの中央データベースになります。

Windows PowerShell for SharePoint 製品のアクセス許可と最新情報については、オンラインドキュメントの「 Sharepoint Server コマンドレット」を参照してください。

Examples

------------------ 例 1 -----------------------

New-SPConfigurationDatabase -DatabaseName "SharePointConfigDB1" -DatabaseServer "SQL-01" -Passphrase (ConvertTo-SecureString "MyPassword" -AsPlainText -force) -FarmCredentials (Get-Credential)

この例では、既定のファーム管理者アカウントのユーザー資格情報を入力することをユーザーに求めます。

------------------ 例 2 -----------------------

New-SPConfigurationDatabase -DatabaseName "SharePointConfigDB1" -DatabaseServer "SQL-01" -Passphrase (ConvertTo-SecureString "MyPassword" -AsPlainText -force) -FarmCredentials (Get-Credential) -SkipRegisterAsDistributedCacheHost

この例では、既定のファーム管理者アカウントのユーザー資格情報の入力をユーザーに求め、サーバーを分散キャッシュホストとして登録することを省略します。 Sharepoint server 2013 および sharepoint server 2016、sharepoint server 2019 のみに適用されます。

------------------ 例 3 -----------------------

New-SPConfigurationDatabase -DatabaseName "SharePointConfigDB1" -DatabaseServer "SQL-01" -Passphrase (ConvertTo-SecureString "MyPassword" -AsPlainText -force) -FarmCredentials (Get-Credential) -LocalServerRole Custom

この例では、ユーザーに既定のファーム管理者アカウントのユーザー資格情報を入力するように求めるメッセージを表示し、サーバーの役割を [ユーザー設定] に設定します。 SharePoint Server 2016、SharePoint Server 2019 にのみ適用されます。

Parameters

-DatabaseCredentials

データベース ユーザーの Credential オブジェクトを指定します。 SQL Server 認証を使用する場合、このパラメーターを使用します。 データベース資格情報を指定しない場合は、Windows 認証が使用されます。

Type:PSCredential
Position:6
Default value:None
Accept pipeline input:True (ByPropertyName, ByValue)
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019
-DatabaseFailOverServer

構成データベースとサーバーの全体管理データベースの SQL Server データベースミラーパートナーサーバーを指定します。

Type:String
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True (ByPropertyName, ByValue)
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019
-DatabaseName

新しい構成データベースの名前を指定します。

Type:String
Position:1
Default value:None
Accept pipeline input:True (ByPropertyName, ByValue)
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019
-DatabaseServer

構成データベースを作成するデータベース サーバーを指定します。 値を指定しない場合は、既定値が使用されます。

Type:String
Position:2
Default value:None
Accept pipeline input:True (ByPropertyName, ByValue)
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019
-DirectoryDomain

新しいファームのディレクトリのドメインを指定します。ドメインを指定しない場合は、ローカル コンピューターが属しているドメインが使用されます。

Type:String
Position:3
Default value:None
Accept pipeline input:True (ByPropertyName)
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019
-Directory組織単位

新しい構成データベースのディレクトリの組織単位を指定します。組織単位を指定しない場合は、ローカル コンピューターが属している組織単位が使用されます。

Type:String
Position:4
Default value:None
Accept pipeline input:True (ByPropertyName)
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019
-FarmCredentials

ファーム管理者アカウントの資格情報を指定します。

Type:PSCredential
Position:7
Default value:None
Accept pipeline input:True (ByPropertyName, ByValue)
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019
-LocalServerRole

サーバーの役割を指定します。 Sharepoint Server 2016 のすべてのバージョンに対して有効なオプションは、 Customsharepoint SingleServerFarmserver Application2019 WebFrontEnd: DistributedCache、、、、、Search

Feature Pack 1 の追加により、次のようなApplicationWithSearch新しいオプションが追加されました。WebFrontEndWithDistributedCache

Type:SPServerRole
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019
-ServerRoleOptional (省略可能)

サーバーの役割を指定する必要がないようにファームを構成します。サーバーの役割を指定しないと、既定でサーバーはカスタムの役割になります。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019
-SiteMapDatabaseName

使用しないでください。 サイト マップ サイトのデータベース名を指定します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019
-SiteMapDatabaseServer

使用しないでください。 サイト マップ サイトのデータベース サーバー名を指定します。

Type:SwitchParameter
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:False
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019
-SkipRegisterAsDistributedCacheHost

既定では、ファーム内のすべてのサーバーがキャッシュ ホストとして登録されています (つまり DistributedCacheService は既定で実行されています)。

このパラメーターを使用して、サーバー コンピューターが分散キャッシュ ホストとして登録されないように指定します。専用キャッシュ ホストが必要な場合は、このパラメーターを使用して、キャッシュ サービスがコンピューターにインストールされないようにします。

Type:SwitchParameter
Position:9
Default value:None
Accept pipeline input:True (ByPropertyName, ByValue)
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019
-パスフレーズ

新しいファームの安全なパスワード フレーズを指定します。 このパスフレーズを使用して、他のコンピューターをこのファームに参加させます。

Type:SecureString
Position:8
Default value:None
Accept pipeline input:True (ByPropertyName, ByValue)
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019
-割り当てコレクション

適切な破棄を行うためにオブジェクトを管理します。SPWeb や SPSite などのオブジェクトの使用によって大量のメモリが使用される場合があるので、Windows PowerShell スクリプトでこれらのオブジェクトを使用するには適切なメモリ管理が必要です。メモリの解放が必要になった場合は、SPAssignment オブジェクトを使用して、変数へのオブジェクトの割り当てとオブジェクトの破棄を行うことができます。割り当てコレクションまたは Global パラメーターが使用されていない場合、SPWeb、SPSite、または SPSiteAdministration オブジェクトが使用されていると、オブジェクトは自動的に破棄されます。

Global パラメーターが使用されている場合は、オブジェクトはすべてグローバル ストアに格納されます。Stop-SPAssignment コマンドを使用してオブジェクトの使用または破棄を直接行わないと、メモリ不足のシナリオになる場合があります。

Type:SPAssignmentCollection
Position:Named
Default value:None
Accept pipeline input:True (ByValue)
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019
-管理 Contentdatabasename

新しいファームの全体管理コンテンツ データベースの名前を指定します。 この名前を指定しない場合は、既定の名前が使用されます。

Type:String
Position:5
Default value:None
Accept pipeline input:True (ByPropertyName, ByValue)
Accept wildcard characters:False
Applies to:SharePoint Server 2010, SharePoint Server 2013, SharePoint Server 2016, SharePoint Server 2019