PowerShell Core のサポート ライフサイクルPowerShell Core Support Lifecycle

PowerShell Core は、Windows PowerShell とは別に出荷され、インストールされ、構成される別個のツール セットであり、コンポーネント セットです。PowerShell Core is a distinct set of tools and components that is shipped, installed, and configured separately from Windows PowerShell. そのため、PowerShell Core は Windows 7/8.1/10 や Windows Server のライセンス契約には含まれていません。Therefore, PowerShell Core is not included in the Windows 7/8.1/10 or Windows Server licensing agreements.

ただし、PowerShell Core は、PremierMicrosoft Enterprise Agreementsマイクロソフト ソフトウェア アシュアランスなど、従来の Microsoft サポート契約ではサポートされています。However, PowerShell Core is supported under traditional Microsoft support agreements, including Premier, Microsoft Enterprise Agreements, and Microsoft Software Assurance. サポート依頼で問題を報告して PowerShell Core のサポートを受け、それに対して支払うこともできます。You can also pay for assisted support for PowerShell Core by filing a support request for your problem.

GitHub でもコミュニティ サポートを用意しています。問題やバグを報告したり、機能を要望したりできます。We also offer community support on GitHub where you can file an issue, bug, or feature request. あるいは、一般的な Microsoft コミュニティや Microsoft PowerShell Tech コミュニティで他のコミュニティ メンバーが助けてくれることがあります。Alternatively, you may find help from other members of the community on the general Microsoft Community or the Microsoft PowerShell Tech Community. 問題が短期間で解決されることは保証できません。We offer no guarantee there that your issue will be addressed or resolved in a timely manner. 早急な対応が必要な問題の場合、従来の有料サポートをご利用ください。If you have a problem that requires immediate attention, you should use the traditional, paid support options.

PowerShell Core のライフサイクルLifecycle of PowerShell Core

PowerShell Core には、Microsoft Modern Lifecycle Policy が導入されています。PowerShell Core is adopting the Microsoft Modern Lifecycle Policy. このサポート ライフサイクルでは、最新バージョンで最新の機能を常に提供します。This support lifecycle is intended to keep customers up-to-date with the latest versions.

PowerShell Core のバージョン 6.x ブランチは約半年に一回更新されます (6.0、6.1、6.2 など)The version 6.x branch of PowerShell Core will be updated approximately once every six months (e.g. 6.0, 6.1, 6.2, etc.)

重要

引き続きサポートを受けるには、新しいマイナー バージョンの公開後、6 か月以内に更新する必要があります。You must update within six months after each new minor version release to continue receiving support.

たとえば、PowerShell Core 6.1 が 2018 年 7 月 1 日に公開された場合、サポートを維持するには、2019 年 1 月 1 日までに PowerShell Core 6.1 に更新する必要があります。For example, if PowerShell Core 6.1 is released on July 1st, 2018, you would be expected to update to PowerShell Core 6.1 by January 1st, 2019 to maintain support.

PowerShell Core のブランチ ライフサイクル

Modern Lifecycle Policy では、製品 (つまり、PowerShell Core) のサポートを終了する 12 か月前にお客様に通知することをマイクロソフトの義務としています。The Modern Lifecycle Policy also requires that Microsoft give customers 12 months notice before discontinuing support for a product (i.e. PowerShell Core).

ゆくゆくは PowerShell Core に "Long Term Servicing" 手法を導入することをマイクロソフトは期待しています。この手法では、特定の 6.x ブランチ/バージョンのサポートを維持するために、サービス更新とセキュリティ更新だけが必要になります。Eventually, we expect PowerShell Core will adopt the "long-term servicing" approach where we would require only servicing and security updates to stay in support on a specific branch/version of 6.x.

サポートされているプラットフォームSupported platforms

PowerShell Core は次のプラットフォームで公式サポートされています。PowerShell Core is officially supported on the following platforms:

  • Windows 7、8.1、10Windows 7, 8.1, and 10
  • Windows Server 2008 R2、2012 R2、2016Windows Server 2008 R2, 2012 R2, 2016
  • Windows Server 半期チャネルWindows Server Semi-Annual Channel
  • Ubuntu 14.04、16.04、17.04Ubuntu 14.04, 16.04, and 17.04
  • Debian 8.7 以降および 9Debian 8.7+, and 9
  • CentOS 7CentOS 7
  • Red Hat Enterprise Linux 7Red Hat Enterprise Linux 7
  • OpenSUSE 42.2OpenSUSE 42.2
  • Fedora 25、26Fedora 25, 26
  • macOS 10.12 以降macOS 10.12+

弊社のコミュニティでは、次のプラットフォーム用のパッケージも提供していますが、正式にはサポートされていません。Our community has also contributed packages for the following platforms, but they are not officially suppported:

  • Arch LinuxArch Linux
  • Kali LinuxKali Linux
  • AppImage (複数の Linux プラットフォームで機能)AppImage (works on multiple Linux platforms)

ライセンスに関する注意事項Notes on licensing

PowerShell Core は MIT ライセンスの下で提供されます。PowerShell Core is released under the MIT license. このライセンスの下では、また、有料サポート契約がないときは、ユーザーにはコミュニティ サポートのみが与えられます。Under this license, and in the absence of a paid support agreement, users are limited to community support. コミュニティ サポートの場合、マイクロソフトは回答や解決を保証しません。With community support, Microsoft makes no guarantees of responsiveness or fixes.

Windows PowerShell モジュールWindows PowerShell Module

PowerShell Core のサポートが他の製品モジュールに適用されることは、そのモジュールが PowerShell Core 対応であることが明示されている場合を除いてありません。Support for PowerShell Core does not extend to other product modules unless those modules explicitly support PowerShell Core. たとえば、Windows Server に付属する ActiveDirectory モジュールを使用することはサポートの対象外です。For example, using the ActiveDirectory module that ships as part of Windows Server is an unsupported scenario.

ただし、PowerShell Core 対応であることが明示されていないモジュールの場合でも、サポート対象となることがあります。However, modules that do not explicitly support PowerShell Core may be compatible in some cases. WindowsPSModulePath モジュールをインストールすることで、Windows PowerShell PSModulePath を PowerShell Core PSModulePath に追加できます。By installing the WindowsPSModulePath module, you can append the Windows PowerShell PSModulePath to your PowerShell Core PSModulePath.

最初に、PowerShell ギャラリーから WindowsPSModulePath モジュールをインストールします。First, install the WindowsPSModulePath module from the PowerShell Gallery:

# Add `-Scope CurrentUser` if you're installing as non-admin
Install-Module WindowsPSModulePath -Force

このモジュールをインストールしたら、次のように Add-WindowsPSModulePath コマンドレットを実行して、Windows PowerShell PSModulePath を PowerShell Core に追加します。After installing this module, run the Add-WindowsPSModulePath cmdlet to add the Windows PowerShell PSModulePath to PowerShell Core:

# Add this line to your profile if you always want Windows PowerShell PSModulePath
Add-WindowsPSModulePath