Windows PowerShell ISEThe Windows PowerShell ISE

Windows PowerShell Integrated Scripting Environment (ISE) は、Windows PowerShell のホスト アプリケーションです。The Windows PowerShell Integrated Scripting Environment (ISE) is a host application for Windows PowerShell. ISE では、コマンドを実行して、単一の Windows ベースのグラフィカル ユーザー インターフェイスでスクリプトの書き込み、テスト、およびデバッグを行うことが可能です。In the ISE, you can run commands and write, test, and debug scripts in a single Windows-based graphic user interface. ISE では、複数行の編集、タブ補完、構文の色分け、選択的な実行、状況依存のヘルプ、および右から左方向の言語のサポートを提供します。The ISE provides multiline editing, tab completion, syntax coloring, selective execution, context-sensitive help, and support for right-to-left languages. メニュー項目とキーボード ショートカットは、Windows PowerShell コンソールで実行する多数の同じタスクにマッピングされます。Menu items and keyboard shortcuts are mapped to many of the same tasks that you would do in the Windows PowerShell console. たとえば、ISE でスクリプトをデバッグするとき、編集ウィンドウでコード行を右クリックするとブレークポイントを設定できます。For example, when you debug a script in the ISE, you can right-click on a line of code in the edit pane to set a breakpoint.

サポートSupport

ISE は、Windows PowerShell V2 で初めて導入され、PowerShell V3 で再設計されました。The ISE was first introduced with Windows PowerShell V2 and was re-designed with PowerShell V3. ISE は、Windows PowerShell V5.1 までのすべてのサポートされているバージョンの Windows PowerShell でサポートされています。The ISE is supported in all supported versions of Windows PowerShell up to and including Windows PowerShell V5.1. ただし、ISE はメンテナンス モードであり、新しい機能は追加されない可能性があります。The ISE, however, is in maintenance mode and no new features are likely to be added. また、PowerShell v6 以降では ISE はサポートされません。Additionally, there is no support for the ISE with PowerShell v6 and beyond. PowerShell スクリプトなどを管理するためのグラフィカル ツールを利用するには、Visual Studio Code を検討することをお勧めします。Users wanting a graphical tool with which to manage PowerShell scripts, etc, should consider Visual Studio Code.

主な機能Key Features

Windows PowerShell ISE の主な機能:Key features in Windows PowerShell ISE include:

  • 複数行の編集:[コマンド] ウィンドウで現在の行の下に空白行を挿入するには、Shift キーを押しながら Enter キーを押します。Multiline editing: To insert a blank line under the current line in the Command pane, press SHIFT+ENTER.
  • 選択して実行:スクリプトの一部を実行するには、実行するテキストを選択して、[スクリプトの実行] ボタンをクリックします。Selective execution: To run part of a script, select the text you want to run, and then click the Run Script button. または、F5 キーを押します。Or, press F5.
  • 状況依存ヘルプ:Invoke-Item と入力し、F1 キーを押します。Context-sensitive help: Type Invoke-Item, and then press F1. ヘルプ ファイルの Invoke-Item コマンドレットに関する記事が開きます。The Help file opens to the article for the Invoke-Item cmdlet.

Windows PowerShell ISE では、外観の一部をカスタマイズすることができます。The Windows PowerShell ISE lets you customize some aspects of its appearance. また、独自の Windows PowerShell プロファイル スクリプトもあります。It also has its own Windows PowerShell profile script.

Windows PowerShell ISE を開始するにはTo start the Windows PowerShell ISE

[スタート] をクリックし、[Windows PowerShell] を選択して、[Windows PowerShell ISE] をクリックします。Click Start, select Windows PowerShell, and then click Windows PowerShell ISE. 代わりに、任意のコマンド シェルまたは [実行] ボックスに powershell_ise.exe を入力することも可能です。Alternately, you can type powershell_ise.exe in any command shell or in the Run box.

Windows PowerShell ISE のヘルプを利用するにはTo get Help in the Windows PowerShell ISE

[ヘルプ] メニューで、[Windows PowerShell ヘルプ] をクリックします。On the Help menu, click Windows PowerShell Help. または、F1 キーを押します。Or, press F1. 開いたファイルは、Get-Help コマンドレットから利用できるすべてのヘルプを含む、Windows PowerShell ISE と Windows PowerShell について説明しています。The file that opens describes Windows PowerShell ISE and Windows PowerShell, including all of the help available from the Get-Help cmdlet.